隣人は静かに笑う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
隣人は静かに笑う
Arlington Road
監督 マーク・ペリントン
脚本 アーレン・クルーガー
製作 ピーター・サミュエルソン
トム・ゴーライ
マーク・サミュエルソン
製作総指揮 トム・ローゼンバーグ
シガージョン・サイヴァッツォン
テッド・タネンバウム
出演者 ジェフ・ブリッジス
ティム・ロビンス
ジョーン・キューザック
音楽 アンジェロ・バダラメンティ
撮影 ボビー・ブコウスキー
編集 コンラッド・バフ
製作会社 レイクショア・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 スクリーン・ジェムズ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年6月9日
日本の旗 1999年4月17日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $21,500,000 (概算)
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $24,756,177[1]
世界の旗 $41,067,311[1]
テンプレートを表示

隣人は静かに笑う』(りんじんはしずかにわらう、Arlington Road)は、1999年アメリカ合衆国サスペンス映画。 監督はマーク・ペリントン、出演はジェフ・ブリッジスティム・ロビンスなど。 挙動不審の隣人の過去を探るうちに、事件に巻き込まれる男の不条理な姿を描くサスペンス作品。

ストーリー[編集]

大学でテロリズムの歴史を教えているマイケルは、ある日、路上で大ケガを負ったブレディという少年を助ける。ブレディは隣に越してきた設計技師を名乗るオリヴァーと妻のシェリルのラング家の息子だった。これが縁で、ファラデイ家とラング家の交流が始まる。マイケルの息子グラントはブレディと親友になり、さらにマイケルの恋人である大学院生ブルックも交え、交流は深まっていく。

だがやがて、マイケルはオリヴァーが何か隠し事をしていると疑うようになる。彼の過去を調べたマイケルは、オリヴァーの恐るべき素性を知る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ東京
マイケル・ファラデイ ジェフ・ブリッジス 佐古正人 小川真司
オリヴァー・ラング ティム・ロビンス 山路和弘 家中宏
シェリル・ラング ジョーン・キューザック 塩田朋子 幸田直子
ブルック・ウルフ ホープ・デイヴィス 藤貴子 弓場沙織
ウィット・カーヴァー ロバート・ゴセット英語版 池田勝
ブレディ・ラング メイソン・ギャンブル 浅野まゆみ 近藤玲子
グラント・ファラデイ スペンサー・トリート・クラーク 本田貴子
Dr.アーチャー・スコビー スタンリー・アンダーソン英語版 小山武宏 小島敏彦
リー・ファラデイ ローラ・ポー

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、91件の評論のうち63%にあたる57件が高く評価しており、平均して10点満点中6.11点を得ている[2]Metacriticによれば、26件の評論のうち高評価が17件、賛否混在が8件、低評価が1件で、平均して100点満点中65点を得ている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b Arlington Road” (英語). Box Office Mojo. 2019年11月23日閲覧。
  2. ^ Arlington Road (1999)” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年11月24日閲覧。
  3. ^ Arlington Road Reviews” (英語). Metacritic. 2019年11月24日閲覧。

外部リンク[編集]