森田康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森田 康(もりた こう、1924年11月30日 - 1998年8月26日)は、日本のジャーナリスト、元日本経済新聞社代表取締役社長

来歴・人物[編集]

広島県広島市生まれ、旧満州育ち。旧制広島高等学校を経て1947年、東京大学経済学部卒。ニューヨーク特派員、大阪本社編集局長などを経て1970年取締役。1974年常務(社長室長兼電算機本部長)、1979年専務のち1982年社長就任。「経済総合情報機関」を標榜し、データバンク局を設置するなど、他新聞社に先んじて電子メディア戦略を推進、また全国各地で現地印刷に乗り出すなどの積極経営で同社を急成長させた。

しかし1988年のリクルート事件で、江副浩正から以前受け取った未公開株譲渡で売却益を得た事が発覚し同年社長を辞任した。政治家経済人官僚大学教授ら、多くの人物が失脚したこの事件で、江副が「死ぬまで森田さんに顔向けできない」と最も悔やんだのが大学の先輩・森田で、森田辞任の日に江副もリクルートを辞任した。