朝鮮民主主義人民共和国ウォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
朝鮮民主主義人民共和国ウォン
조선민주주의인민공화국 원
ISO 4217
コード
KPW
中央銀行 朝鮮民主主義人民共和国中央銀行
使用
国・地域
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
補助単位
 1/100 チョン(전/錢
通貨記号
複数形 この通貨の言語に形態学的な複数形区別はない。
硬貨
 広く流通 ₩1
 流通は稀 1, 5, 10, 50 錢
紙幣
 流通は稀 ₩5
₩10
₩50
₩100
₩200
₩500
₩1,000
₩2,000
₩5,000
ウォン
各種表記
ハングル
漢字 圓(円の旧字体)
発音 ウォン
ローマ字 Won
テンプレートを表示

朝鮮民主主義人民共和国ウォン(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくウォン)とは、朝鮮民主主義人民共和国通貨単位である。

公式な漢字表記は存在しないが、中国語圏においては繁体字で「朝鮮圓」または「朝鮮元」、簡体字で「朝鲜圆」または「朝鲜元」と書く。

概要[編集]

連合軍軍政期の北側ではウォン(北朝鮮中央銀行券)は1947年12月6日、それまで流通していた朝鮮銀行券(日本統治時代の通貨)と置き換える形で北朝鮮人民委員会によって導入された。表に保障文言「本銀行券は銀行所有の金貴金属およびその他財産もしくは北朝鮮人民委員会の保証書でもってこれを保障する」、裏に民主朝鮮と朝鮮文字表記。

朝鮮民主主義人民共和国成立後、北朝鮮中央銀行は朝鮮民主主義人民共和国中央銀行と改称し、1959年には通貨単位を切り下げるデノミネーションが行われ、それまでの100ウォンを新しい1ウォンと交換している。以後、2009年までこの新ウォンが通用した。政府は1979年1992年に新紙幣を発行し、それまでの紙幣と1対1で交換させる改革を行っている。

2009年11月30日には1959年以来となる新しいウォンが導入され、交換比率を100対1として通貨単位を切り下げるデノミが行われた[1]

為替レート[編集]

2016年現在の公定レートはおおよそ次の通り。各店舗に掲示された換算表に基づき端数を調整した。

外国人による使用[編集]

1997年以降の羅先を除けば朝鮮北半部では兌換ウォン外貨兌換券朝鮮貿易銀行発行。通称: パックントン)が発行されていたが、2002年7月に兌換ウォンは廃止され、国内で外貨を取り扱う方針に変更。

現在では外国人が利用可能な各商店で支払い時に直接ユーロ、米ドルなどの外貨を受け付けるが、厳密には商店が銀行代理店を兼ねており、外貨両替と決済を同時に行う建前となっている。

流通貨幣[編集]

2009年12月1日通用開始の新通貨

紙幣[編集]

(額面・表/裏のデザイン・記年の順)

画像 金額 大きさ 発行年 説明
表面 裏面 表面 裏面
5000ウォン 143 × 55 mm 2013年 万景台金日成生家 国際親善展覧館
2008年 金日成肖像 万景台金日成生家
2000ウォン 白頭山密営 白頭山天池
1000ウォン 金正淑生家 三池淵
500ウォン 凱旋門 額面数字
200ウォン 千里馬 額面数字
100ウォン オオヤマレンゲ 額面数字
2002-50won-1.jpg 2002-50won-2.jpg 50ウォン 2002年 農工民とインテリ

主体思想塔

朝鮮労働党創建記念塔
2002-10won-1.jpg 2002-10won-2.jpg 10ウォン 陸海空軍兵士

人民軍徽章

祖国解放戦争勝利記念塔
2002-5won-1.jpg 2002-5won-2.jpg 5ウォン 学生と科学者

図案化された地球儀・原子

礼成江青年1号水力発電所

硬貨[編集]

アルミニウムで鋳造されており、以下の種別がある。

旧通貨[編集]

紙幣[編集]

下記は2009年11月30日のデノミネーション実施以前のものである。

第1次発行分(1947年)
画像 金額 大きさ 説明 備考
表面 裏面 表面 裏面
1947-100won-1.jpg 1947-100won-2.jpg 100ウォン 170 × 94 mm 農民と労働者 「民主朝鮮」

額面

山岳

1947-10won-1-a.jpg 1947-10won-2-a.jpg 10ウォン 135 × 73 mm 黄緑 朝鮮戦争前のもの(シークレットマークなし)

1947-10won-a1.jpg

1947-10won-1-b.jpg 1947-10won-2-b.jpg 朝鮮戦争後のもの(シークレットマークあり)

1947-10won-b2.jpg

1947-5won-1-a.jpg 1947-5won-2-a.jpg 5ウォン 128 × 69 mm 朝鮮戦争前のもの

1947-5won-a1.jpg1947-5won-a2.jpg1947-5won-a3.jpg1947-5won-a4.jpg

1947-5won-1-b.jpg 1947-5won-2-b.jpg 朝鮮戦争後のもの

1947-5won-b1.jpg1947-5won-b2.jpg1947-5won-b3.jpg1947-5won-b4.jpg

1947-1won-1.jpg 1947-1won-2.jpg 1ウォン 113 × 59 mm
1947-50jeon-1.jpg 1947-50jeon-2.jpg 50チョン 100 × 53 mm 額面 「民主朝鮮」

