日経ウィークリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日経ウィークリー
THE NIKKEI WEEKLY
種類 週刊紙

事業者 日本経済新聞社
本社 東京大阪
創刊 1963年1月
廃刊 2013年9月30日
前身 JAPAN ECONOMIC JOURNAL(1991年、現題号改題)
言語 日本語
ウェブサイト http://www.nikkei4946.com/sb/
テンプレートを表示

日経ウィークリー英文日経、英語:THE NIKKEI WEEKLY)は、日本経済新聞社が発行していた英字週刊新聞。

概要[編集]

1963年1月に前身の「JAPAN ECONOMIC JOURNAL」として発行して以来、原則毎週月曜日の発行で、日本経済新聞と関連紙に掲載されたその週の経済ニュースの中から特に重要なテーマを選んで解説していた。2003年以降は、タブロイド版(一般紙のブランケットの半分)のサイズにて発行していた。1991年日経ウィークリーに改称。

また、2003年から毎週木曜22:30から23:00(以前は金曜日23:00から23:30。再放送・土曜日17:30から18:00、2006年度夏季は中央競馬薄暮競走開催のため日曜21:00から21:30)にラジオ日経第1放送で「英語で知ろうビジネスの世界 Let's Read The Nikkei Weekly」がグレゴリー・クラーク(経済学者)のディスクジョッキーで放送され、この番組で当新聞に掲載されている重要な経済関連記事を題材にした英語講座が行われていた。

2013年秋、「Nikkei Asian Review」に統合し、インターネット媒体(パソコン通信携帯電話<含・スマートフォン>、タブレットPC)と新聞媒体を一体化したアジアの経済に特化した経済専門のサイト・新聞にリニューアルされ、日経ウィークリーは2013年9月30日で廃刊した。(公式サイトより)

外部リンク[編集]