プロフェシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
プロフェシー
The Mothman Prophecies
監督 マーク・ペリントン
脚本 リチャード・ヘイテム
原作 ジョン・A・キール
モスマンの黙示』[1](1976年)
製作 ゲイリー・W・ゴールドスタイン
ゲイリー・ルチェッシ
トム・ローゼンバーグ
製作総指揮 テリー・A・マッケイ
テッド・タネンバウム
リチャード・S・ライト
出演者 リチャード・ギア
ローラ・リニー
音楽 トムアンドアンディ
撮影 フレッド・マーフィ
編集 ブライアン・バーダン
製作会社 レイクショア・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 スクリーン・ジェムズ
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年1月25日
日本の旗 2002年11月2日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $32,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $55,157,539[2]
アメリカ合衆国の旗 $35,746,370[2]
テンプレートを表示

プロフェシー』(原題: The Mothman Prophecies)は、2002年アメリカ映画

概要[編集]

謎の怪現象に連続して見舞われた男がそれらに意味があることを突き止めてゆくミステリー作品。アメリカで実際に目撃されたモスマンを題材にしているが、制作に関わった関係者の謎の死が相次いで発生した。また、モスマンに関わった事例なども次々事故などが相次いでいるため、「モスマンの呪い」と言われている[要出典]

ストーリー[編集]

ワシントン・ポスト紙の記者ジョンは妻メアリーと幸せに暮らしていた。クリスマス・イブの夜、妻が運転中に事故を起こし、謎の言葉とメモを残して死亡する。2年後、出張に向かうジョンは見知らぬ町に迷い込み、不思議な事件に遭遇する。やがてメアリーの死に繋がる手掛かりを発見し、自らも事件に巻き込まれていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ東京
ジョン・クライン リチャード・ギア 原康義 津嘉山正種
コニー・ミルズ ローラ・リニー 佐々木優子 山像かおり
ゴードン・スモールウッド ウィル・パットン 斎藤志郎 安原義人
メアリー・クライン デブラ・メッシング 勝生真沙子 藤井佳代子
デニース・スモールウッド ルシンダ・ジェニー 唐沢潤 北條文栄
アレクサンダー・リーク博士 アラン・ベイツ 森章二 稲垣隆史
エド・フライシュマン デヴィッド・エイゲンバーグ 檀臣幸
サイラス・ビルズ ボブ・トレイシー 上田敏也
ロブ・マッカラム知事 マーフィ・ダン 小島敏彦
インドリッド・コールド(声) マーク・ペリントン[3] 津嘉山正種[4]
  • テレビ東京版吹替:初回放送2005年4月28日『木曜洋画劇場』 21:00-22:54

スタッフ[編集]

  • 監督:マーク・ペリントン
  • 製作総指揮:テリー・A・マッケイ、テッド・タネンバウム、リチャード・S・ライト
  • 製作:ゲイリー・W・ゴールドスタイン、ゲイリー・ルチェシ、トム・ローゼンバーグ
  • 原作:ジョン・A・キール
  • 脚色:リチャード・ヘイテム
  • 音楽:トムアンドアンディ
  • 撮影監督:フレッド・マーフィ
  • 編集:ブライアン・バーダン
  • 提供:レイクショア・エンターテインメント

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ エキサイトシネマ
  2. ^ a b c The Mothman Prophecies” (英語). Box Office Mojo. 2018年7月1日閲覧。
  3. ^ ペリントンはバーテンダー役で顔出し出演もしている。
  4. ^ ダークボのふきカエ偏愛録”. ふきカエル大作戦!!. 2018年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]