ライアン・プレイフェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代プレイフェア男爵
ライアン・プレイフェア
Lyon Playfair, 1st Baron Playfair
Lyon Playfair.jpg
生年月日 1818年5月1日
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国ベンガル地方チュナール
没年月日 1898年5月29日
死没地 イギリスの旗 イギリスロンドン
出身校 エディンバラ大学
セント・アンドルーズ大学
所属政党 自由党
称号 一等バス勲章勲爵士 (GCB)
枢密顧問官 (PC)
王立協会フェロー (FRS)
配偶者 (1) マーガレット・オークス
(2) ジーン・ミリントン
(3) エディト・ラッセル

内閣 第1次グラッドストン内閣
在任期間 1873年11月18日 - 1874年2月17日
国王 ヴィクトリア

内閣 第2次グラッドストン内閣
在任期間 1880年 - 1883年
国王 ヴィクトリア

内閣 第3次グラッドストン内閣
在任期間 1886年2月13日 - 1886年7月20日
国王 ヴィクトリア

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 エディンバラ大学・セント・アンドルーズ大学選挙区英語版
リーズ南選挙区英語版
在任期間 1868年英語版 - 1885年英語版
1885年英語版 - 1892年英語版
国王 ヴィクトリア
テンプレートを表示

初代プレイフェア男爵英語版、ライアン・プレイフェア: Lyon Playfair, 1st Baron Playfair, GCB, PC, FRS1818年5月1日1898年5月29日)はスコットランド化学者、政治家である。

生涯[編集]

英国統治下のインドベンガル地方チュナールで、病院の監察官の息子として生まれた。セント・アンドルーズ大学で学び、グラスゴーのアンダーソニアン研究所(ストラスクライド大学英語版の前身)、エディンバラ大学で学んだ。インドへ赴いた後、1837年の終わりに、ロンドン大学トーマス・グレアムの実験室の助手となり、1839年にギーセン大学ユストゥス・フォン・リービッヒのもとで働いた。

イギリスに戻った後、繊維工場の工場長を務めた後、1843年にマンチェスター王立研究所の化学の教授になり、ロバート・アンガス・スミスと働いた。2年後、イギリス地質調査所で働き、その後新たに創立された王立鉱山学校の教授となった。1848年に王立協会の会員に選ばれ[1]、1851年のロンドン万国博覧会委員会のメンバーを務めた。

1851年にGentleman Usher[訳語疑問点]に任じられ[2]、1853年に科学局の事務局長を務め、1855年にパリ万国博覧会の委員となり、2年後にイギリス化学会Chemical Society)の会長となった。1858年にエディンバラ大学の教授となった。

1868年から1885までセント・アンドルーズ大学およびエディンバラ大学の大学選挙区選出の、1885年から授爵される1892年までリーズ南選挙区選出の自由党所属庶民院議員。1873年に枢密顧問官に列せられ[3]第1次グラッドストン内閣では閣外相として郵政大臣Postmaster General of the United Kingdom; 郵政公社総裁)を務めた[4]。1885年にイギリス科学振興協会英語版の会長を任じられ、1889年に枢密院教育委員会の副委員長なども務めた。

1851年にバス勲章コンパニオンを[5]、1883年にバス勲章ナイト・コマンダーを[6]、1895年にバス勲章ナイト・グランド・クロスを受勲した[7]。1892年に「カウンティ・オヴ・ファイフにおけるセント・アンドルーズのプレイフェア男爵」に叙された[8]

友人のチャールズ・ホイートストンが考案した、プレイフェア暗号に名前が残されている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Playfair; Lyon (1818 - 1898); 1st Baron Playfair” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年5月3日閲覧。
  2. ^ The London Gazette: no. 21258. p. 2833. 1851年10月31日2012年5月13日閲覧。
  3. ^ The London Gazette: no. 24045. p. 5869. 1873年12月16日2012年5月3日閲覧。
  4. ^ The London Gazette: no. 24037. p. 5146. 1873年11月21日2012年5月13日閲覧。
  5. ^ The London Gazette: no. 21257. pp. 2812–2813. 1851年10月28日2012年5月13日閲覧。
  6. ^ The London Gazette: no. 25220. p. 1899. 1883年4月10日2012年5月13日閲覧。
  7. ^ The London Gazette: no. 26633. p. 3315. 1895年6月11日2012年5月13日閲覧。
  8. ^ The London Gazette: no. 26323. p. 5090. 1892年9月6日2012年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
新設 エディンバラ大学・セント・アンドルーズ大学選挙区英語版選出庶民院議員
1868年英語版1885年英語版
次代:
ジョン・マクドナルド英語版
新設 リーズ南選挙区英語版選出庶民院議員
1885年英語版1892年英語版
次代:
サー・ジョン・ローソン・ワトソン英語版
先代:
ヘンリー・セシル・レイクス英語版
歳入委員長英語版
1880年–1883年
次代:
サー・アーサー・オトウェイ準男爵英語版
公職
先代:
ウィリアム・モンセル英語版
郵政大臣英語版
1873年–1874年
次代:
ジョン・マナーズ卿
先代:
サー・ヘンリー・ホランド準男爵英語版
教育委員会副委員長英語版
1886年
次代:
サー・ヘンリー・ホランド準男爵英語版
イギリスの爵位
新設 プレイフェア男爵英語版
1892年–1898年
次代:
ジョージ・ジェイムズ