真鍋呉夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真鍋 呉夫(まなべ くれお、1920年1月25日 - 2012年6月5日)は日本作家文筆家俳人

来歴・人物[編集]

福岡県遠賀郡岡垣村(現・岡垣町)生まれの父甚兵衛、母オリとも俳人で父は天門(てんもん)、母は織女(おりじょ)と号していた。

福岡商業学校卒業後、1939年阿川弘之島尾敏雄那珂太郎らと同人誌「こをろ」を創刊。

1941年文化学院文学部に入学。句集『花火』(こをろ発行所)を自費出版。1946年復員後、北川晃二と一緒に文芸誌「午前」の編集に携わり、同郷の檀一雄を頼って1949年上京。檀一雄との交流は長く、その後30年にわたり兄事した。

1949年、第一創作集『サフォ追慕』にて第21回芥川賞候補となり、新進作家として注目された。

1949年の創作集『二十歳の周囲』は、「こをろ」グループの青春を抒情的に描いている。

1992年、第2句集『雪女』(冥草舎)で藤村記念歴程賞を、翌年読売文学賞を受賞した。2010年、句集『月魄』で蛇笏賞を受賞。 俳句としては艶冶(えんや)な作風である。

2012年6月5日、誤嚥性肺炎のため永眠[1]。92歳没。

著書[編集]

  • 月見草 偕成社 1949
  • サフォ追慕 大日本雄弁会講談社 1949 (新鋭文学選書)
  • 二十歳の周囲 全国書房 1949
  • 天命 ユリイカ 1952
  • 織田信長 豪気奇才の英傑 偕成社 1953 (偉人物語文庫)
  • 内灘 その砂丘にえがく新しい歴史 私たちの報告 第1集 朝日書房 1953
  • 悲しき野みち 偕成社 1954
  • 嵐の中の一本の木 理論社(1954)
  • フランクリン 講談社 1955 (世界伝記全集)
  • 赤い空 パトリア 1957
  • 八幡太郎義家 講談社 1958 (少年少女日本歴史小説全集)
  • 異物 パトリア 1958 (新鋭作家叢書 )
  • ジェンナー 少年少女世界伝記全集 4(イギリス編) 講談社 1961
  • 虫の勇気 西域小説集 経済展望新社(1973)
  • 飛ぶ男 東京新聞出版局 1979.2
  • 月と四十九ひきめのカエル 新学社 1988.4 (少年少女こころの図書館)
  • 花火 句集 沖積舎 1993.6
  • 評伝 火宅の人-檀一雄 沖積舎(1988/9)
  • 石川啄木 病と貧しさにたちむかい、文学一筋に生きた天才詩人 新学社 1991 (少年少女こころの伝記)
  • 源義経 源平の合戦をかなしく彩る若き戦の天才 新学社 1991 (少年少女こころの伝記)
  • 雪女 句集 沖積舎 1993.6
  • 定本雪女 真鍋呉夫句集 邑書林 (1998/7)
  • 夢みる力 わが詞華感愛抄 1998.11 (ふらんす堂文庫)
  • 露のきらめき 昭和期の文人たち KSS出版 1998.11
  • 眞鍋呉夫句集 宗左近編 芸林書房 2002.4 (芸林21世紀文庫)
  • 月魄(つきしろ) 句集 邑書林 2009.1

共編著[編集]

  • 祖国の地図 ルポルタージュ 1955 (三一新書)
  • 雲に鳥 真鍋立彦共著 大和美術印刷出版部 1981.4 (日本きゃらばん文庫
  • 覇権争奪 堀誠共著 講談社 1998.2 (中国の群雄

翻訳[編集]

  • 三略 中国古典兵法書 教育社 1987.6 のち中公文庫

 参考文献 [編集]

  • 多田茂治『戦中文学青春譜-「こをろ」の文学者たち』海鳥ブックス(2006/02)ISBN 4-87415-560-X
  • 『ふくおか風土記 文化-芸術編(改訂版)』

脚註[編集]

  1. ^ 訃報:真鍋呉夫さん92歳=俳人、作家 毎日新聞 2012年6月8日閲覧