ジェヴォーダンの獣 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェヴォーダンの獣
Le pacte des loups
監督 クリストフ・ガンズ
脚本 クリストフ・ガンズ
ステファーヌ・カベル
製作 サミュエル・ハディダ
リシャール・グランピエール
出演者 サミュエル・ル・ビアン
ヴァンサン・カッセル
モニカ・ベルッチ
マーク・ダカスコス
音楽 ジョセフ・ロドゥカ
撮影 ダン・ローステン
編集 ハヴィエル・ルートロイル
セバスティエン・プランギーレ
デイヴィッド・ウー
配給 日本の旗 ギャガ
公開 フランスの旗 2001年1月31日
日本の旗 2002年2月2日
上映時間 138分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 2億フラン(概算)
興行収入 アメリカ合衆国の旗 109万28863ドル
テンプレートを表示

ジェヴォーダンの獣』(原題: Le pacte des loups)は、2001年公開のフランス映画。監督はクリストフ・ガンズ

実在したジェヴォーダンの獣を基にしたフィクションで、アクションとミステリーが折り重なった映画である。

原題を直訳すると「狼の盟約」(映画の文脈に沿ってより正確に訳すと「秘密結社」)であり、フランス語でジェヴォーダンの獣は「la bête du Gévaudan」である。

あらすじ[ソースを編集]

18世紀フランス革命からさかのぼること数十年。フランス啓蒙思想の広がりとともに時代が旧体制(アンシャン・レジーム)から大きく変わろうとしていた。

舞台は1764年のフランス。ジェヴォーダン地方に出没し、女・子供ばかり100人以上の犠牲者をだしている謎の獣の正体を突き止めるべく、フランス国王ルイ15世は、王室博物学者のグレゴワール・ド・フロンサックを派遣する。フロンサックは新大陸で出会い義兄弟の契りを交わしたモホーク族のマニを連れ、ジェヴォーダン地方に赴く。獣に恐怖する住人、手をこまねくだけの貴族たち。2人はジェヴォーダンの獣の正体を突き止められるのだろうか。

キャスト[ソースを編集]

※括弧内は日本語吹替

史実での「ジェヴォーダンの獣」[ソースを編集]

ジェヴォーダンの獣(あるいはジェヴォーダンの野獣)は、史実では、1764年から1767年にかけてラングドック=ルシヨン地方のジェヴォーダン(現 ロゼール県)に出没した。

この獣は1764年6月、農作業中の少女に目撃されて以来、16歳以下の男性を39人、女性79人、性別不明12人を殺害したとされている(成人男性の犠牲者は報告されていない)。目撃者たちの証言によると、牛ほどの大きさで俊敏に動き、全身が剛毛で覆われた狼のような外観で、鋭い鉤爪とライオンのような尾を持ち、口からは大きくはみ出た牙があり、面立ちはグレイハウンド犬のようであったとされる。

ルイ15世は何度か討伐隊を派遣し、1765年に派遣されたアントワーヌ・ドゥ・ボーテルヌが1頭の狼を仕留め、これこそがジェヴォーダンの獣とされたものの、その後も殺戮は止まなかった。

1767年6月19日、ジャン・シャステルという地元の猟師がジェヴォーダンの獣を射殺し、事件は収束したとされる。

しかし複雑な時代を背景に起きたこの怪事件の真相は未だに謎のままである。

関連事項[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]