西成活裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西成 活裕(にしなり かつひろ、1967年1月8日 - )は、日本の数理物理学者。専門は非線形動力学、渋滞学。

東京都足立区生まれ。小学2年生のとき茨城県土浦市に転居。茨城県立土浦第一高等学校卒、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了、山形大学工学部機械システム工学科、龍谷大学理工学部数理情報学科助教授、ケルン大学理論物理学研究所客員教授、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻准教授、同教授を経て、東京大学先端科学技術研究センター教授(2009-)。

渋滞学無駄学の研究で知られる。著書の『渋滞学』は、講談社科学出版賞日経BPビズテック図書賞を受賞した。趣味はオペラ鑑賞とアリアを歌うこと。

主なテレビ出演[編集]

主な著書[編集]

外部リンク[編集]