森田康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もりた こう
森田 康
生誕 (1924-11-30) 1924年11月30日
広島県広島市
死没 (1998-08-26) 1998年8月26日(73歳没)
広島県大野町
出身校 東京大学経済学部
職業 ジャーナリスト

森田 康(もりた こう、1924年11月30日 - 1998年8月26日)は、日本のジャーナリスト、元日本経済新聞社代表取締役社長

来歴・人物[編集]

広島県広島市で生まれ、旧満州育つ。旧制広島高等学校を経て、1947年東京帝国大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社[1]

ニューヨーク特派員、大阪本社編集局長などを歴任後、1970年取締役に選任され電算機本部長委嘱、1974年常務・社長室長兼電算機本部長委嘱、1979年専務、1982年社長[1]

社長時代は「経済総合情報機関」を標榜し、データバンク局を設け、リアルタイムのニュースを配信し、それらの情報を中央紙地方紙にも提供するという「日経テレコン21」の前身となる「日経NEEDS」を始めるなど[2]、ほかの新聞社に先んじて電子メディア戦略を推進した。さらには全国各地で現地印刷に乗り出すなど積極経営で日経を急成長させた。

リクルート創業者の江副浩正は大学の後輩で、古くからのダンス同好の士だった。森田、江副そしてパイオニア社長で元全日本学生チャンピオンの松本誠也は、時々、3人でダンスに興じ、そのあと食事をしながらダンス談義をする間柄だった[2]。森田と江副は年に2、3回は会食を持ち、1984年暮、江副からの願いで、3年後に公開予定のリクルートコスモス(現:コスモスイニシア)株を購入した[3]

1988年、コスモス未公開株の譲渡で売却益を得た事が発覚する(リクルート事件)。同7月、『朝日ジャーナル』が入院中の森田にコスモス株譲渡についてインタビューを行い、それが「政・マスコミ界を汚染するリクルート商法」というタイトルの記事になる[4]。この報道により、日経上層部の間で森田の社長退任論が高まり、7月5日、森田が社長を辞任するようだとの噂がリクルート広報室に入る。その夜、江副は真偽を確かめるべく、日経の鶴田卓彦専務に電話をするが、鶴田は「朝日ジャーナルにあそこまで書かれると、森田社長の退任は避けられないんじゃないかなぁ」と言い、江副は事実に反する報道であることを伝えたいと思い、圓城寺次郎会長に電話し、内々の面談を願い出て、翌日の朝7時に大手町の日経本社を訪ねた。だが、圓城寺は「いまとなってはもう遅いなぁ」と淡々とした表情で言い、江副は「分かりました」とすぐ辞去した[5]。その日に開催された臨時取締役会で入院中の森田の辞任と政治畑出身で副社長だった新井明の社長昇格が決まった[2]。日経は記事によって株価が動くこともある。このため、記者には上場会社の株式の所有を禁じる内規がある。にもかかわらず、コスモス株を譲り受け売却益を得たことが退任の理由だった[3]

政治家経済人官僚大学教授ら、多くの人物が失脚したこの事件で、江副が「死ぬまで森田さんに顔向けできない」と最も悔やんだのが大学の先輩・森田であり、森田辞任の日の夜、自らの申し出でリクルートとコスモス会長の辞任が決定した[6]

1998年8月26日心不全で死去。73歳没[1]

2001年電通から「マスコミ功労者顕彰」が追贈される[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本経済新聞』1998年8月27日
  2. ^ a b c 『リクルート事件・江副浩正の真実』p.17
  3. ^ a b 『リクルート事件・江副浩正の真実』p.19
  4. ^ 『リクルート事件・江副浩正の真実』p.15
  5. ^ 『リクルート事件・江副浩正の真実』p.16 - 17
  6. ^ 『リクルート事件・江副浩正の真実』p.20
  7. ^ 「電通 マスコミ功労に故人19人を顕彰」『日本経済新聞』2001年6月28日

参考文献[編集]