新井明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新井 明(あらい あきら、1925年4月1日 - 2004年7月18日)は、元日本経済新聞社社長。栃木県那須烏山市出身。

来歴・人物[編集]

1949年早稲田大学政治経済学部卒業、日本経済新聞社に入社。1963年政治部長、1970年編集局長となり、取締役労務担当、常務社長室長、副社長大阪本社代表、電波担当などを経て1988年7月、社長に就任。

1991年イトマン事件初公判の冒頭陳述で検察側が「被告が日経の協力者に1,000万円を支払った」と指摘した問題では、直ちに調査委員会を設置して「社内協力者」が実在しないことを証明。検察側には一歩も引かない姿勢を示して、事実上、過ちを認めさせ、言論報道機関としての日経の信用回復に全力を挙げた。

1993年会長、1996年相談役。

公職では、電気通信審議会委員、国際協力事業団運営審議会委員などを歴任。1995年から2000年まで国家公安委員。また日本記者クラブ理事長、早大評議員会長も務めた。余暇で楽しんだのは囲碁競馬だった。いくつもの囲碁会に顔を出す一方、競馬は「英国の生んだ最高の芸術」と愛してやまなかった。

1997年、勲一等瑞宝章を受章。

2004年、79歳で死去。