ウズベキスタンの政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウズベキスタンの政治
Coat of Arms of Uzbekistan.svg

ウズベキスタンの政党(ウズベキスタンのせいとう)では、ウズベキスタン政党について述べる。

大統領の権限が強力なウズベキスタンでは、議会および政党の権力は脆弱であり、その活動は活発ではない。

1991年の独立後しばらくは、ビルリクエルクなどの野党勢力が活動していたが、1992年ごろから反対派勢力に対する抑圧が強まり、指導者の逮捕、野党の活動禁止などの弾圧が行われた。現在は、旧ウズベキスタン共産党から改組されたウズベキスタン人民民主党を中心とする諸政党がイスラム・カリモフ大統領の支持勢力として議会を支配している。カリモフ大統領はウズベキスタンの独立以来、自己献身・国民民主党に所属していたが、2007年にウズベキスタン自由民主党に移った。

最高会議に議席を有する政党[編集]

2004年に実施された総選挙では以下の5政党のみが選挙参加資格を認められた[1]

最高会議に議席を有しない政党[編集]

  • ビルリク (O'zbekiston Birlik Xalq Harakati Partiyasi) - 1989年創設。1992年にカリモフ政権により非合法化。[4]
  • エルク (O'zbekiston Erk Demokratik Partiyasi) - 1990年2月ビルリクからムハンマド・サーリフら穏健派が分離して結成。カリモフ政権により非合法化。英語名が上記のウズベキスタン自由民主党と類似しているが、別の組織である。[5]
  • 自由農民党 (Ozod Dehqonlar Partiyasi) - 2003年12月6日創設。

参考文献[編集]

  • 宇山智彦 「政治制度と政治体制:大統領制と権威主義」 岩崎一郎、宇山智彦、小松久男編 『現代中央アジア論』 日本評論社 2004年 (ISBN 978-4535553187)
  • 岡奈津子 「政党」『中央ユーラシアを知る事典』平凡社 2005年 (ISBN 978-4582126365)