アレックス・サモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレックス・サモンド
Alexander Elliot Anderson Salmond
Alex Salmond, First Minister of Scotland.jpg
生年月日 (1954-12-31) 1954年12月31日(62歳)
出生地 スコットランドの旗 スコットランドリンリスゴー
出身校 セント・アンドルーズ大学
所属政党 スコットランド国民党
テンプレートを表示

アレクサンダー・エリオット・アンダースン・サモンド英語: Alexander Elliot Anderson Salmond1954年12月31日 - )は、スコットランドの政治家。通称アレックス・サモンドまたはアレックス・サーモンド英語: Alex Salmond)。

経歴[編集]

エディンバラの西32kmに位置するリンリスゴー生まれ。地元の高校を卒業後、セント・アンドルーズ大学経済学中世史学を学んだ。

卒業後、スコットランド省公務員となり、農水部門で約2年勤務した。のちロイヤルバンク・オブ・スコットランドで7年間、主に石油関連のエコノミストとして働いた。

1987年6月11日庶民院(イギリス下院)議員に初当選する。2004年9月3日スコットランド国民党党首となり、スコットランド議会やスコットランド自治政府(行政府)の設置を実現させた。2007年5月16日スコットランド自治政府首相に就任した[1]

みずから主導してイギリス政府を説得、2014年スコットランド独立住民投票実施の合意を獲得した。2014年9月19日、独立が否決された責任を取り首相と党首の辞任を表明、「指導者としての私の時間はもうすぐ終わるが、スコットランドの独立運動は今後も続く。夢は決して終わらない」と語った[1][2]

2017年イギリス総選挙では保守党候補に敗れ落選した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
ジャック・マコーネル英語版
スコットランド自治政府首相
2007年 - 2014年
次代:
ニコラ・スタージョン