マーク・ペリントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マーク・ペリントン
Mark Pellington
生年月日 (1962-03-17) 1962年3月17日(56歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州ボルチモア
職業 映画監督映画プロデューサー
ジャンル 映画テレビ映画テレビドラマミュージック・ビデオ

マーク・ペリントン(Mark Pellington、1962年3月17日 - )は、アメリカ合衆国映画監督映画プロデューサーである。

経歴[編集]

1962年3月17日[1]メリーランド州ボルチモアに生まれる[1]。1984年、バージニア大学を卒業した[2]

U2P.M.ドーンデ・ラ・ソウル、クリスタル・ウォーターズ、パール・ジャムなどのミュージック・ビデオを監督した[3]。1997年、『インディアナポリスの夏/青春の傷痕』で長編映画監督デビュー[4]。その後、『隣人は静かに笑う』や『プロフェシー』、『ヘンリー・プールはここにいる 〜壁の神様〜』などを監督している[5]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Mark Pellington”. AlloCine. 2017年12月9日閲覧。
  2. ^ Williams, Diana (2015年9月10日). “Alum Takes Storytelling from the Small Screen to the Big Screen, and Back Again”. UVA Today. University of Virginia. 2017年12月9日閲覧。
  3. ^ Kaufman, Gil (2017年8月2日). “Pearl Jam's 'Jeremy' Video at 25: Director Mark Pellington Revisits Intense Shoot & Eddie Vedder's 'Possessed' Performance”. Billboard. 2017年12月9日閲覧。
  4. ^ McCarthy, Todd (1997年1月30日). “Going All the Way”. Variety. 2017年12月9日閲覧。
  5. ^ LaBute, Neil (2015年7月7日). “Mark Pellington and the Shape of Modern Film”. Interview. 2017年12月9日閲覧。
  6. ^ Sandler, Adam (1993年9月3日). “Pearl dives into 4 wins at MTV Video Awards”. Variety. 2017年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]