朝鮮半島の武術一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝鮮半島の武術一覧(ちょうせんはんとうのぶじゅついちらん)とは朝鮮半島に伝わる、または朝鮮半島を起源とする、あるいは朝鮮半島にあったと主張される武術武道の一覧。
いわゆる「韓国起源説」に関わるものもまとめて載せるものとする。

このページについて[編集]

このページは朝鮮半島の武術のページをまとめるためのページである。従って、ここの内容は歴史的、政治的な主張とは関係ないものである。(例えば「ユド」について書かれていても、それは「柔道が韓国起源」と言っている訳ではない。あくまで「ユド」という言葉を使う人がいるという事である。また、このページで「朝鮮」というのは「李氏朝鮮」か、単に「Korean」という意味である。
「武術」と「武道」の区別は日本式に行っている。区別については武術武道を参照。

武術[編集]

古武術[編集]

  • 弓道(朝鮮)

 本来は弓術(グンスル)やファルソギ等と呼ばれていたが、日本の影響により「弓道(グンド)」という言葉も使われるようになった。現在韓国では国弓(クックン)、ファルソギ、弓術、弓道など多様な用語が使われている

借力拳法―力技山流は、ハングルの子音を象った構えが存在し、牛・虎・熊の対動物戦の技術が存在する。

  • 朝鮮勢法ー『水滸伝』に紹介されている剣術。唐末から元にかけて成立した流派が、朝鮮と日本の両国に伝播。中国では、明代には失伝していた。明の武人・茅元儀が『武備誌』で紹介。後に『将衛営』の必須剣術になる。
  • 海東剣道 - 渤海剣術だという。「海神」の張(チャン)ボゴが日本海をまたにかけた貿易をしながら、中国と日本の両国の剣術の長所を合わせて作る。
  • 十八技(シッパルギ) - 「武芸諸譜」(英祖の時代)の様々な武術を指す。日本の「武芸十八般」と同じ発想。
  • 拳法(朝鮮) - 李氏朝鮮の「武芸図譜通志」という本に載っている拳法。の将軍に教わったものを改良。
  • 経堂(キョンダン)- 武芸図譜通志(正祖の時代)の武術。「武芸二四技」ともいうようである。

武術関係の伝統文化[編集]

  • 剣舞(朝鮮)-不知火型のようなポーズで、肉体美を誇示してから、地面においてある剣を両手で持ってから、剣舞する。参照ー『武人時代』

近年作られた武術[編集]

  • 宮廷武術(クンジュンムスル)
  • 空拳柔術(ゴンクウォンユスル) - ハプキド八光流柔術から作った柔術の一種。
  • 回転武術

武道[編集]

テコンドー系[編集]

  • テコンドー(跆拳道)
  • 武徳館テコンドー
  • 崔光道(チョイクワンドと読む。創始者の名前から来ている。)
  • 空手道(コンスドと読む。勿論「空手道」の韓国語読み。)
  • 唐手道(タンスドと読む。空手と太極拳から作られたという。因みに、チャック・ノリスが学んだ事で知られる。)
  • 太手道(テスドと読む。テコンドーの前身。)

ハプキドー系[編集]

  • ハプキドー(合気道)
    • コンバットハプキドー(戦闘館 合気道) 
  • 韓気道(ハンキド)
  • 韓武道(ハンムド)

クムド系[編集]

  • コムド
  • コハプト - 元々は「居合道」の韓国語読み。
  • 韓剣道(ハンクムド)
  • 心剣道(シムクムドー)

ユド系[編集]

  • ユド - 元々は「柔道」の韓国語読み。朝鮮起源と主張される。「七年殺し」などカンチョー攻撃が特徴。

その他[編集]

  • 圓和道(ウォンナド) - 倍達族に伝わった武術。
  • 花郎道(ファランド) - 僧から教わった武術にカンフー柔術、ハプキドを混ぜたものだという。
  • 気天(キチュン) - 変幻自在な打撃格闘術。蟷螂拳に似ているという。中国の山東省から伝播。
  • 国仙道 - 韓国の道教系の武道。
  • 禅武道 (ションムド)- 韓国の仏教系の武道。朝鮮半島版・少林寺拳法

北宗禅武道―高句麗の早衣(チョイ)から始まり、後高句麗を興こした弓裔(元・禅僧)も世達寺(セダルサ)で学んでいた武術。弓術・拳法・剣術・棒術からなる。

南宗禅武道―高麗の金俊(キム・ジュン)(元僧侶。僧名・無上)が祝霊寺(チュニャンサ)で学んでいた武術(後に、三別抄に伝わり、琉球唐手の元になった)。豊臣秀吉の朝鮮侵攻前には、西山や恵明といった曹渓宗の僧侶も学んでいた。 鞭術があり、江華島を中心に船上で戦うため、今までは馬術の延長線上の『騎馬立ち』が基本の足構えだったが、この時から、しっかりと足元を踏みしめる『四股立ち』も取り入られることになった。

  • 國術道(コクスルド) - 韓国の武術を総合した武術。総合武術である。
  • 宮武道(クンムド) - 新羅の武術。
  • 東海剣道
  • 撃気道(キュキド) - テコンドー、柔術、柔道、ハプキドーを融合した武術。
  • 龍武道(ヨンムド) - 龍仁大学校で誕生した武道
  • 拳撃道

軍隊格闘術[編集]

武芸関係の書物[編集]

朝鮮半島の国々は貴族社会であった為、弓以外の武芸はあまり重視されていなかった。しかし、朝鮮出兵の時、剣術や槍術に長けた日本と戦って大打撃を受けた反省から、土着の武術を見直したり、日本や中国の武術を研究して強化を図った。その為、の兵法書が元になっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]