ネチズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ネチズン: netizen)とは、まるで現実社会からインターネットなどのコンピュータネットワークに移住したかように、積極的活発的に活動するユーザーのことである。

概要 [編集]

ネット市民とも言われ、ネットワーク市民を意味する英語「network citizen」の略称で日本ではあまりなじみがない。インターネットの初期にまるで移住するかのごとく積極的、活発的に活用した当時のユーザーの通称のことで、2019年現在では古くなった言葉である[1]

日本では群馬大学特任教授下田博次が、子供のインターネット利用について学ぶ団体の名称(ねちずん村)として使っているという事例がある[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献 [編集]

  • インターネットの安心·安全ハンドブックVer 4.01 内閣サイバーセキュリティセンター編 2019年

関連項目[編集]