韓国の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

韓国の航空(かんこくのこうくう)では、大韓民国(韓国)において発着している国内・国際線の航空交通網について記述する。

航空会社[編集]

大韓航空が最大手の運行主体で、1988年までは韓国唯一の航空事業者であった。2番目の大手事業者は、アシアナ航空である。このほか、近年、エアプサンチェジュ航空ジンエアーなど中小の格安航空会社が台頭してきている[1]

路線[編集]

国内線は、国土が小さいにも関わらず発達しており、ソウル済州間の路線は世界でも有数の輸送量である。ソウル釜山の流動も大きかったが、近年は、新たに開業した韓国高速鉄道(KTX)へ旅客の多くが転移したものとみられる。

国際線は、仁川国際空港から世界各地への路線が展開しており、日本中国との間の路線がよく発達している。

空港[編集]

空港は、国内に9箇所があるほか、軍民共用の飛行場もある。

ソウル都市圏にある空港としては、仁川国際空港が国内最大、世界でも有数の規模を有しており、韓国に発着する国際線の拠点となっている。日本、中国の地方都市との間の路線が充実しており、仁川国際空港を経由して日本から海外へ出国する流れが見られることなどから、東アジアのハブ空港としての地位を奪われているという議論がなされることがある。

また、よりソウルの都心部に近い金浦国際空港は、国内線を中心とした路線を有しているが、羽田空港関西国際空港中部国際空港上海虹橋国際空港への国際路線もある。

脚注[編集]