額面

1947-20jeon-1.jpg 1947-20jeon-2.jpg 20チョン 88 × 42 mm 黄緑
1947-15jeon-1.jpg 1947-15jeon-2.jpg 15チョン 87 × 41 mm
第2次発行分(1959年)
画像 金額 大きさ 説明
表面 裏面 表面 裏面
1959-100won-1.jpg 1959-100won-2.jpg 100ウォン 250 × 96 mm 黄緑 工場 金剛山
1959-50won-1.jpg 1959-50won-2.jpg 50ウォン 191 × 90 mm 大同江(平壌)と鉄橋 稲を収穫する農民
1959-10won-1.jpg 1959-10won-2.jpg 10ウォン 158 × 70 mm 大同門 リンゴを収穫する農民
1959-5won-1.jpg 1959-5won-2.jpg 5ウォン 156 × 68 mm 金日成総合大学 額面
1959-1won-1.jpg 1959-1won-2.jpg 1ウォン 150 × 64 mm 漁船 額面
1959-50jeon-1.jpg 1959-50jeon-2.jpg 50チョン 130 × 60 mm 額面 額面
第3次発行分(1978年)
画像 金額 大きさ 説明
表面 裏面 表面 裏面
1978-100won-1.jpg 1978-100won-2.jpg 100ウォン 170 × 84 mm ピンク 金日成肖像 万景台金日成生家
1978-50won-1-a.jpg 1978-50won-2-a.jpg 50ウォン 160 × 79 mm 深緑 兵士、農民、インテリ、労働者

主体の文字

白頭山風景
1978-10won-1-a.jpg 1978-10won-2-a.jpg 10ウォン 150 × 75 mm 千里馬」像 工場群
1978-5won-1-a.jpg 1978-5won-2-a.jpg 5ウォン 140 × 69 mm 深青 工員と農民、歯車、工場 金剛山
1978-1won-1-a.jpg 1978-1won-2-a.jpg 1ウォン 130 × 65 mm ピンク

子ども達と学生 自衛団

「花を売る乙女」コップニ

パルチザン

なお、第3次発行分100ウォン以外の紙幣については裏面の紋章によって、国民用・社会主義国からの訪問者用・資本主義国からの訪問者用と区別されていた。上記画像は国民用である。

第4次発行分(1992年〜2009年)
画像 金額 大きさ 発行年 説明
表面 裏面 表面 裏面
2006-5000won-1.jpg 2006-5000won-2.jpg 5000ウォン 155 × 75 mm 2006年 金日成肖像 万景台金日成生家
2002-5000won-1.jpg 2002-5000won-2.jpg 2002年
2006-1000won-1.jpg 2006-1000won-2.jpg 1000ウォン 青緑 2006年
2002-1000won-1.jpg 2002-1000won-2.jpg 2002年
2007-500won-1.jpg 2007-500won-2.jpg 500ウォン 深緑 2007年 錦繍山記念宮殿 金陵第2トンネルと清流橋
1998-500won-1.jpg 1998-500won-2.jpg 1998年
2005-200won-1.jpg 2005-200won-2.jpg 200ウォン 139 × 73 mm 青緑 2005年 オオヤマレンゲ 額面
1992-100won-1.jpg 1992-100won-2.jpg 100ウォン 155 × 75 mm 赤茶 1992年 金日成肖像 万景台金日成生家
1992-50won-1.jpg 1992-50won-2.jpg 50ウォン 144 × 70 mm 1992年 人民と「主体思想」塔 白頭山風景
1998-10won-1.jpg 1998-10won-2.jpg 10ウォン 134 × 65 mm 茶・橙 1998年 工員と「千里馬」像 西海(ソヘ)閘門
1992-10won-1.jpg 1992-10won-2.jpg 10ウォン 1992年
1998-5won-1.jpg 1998-5won-2.jpg 5ウォン 125 × 60 mm 1998年 学生と地球儀 人民大学習堂
1992-5won-1.jpg 1992-5won-2.jpg 5ウォン 1992年
1992-1won-1.jpg 1992-1won-2.jpg 1ウォン 115 × 55 mm 1992年 「花を売る乙女」コップニ(洪英姫

硬貨[編集]

アルミニウムで鋳造されており、以下の種別がある。

  • 1959年発行分
    • 1チョン(国号・国章・発行年/額面)
    • 5チョン(国号・国章・発行年/額面)
    • 10チョン(国号・国章・発行年/額面)
  • 1978年発行分
    • 50チョン(国号・国章・額面/「千里馬像」と太陽・発行年)
  • 1987年発行分
  • 2005年(主体94年)発行分
    • 5ウォン(国号・国章・額面・発行年/額面)
    • 10ウォン(国号・国章・額面・発行年/額面)
    • 50ウォン(国号・国章・額面・発行年/額面)
    • 100ウォン(国号・国章・額面・発行年/額面)

1959年発行のチョン硬貨には、星印によって使用者が異なるマーキングがあった。無印は北朝鮮国民用、1つ星は社会主義国からの訪問者用、2つ星は資本主義国からの訪問者用とされたが、次第に星印に関わらず流通するようになっていったようである。

記念貨幣[編集]

各種の記念硬貨が発行されているが、貨幣商を通じて外国の収集家に販売されたものがほとんどである。これらには通常貨幣では発行されていない金貨銀貨銅貨、黄銅貨などの素材があるが、いずれも額面を無視した収集型金貨のようなものである。また通常発行の紙幣に記念題名を重ねて印刷しただけの記念紙幣も存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]


先代:
朝鮮円
理由:日本の植民地支配からの解放
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮の通貨
1947年12月6日
次代:
現在