ボイスレター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボイスレター
Letters from a Killer
監督 デヴィッド・カーソン
脚本 ニコラス・ヒックス=ビーチ
シェリー・ミラー
製作 マイケル・ジャックマン
バーティル・オールソン
ピーター・スネル
製作総指揮 ニコラス・ヒックス=ビーチ
シェリー・ミラー
音楽 デニス・マッカーシー
撮影 ジョン・A・アロンゾ
配給 日本ビクター
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年8月21日
日本の旗 2000年3月25日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ボイスレター』(Letters from a Killer)は1998年アメリカ合衆国サスペンス映画ジョン・フォスター原作。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト テレビ東京
レイス・ダーネル パトリック・スウェイジ 山路和弘 てらそままさき
グロリア キム・マイヤーズ 勝生真沙子 田中敦子
リタ ジア・カリデス 山像かおり 戸田恵子
ステファニー オリヴィア・バークランド 林佳代子 塩田朋子
ジュディ エリザベス・ラスシオ 寺内よりえ 野沢由香里
ホートン看守 ロジャー・E・モーズリー 辻親八 玄田哲章
エリザベス ティナ・リフォード 高島雅羅 唐沢潤
ブリンカー ブルース・マッギル 佐々木梅治 小林修
シングルトン ケイティ・セルバーストーン 湯屋敦子 安藤麻吹

あらすじ[編集]

レイスは無罪を訴えたまま七年間収監され続けている死刑囚。

四人の女性とボイスレターによる文通を続けていたが、ある日、看守がイタズラ心から四人の女性に送るテープを入れ替えて送付してしまう。

それ以来、レイス宛てに脅迫テープが送られ始める。

その後、検察側による証拠の隠蔽が発覚し、レイスは再審無罪を得、自由の身になる。

謝罪の為に四人の女性を訪れるレイスだが、誰が脅迫の人物か明らかにならない。その一方で彼に対する脅迫は続く。

ついに文通相手の女性たちが殺害され始める。

外部リンク[編集]