長野泰一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長野 泰一(ながの やすいち、1906年6月22日 - 1998年2月9日)は日本のウイルス学者。東京大学教授。元日本ウイルス学会会長。三重県尾鷲市出身。

1954年、生体における抗ウイルス免疫の研究中にウイルス増殖を抑制するサイトカインであるインターフェロン小島保彦とともに発見した。

略歴[編集]

受賞・栄誉[編集]

著書[編集]

  • 「インターフェロンとは何か ガン制圧への期待」講談社 1982年
  • 「最新ウイルス・リケッチア学 第1」医歯薬出版 1957年

参照[編集]