スム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スム
O‘zbek so‘m / Ўзбек сўм (ウズベク語)
GerbFace.jpg
1万スム札
ISO 4217
コード
UZS
中央銀行 ウズベキスタン共和国中央銀行
 ウェブサイト www.cbu.uz
使用
国・地域
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
インフレ率 7.6%
 情報源 The World Factbook, 2006年推計.
補助単位
 1/100 ティイン
複数形 スム
硬貨 1, 5, 10, 25, 50, 100 スム
紙幣 1, 3, 5, 10, 25, 50, 100, 200, 500, 1000, 5000, 10,000, 50,000 スム

スムは、ウズベキスタン通貨ISO 4217の通貨コードはUZSである。

ソビエト連邦時代、カザフキルギスウズベクではソ連通貨であったルーブルはスムと呼ばれており、通貨の裏側に15の連邦構成国語で書かれた額面にもそう記載があった。連邦崩壊後に独立したウズベキスタンもその呼称を採用した。スムとは、カザフ語キルギス語ウズベク語に限らずトゥルク系諸言語において純を意味する。

ソ連崩壊後も旧ソ連諸国の多くはソビエトルーブルを使用し続けていたが、1993年7月26日にロシアが新ロシアルーブルを発行したのを機に各国も独自通貨を発行し始めた。1993年11月15日、ウズベキスタンは新通貨スムを発行し、ルーブルと交換した。1、3、5、10、25、50、100、200、500、1000、5000 および 10,000スムが発行されたが、これは当初より過渡的なものと考えられていたため、紙幣のデザインはかなり単純化されたものであった。

1994年7月1日、2番目のスム(新スム)が発行され、1新スム=1000旧スムのレートで交換された。スムの下に100分の1であるティインという単位も導入された。

ウズベキスタンでは、ソ連からの独立以後、公共物のラテン文字化を進めたが、紙幣は例外的に国民に浸透している旧来のキリル文字が使用されている。ただし、2013年に新たに発行された5000スム札からラテン文字表記となった。なお、貨幣は、既にラテン文字化されている。

インフレが進行した結果、2017年現在では小額紙幣や硬貨はほぼ流通しておらず、100スム以上の紙幣のみが用いられている[1]。また公定レートと闇レートの乖離も激しく、2016年時点で公定レートの1ドル2837スムに対して闇レートが1ドル5950スムと倍以上の価格差が生じている[2]。2017年8月現在の公定レートは1ドル4098スムである。

現在のUZSの為替レート
Google Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD RUB CNY
Yahoo! Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD RUB CNY
XE: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD RUB CNY
OANDA: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD RUB CNY
fxtop.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD RUB CNY

脚注[編集]

  1. ^ 地球の歩き方 D15 中央アジア サマルカンドとシルクロードの国々 2017~2018年版. ダイヤモンド社. (2017). p. 22. ISBN 978-4-478-06053-7. 
  2. ^ 闇市場のドル、公定為替相場を136%上回るケースも-新興国の痛み”. ブルームバーグ (2016年2月15日). 2017年8月5日閲覧。

関連項目[編集]