クロフネツツジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クロフネツツジ
Rhododendron schlippenbachii 3.JPG
神代植物公園 2013年4月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: ツツジ属 Rhododendron
: クロフネツツジ R. schlippenbachii
学名
Rhododendron schlippenbachii Maxim.
和名
クロフネツツジ(黒船躑躅)
英名
Royal azalea

クロフネツツジ(黒船躑躅、学名:Rhododendron schlippenbachii )は、ツツジ科ツツジ属落葉低木。別名、カラツツジ

特徴[編集]

大輪の花を咲かせ、「ツツジの女王」と呼ばれることもある。

高さは1-4.5mになり、若いに腺毛が生える。は明るい緑色で、5枚ほどが枝先に集まって輪生状につく。葉柄は2-4mm、葉身は長さ4.5-7.5cm、幅2.5-4.5cmになり、倒卵形または広倒卵形になる。葉の裏面の葉脈に腺毛が生える。秋には赤胴色に紅葉する。

花期は4-5月。葉の展開後すぐに、枝先の1個の花芽に3-6個のを散形状につける。花冠は淡い桃色または白色の漏斗形で、花冠上方の3弁には赤茶色の斑点がある。雄蘂は10本ある。

分布[編集]

中国東北部、ロシア極東部および朝鮮半島に自生する。日本には江戸時代初期の1668年に朝鮮半島から渡来したとされており、栽培されている。

類似種との関係[編集]

同じ地域に分布するチンダルレ(カラムラサキツツジ)に形が似るが、本種の葉には毒性があるという。

韓国においては「チョルチュク(철쭉)」と呼ばれ、江原道光州広域市議政府市など多くの自治体でその自治体を象徴する花として制定されている。一方で、韓国以上に北朝鮮において親しまれているカラムラサキツツジを象徴の花としている自治体は少ない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 本田正次他『朝日百科 世界の植物2』、1978年、朝日新聞社
  • トニー・ロード他著・井田智子他翻訳『FLORA フローラ』、2005年、産調出版
  • Flora of China, Rhododendron schlippenbachii