萬直次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

萬 直次(よろず なおじ、1902年1月5日 - 1973年12月12日)は、日本ジャーナリスト新聞社経営者。元日本経済新聞社社長。北海道小樽市出身。

経歴[編集]

1926年に早稲田大学政経学部を卒業し、中外商業新報社(現日本経済新聞社)に入社。政治部記者・編集局次長・工務局長などを歴任し、1945年に取締役となる。その後常務・専務を経て、1956年社長に就任。就任後は積極的な経営政策をとり、設備の近代化・通信網の拡大・マーケティング活動の拡張などを推進した他、1964年には東京大手町に新社屋を建設した。経済専門紙としての同紙の飛躍的な発展の基を築き、後任社長の圓城寺次郎とともに「中興の祖」と呼ばれる。1968年会長、1972年顧問。また、日本新聞協会会長もつとめ、日本記者クラブの創設や日本プレスセンタービルの設立などにも尽力した。

参考文献[編集]

  • 「日本人名大事典」、平凡社、1979年
  • 「日本経済新聞社120年史」、日本経済新聞社、1996年