カレー (フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Calais

Blason ville fr Calais (Pas-de-Calais).svg  Flag of Calais.svg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オー=ド=フランス地域圏
(département) パ=ド=カレー県
(arrondissement) カレー郡
小郡 (canton) 4小郡庁所在地
INSEEコード 62193
郵便番号 62100
市長任期 ナターシャ・ブシャール
2008年-)
自治体間連合 (fr) Communauté d'agglomération du Calaisis
人口動態
人口 73,911人
2017年
人口密度 2,206人/km2
住民の呼称 Calaisiens
地理
座標 北緯50度56分53秒 東経1度51分23秒 / 北緯50.948056度 東経1.856389度 / 50.948056; 1.856389座標: 北緯50度56分53秒 東経1度51分23秒 / 北緯50.948056度 東経1.856389度 / 50.948056; 1.856389
標高 平均:? m
最低:0 m
最高:18 m
面積 33,5km2 (335ha)
Calaisの位置(フランス内)
Calais
Calais
テンプレートを表示

カレーフランス語: Calaisオランダ語: Kales、西フラマン語: Cales)は、フランス北部パ=ド=カレー県の都市。ドーバー海峡(カレー海峡)の海底を英仏海峡トンネルが通りイギリスフォークストンと結んでいる。

近代からグレートブリテン島大陸ヨーロッパを結ぶ玄関口として重要視され、フェリー港や貿易港として栄えてきた。しかし、最近では40 km離れた位置にあるダンケルクにその役割を奪われつつある。

カレー港

地理[編集]

カレーは、ドーバー海峡北海の出口に面しており、ドーバー海峡の幅が最も狭いところであるためチョークポイントとしても重要な都市である。イングランドへ発つ船の港として、長い間栄えてきた。コミューンの中心部や北と西は、数箇所の砦によって守られている。

歴史[編集]

古代ローマ時代から、ブリテン島を結ぶ中継地として栄えてきた。

百年戦争中の1347年、長期間の包囲の末、イングランド軍によりカレーは占領された。サン・ピエールと5人の市民が、イングランドエドワード3世の前に出頭し他の市民を救った。この逸話はロダン彫刻カレーの市民』の題材となっている[1]シャルル7世のフランス軍が優勢となり、百年戦争のイングランド軍の敗北の結果、1453年以降カレーは大陸における唯一のイングランド領となり、下院に議員を送っていた[2]。その後、第六次イタリア戦争中の1558年1月7日、ギーズ公フランソワがイングランドからカレーを奪還したカトー・カンブレジ条約)。

ユグノー戦争末期には一時スペイン占領されるが1598年にヴェルヴァン条約によってフランスに返還された[3][4]

第一次世界大戦第二次世界大戦では戦場となり、市街地が破壊された。第二次世界大戦のナチス・ドイツのフランス侵攻は、1940年5月に本格化。ブローニュ=シュル=メールとともにカレー包囲戦の舞台となった。 これは要衝であるカレーにドイツ軍を引きつけることで、ダンケルクから連合国軍を撤退させるダイナモ作戦を支援する意味合いもあった[5]。その後、カレーは連合国が反攻を開始してもドイツ軍が死守し続けたため、ナチス・ドイツが降伏する直前まで占領下におかれた。

2015年、カレー市の市有地(18ヘクタール)に難民キャンプが整備された[6]。当初、数百人だった難民の数は、イギリスへの密入国を目指す中東アフリカからの難民移民らが集まったことで3,500人に増加した[6]。この難民キャンプは「ジャングル」と呼ばれており、不衛生な環境と食料不足が懸念されている[6]

スポーツ[編集]

サッカークラブ、カレーRUFCCalais RUFC)の本拠地。2000年のフランス・カップで、仕事を掛け持ちする選手ばかりの4部リーグ所属ながら、2部のカンヌを1-1(PK4-1)、1部のストラスブールを2-1、ボルドーを延長戦の末3-1で破り決勝まで進出[7]。決勝のナント戦でも前半34分に先制ゴールを決めたものの後半に追いつかれ、試合終了間際にPKを決められ1-2で敗れた[7]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Elsen, Albert Edward; Jamison, Rosalyn Frankel; Barryte, Bernard; Iris & B. Gerald Cantor Center for Visual Arts at Stanford University (2003-03-13). Rodin's art: the Rodin Collection of the Iris & B. Gerald Cantor Center for Visual Arts at Stanford University. Oxford University Press. p. 65. ISBN 978-0-19-513381-3. https://books.google.co.jp/books?id=30gpesJe3gwC&pg=PA65&redir_esc=y&hl=ja 2012年2月5日閲覧。 
  2. ^ Smith, William (1833). A new history and survey of the cities of London and Westminster, and the borough of Southwark. published by Effingham Wilson, 88, Royal Exchange. p. 321. https://books.google.co.jp/books?id=zSIHAAAAQAAJ&pg=PA321&redir_esc=y&hl=ja 2012年2月5日閲覧。 
  3. ^ La Citadelle”. Calais.ws. 2012年2月5日閲覧。
  4. ^ Crowe, Eyre Evans (1830). The history of France. Printed for Longman, Rees, Orme, Brown, & Green. p. 368. https://books.google.co.jp/books?id=x-bQAAAAMAAJ&pg=PA368&redir_esc=y&hl=ja 2012年2月5日閲覧。 
  5. ^ 英仏兵33万生還、英首相演説(『東京朝日新聞』昭和15年6月5日)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p371 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  6. ^ a b c 渡辺泰之「トンネルの先の将来 夢見て 仏・カレー 渡英狙う3500人 劣悪な衛生環境 課題に 密入国強行 事故も多発」中日新聞2015年9月13日付朝刊、国際10版5ページ
  7. ^ a b No.908 一発勝負の魅力(カレー)”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (2012年11月21日). 2015年5月5日閲覧。

外部リンク[編集]