ドイツ軍将兵用売春宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ドイツ軍将兵用売春宿(German military brothels)とは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツによってヨーロッパ各地に作られたドイツ国防軍及びナチス親衛隊兵士用の売春宿である。その大半は新しく作られたが、元々あったものを利用する場合もあった。1942年までに500近い数の軍用売春宿が占領されたヨーロッパ各地に存在した。[1] 差し押さえられたホテルなどを国防軍が警備するなどして運営され、行軍中の兵士や前線から後退した兵士に利用された。[2][3]収容所に設置されたものと合わせて、占領中を通して少なくとも34,140人の女性が被害を受けたと見積もられている。.[4]東ヨーロッパでは多くの場合、女性達は道端で警察、軍によるおとり捜査と称する一斉徴収によって連れて行かれたとされる。[2][3]

東ヨーロッパ[編集]

ポーランド亡命政府の外務省は1941年3月、ドイツ軍によってポーランドの町で性奴隷目的の集団女性誘拐が行われたとする文書を発表した。[5] ソ連でも女性達が売春のために無理やり連れて行かれた。国際軍事法廷での証言"ドイツ軍の指揮でスモレンスクの町にホテルを利用した軍属向けの売春宿が開かれ、数百人の女性達が連れて行かれた。彼女らは無情にも路上で髪や腕をつかまれ引きずられていった。"[6]

逃亡の試み[編集]

ポーランドの雑誌記事によれば、女性達は時に売春宿から逃亡を試みたという。一つの例としては1941年、ノルウェー内ドイツ軍売春宿からポーランド人ロシア人から成るグループの脱走があった。彼女らは地元のルーテル教会に非難し亡命を申請した。彼女らは一日に午後2時~8時半まで各自3ライヒスマルクで32人に上る数の男性を相手にしたという。[5]

強制売春[編集]

1977年、新保守派のドイツ人歴史家[7]フランツ・ザイトラーはドイツ軍売春宿に登録された女性達はすでに戦前から売春を営んでいたと論争をけしかけた。[8][9]他方、社会学教授のRuth Seifertは、主要戦犯裁判が示すとおり、表面上彼女らはドイツ人によって強いられたのであるとの立場を取った。そして1961年ラウル・ヒルバーグの著書によってさらなる確認がされた。[10]

フランス[編集]

フランスのブレストで慰安所に入るドイツ軍兵士(1940年)。建物は以前のユダヤ教施設(シナゴーグ)。

Inse Meineいわく、官僚機構によってそれまで政府が管理していたものを元に、1942年前にしてすでに100近い新たな売春宿の設置があった。[11] 兵士達は陸軍総司令部によって公式に招待カードを配布され、他のフランス人女性と性的関係を持つことを禁じられていた。1941年9月、ヴァルター・フォン・ブラウヒッチュ将軍は全ての若い兵士に、"過剰性欲"防止の観点から毎週売春宿を利用するよう奨めている。女性達は性病の蔓延を鈍化させるために定期的な検診を受けた。[12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Helge Sander, Barbara Johr (Hrsg.), Befreier und Befreite - Krieg - Vergewaltigung - Kinder, Frankfurt a.M. 2005
  2. ^ a b (英語) various authors; Leon Yudkin (1993). “Narrative Perspectives on Holocaust Literature”. In Leon Yudkin, ed.. Hebrew Literature in the Wake of the Holocaust. Fairleigh Dickinson University Press. pp. 13–32. ISBN 0-8386-3499-0. 
  3. ^ a b (英語) Lenten, Ronit (2000). Israel and the Daughters of the Shoah: Reoccupying the Territories of Silence. Berghahn Books. pp. 33–34. ISBN 1-57181-775-1. 
  4. ^ Nanda Herbermann, Hester Baer, Elizabeth Roberts Baer (2000) (Google Books). The Blessed Abyss: Inmate #6582 in Ravensbruck Concentration Camp for Women. Detroit: Wayne State University Press. pp. 33–34. ISBN 0-8143-2920-9. https://books.google.com/books?id=3JM3AdnmE18C&pg=PA34&dq=%22it+is+impossible+to+speak+of+free+will+when+considering+the+circumstances%22&hl=en&ei=_RwrTYmtIov2tgPcpd3XBw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CCYQ6AEwAA#v=onepage&q=%22it%20is%20impossible%20to%20speak%20of%20free%20will%20when%20considering%20the%20circumstances%22&f=false 2011年1月12日閲覧。.  (英語)
  5. ^ a b Cezary Gmyz, Wprost magazine (Number 17/18/2007), "Seksualne Niewolnice III Rzeszy"”. 2008年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月14日閲覧。 (Sex slaves of the Third Reich), pp. 1–3 via Internet Archive (ポーランド語). Retrieved 30 October 2015.
  6. ^ War crimes against women: prosecution in international war crimes tribunals by Kelly Dawn Askin, page 72. ISBN 9041104860.
  7. ^ Richard A. Etlin. Art, Culture, and Media Under the Third Reich. p. 254. ISBN 0226220877. https://books.google.co.uk/books?id=aQXoZ3oZ3-cC&q=Seidler#v=snippet&q=Seidler&f=false. 
  8. ^ Christl Wickert: Tabu Lagerbordell (Camp Bordello Taboo), in: Eschebach/Jacobeit/Wenk: Gedächtnis und Geschlecht (Memory and Gender), 2002, p. 54
  9. ^ Franz W. Seidler, "Prostitution, Homosexualität, Selbstverstümmelung - Probleme der deutschen Sanitätsführung 1939-1945 (Prostitution, Homosexuality, Masturbation - Problems of the German Medical Service, 1939-1945); 1977, p. 154
  10. ^ Ruth Seifert. “War and Rape. Analytical Approaches1”. Women's International League for Peace and Freedom. 2008年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月13日閲覧。 “International Military Tribunal, Nuremberg 1946; Trial of the Major War Criminals, testimony of Jan. 31, 1946, Vol. 6:404ff; Vol. 7:456f; see also Hilberg 1961:126ff; Brownmiller 1978:55ff.”
  11. ^ Inse Meinen, Wehrmacht und Prostitution in besetzten Frankreich. (ドイツ語)
  12. ^ Joanna Ostrowska, Marcin Zaremba, "Do burdelu, marsz!" (Marching on to the brothel). Polityka magazine, No 22 (2707), May 30, 2009; pp. 70-72. (ポーランド語)

参考文献[編集]

  • (ドイツ語)フランツ・ザイトラー 『Prostitution, Homosexualität, Selbstverstümmelung. Probleme der deutschen Sanitätsführung 1939–1945.』 Vowinckel-Verlag, Neckargemünd 1977, ISBN 3-87879-122-4
  • クリスタ・パウル 『ナチズムと強制売春』明石書店 、1996年 ISBN 4750308048