愛国歌 (朝鮮民主主義人民共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
애국가
Aegukkaマッキューン=ライシャワー式
和訳例:愛国歌

国歌の対象
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮

別名 아침은 빛나라
(朝は輝け)
作詞 朴世永
作曲 金元均
採用時期 1947年
試聴
テンプレートを表示
愛国歌
各種表記
ハングル 애국가
漢字 愛國歌
発音 エグッカ
日本語読み: あいこっか
MR式
2000年式
英語
Aegukka
Aegukga
The Patriotic Song
テンプレートを表示

愛国歌(あいこっか、朝鮮語: 애국가)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国歌。作詞者は朴世永、作曲者は金元均1948年9月9日北朝鮮建国前の1947年に、北朝鮮人民委員会によって国歌と規定された。

概説[編集]

歌詞の冒頭を引用して「朝は輝け (아침은 빛나라)」と称されることもある(日本の国歌における「君が代」に同様)。同国の国内向け朝鮮中央放送などでは放送開始と終了時、国外向けの平壌放送(朝鮮語による国際放送[注釈 1]朝鮮の声放送Voice of Korea、朝鮮語以外の言語による国際放送)では、放送開始時に愛国歌のオーケストラ演奏が放送される[注釈 2]

また、歌詞に共産主義社会主義革命朝鮮労働党朝鮮人民軍金日成金正日金正恩の歴代最高指導者の賛美・崇拝する文言は含まれていない[注釈 3]。そのためか、金親子を礼賛する歌曲である「金日成将軍の歌」や「金正日将軍の歌」などが第二国歌同然に歌われている。なお、通常は演奏のみで歌唱は行われないため、国歌である本曲を歌唱できる北朝鮮の人民も少数といわれている[1]

歌詞[編集]

原文[編集]

1番
아침은 빛나라 이 강산
은금에 자원도 가득한
삼천리 아름다운 내 조국
반만년 오랜 력사에
コーラス
찬란한 문화로 자라난
슬기론 인민의 이 영광
몸과 맘 다 바쳐 이 조선
길이 받드세
2番
백두산기상을 다 안고
근로의 정신은 깃들어
진리로 뭉쳐 진 억센 뜻
온 세계 앞서 나가리
コーラス
솟는 힘 노도도 내밀어
인민의 뜻으로 선 나라
한없이 부강하는 이 조선
길이 빛내세
コーラス

漢字ハングル混じり[編集]

1番
아침은 빛나라 이 江山
銀金에 資源도 가득한
三千里 아름다운 내 祖國
半萬年 오랜 歷史에
コーラス
燦爛한 文化로 자라난
슬기론 人民의 이 榮光
몸과 맘 다 바쳐 이 朝鮮
길이 받드세
2番
白頭山氣像을 다 안고
勤勞의 精神은 깃들어
眞理로 뭉쳐 진 억센 뜻
온 世界 앞서 나가리
コーラス
솟는 힘 怒濤도 내밀어
人民의 뜻으로 선 나라
限없이 富强하는 이 朝鮮
길이 빛내세


マッキューン-ライシャワーのローマ字転写[編集]

1番
Ach'imŭn pinnara i kangsan
Ŭn'gŭme chawŏndo kadŭkhan
Samch'ŏlli arŭmdaun nae choguk
Panmannyŏn oraen ryŏksaë
(コーラス)
Ch'allanhan munhwaro charanan
Sŭlgiron inminŭi i yŏnggwang
Momgwa mam ta pach'yŏ i Chosŏn
Kiri pattŭse
2番
Paektusan kisangŭl ta anko
Kŭlloŭi chŏngsinŭn kittŭrŏ
Chilliro mungch'yŏjin ŏksen ttŭt
On segye apsŏ nagari
(コーラス)
Sonnŭn him nododo naemirŏ
Inminŭi ttŭsŭro sŏn nara
Hanŏpsi puganghanŭn i Chosŏn
Kiri pinnaese
(コーラス)

日本語訳[編集]

1番
朝は輝け この山河、
金銀も資源も 満ち溢れ
三千里 麗しき わが祖国
半万年の 古き歴史に
(コーラス)
燦爛たる文化もて 育まれた
秀でた人民の この栄光
身も心も捧げ この朝鮮
永遠に守らん
2番
この白頭山 の天気全で
勤労精で 神の巣宿て
会社が真実と 結びつきて
全世界に先立ちりする
(コーラス)
国民の力怒涛に 伸湧ばして
人民の意味で 線国ばしって
永遠に豊かで強く この朝鮮
永遠に長輝かん
(コーラス)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ http://www.246.ne.jp/~abi/nk_oa.htm 音源の一部がアジア放送研究会のサイトから聴くことが可能
  2. ^ 音源が朝鮮の声・音声倉庫のサイトから聴くことが可能
  3. ^ 北朝鮮建国時の親元であるソビエト連邦国歌では、共産主義や国父レーニンスターリン批判まではスターリンを称える歌詞がある。

出典[編集]

  1. ^ 弓狩匡純『国のうた』文藝春秋、2004年。ISBN 978416365990996-97頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]