隣のヒットマンズ 全弾発射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
隣のヒットマンズ 全弾発射
The Whole Ten Yards
監督 ハワード・ドゥイッチ
脚本 ジョージ・ギャロ
製作 エリー・サマハ
アーノルド・リフキン
デヴィッド・ウィリス
アラン・カウフマン
製作総指揮 アンドリュー・スティーヴンス
トレーシー・スタンリー
出演者 ブルース・ウィリス
マシュー・ペリー
音楽 ジョン・デブニー
撮影 ニール・ローチ
デニス・ウェーバー
編集 セス・フラウム
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年4月9日
日本の旗 2004年9月25日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $26,155,781[1]
前作 隣のヒットマン
テンプレートを表示

隣のヒットマンズ 全弾発射』(となりのヒットマンズぜんだんはっしゃ、原題: The Whole Ten Yards)は、2004年公開のアメリカ映画ブルース・ウィリスマシュー・ペリー共演によるコメディ映画2000年の映画隣のヒットマン』の続編である。

ストーリー[編集]

伝説の殺し屋ジミー・チュデスキは、稼業を引退し、料理と掃除に燃える“主夫”となってメキシコで暮らしていた。愛妻のジルはプロの殺し屋を目指して今日も修行中。そしてジミーの元隣人と元妻、オズとシンシアのカップルも、ロスで幸せな新婚生活を満喫していた。ある朝、ジミーは新聞でマフィアのボス・ラズロが出獄したことを知る。ジミーの密告によって逮捕されたことを恨むラズロは、さっそく復讐計画を開始。手始めにオズの自宅を襲撃し、シンシアを誘拐する。オズはメキシコのジミーに助けを求めるが…。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

パッケージソフト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Whole Ten Yards (2004)” (英語). Box Office Mojo. 2012年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]