セント・アンドリュース オールドコース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Old Course
Swilken Bridge, Old Course geograph-6310525-by-Gordon-Hatton.jpg
概要
セント・アンドリュース オールドコースの位置(ファイフ内)
セント・アンドリュース オールドコース
座標北緯56度21分5秒 西経2度48分58秒 / 北緯56.35139度 西経2.81611度 / 56.35139; -2.81611座標: 北緯56度21分5秒 西経2度48分58秒 / 北緯56.35139度 西経2.81611度 / 56.35139; -2.81611
所在地セント・アンドルーズ スコットランド
開業1552
種類Public
所有者ファイフ議会[1]
管理者St Andrews Links Trust
ホール数18
開催大会全英オープン選手権
ウェブサイトOld Course
パー72
全長7,305ヤード (6,680 m)
コースレコード62; Victor Dubuisson, George Coetzee (2012),[2] ポール・ケーシー (2013), Tommy Fleetwood, Louis Oosthuizen (2014)

セント・アンドリュース オールドコース(Old Course at St Andrews)は、スコットランドファイフセント・アンドルーズに所在する世界最古のゴルフ場[3][4]。セント・アンドリュース・リンクス (St Andrews Links) のコースのひとつであり、ゴルフの聖地とも呼ばれており、全英オープン全英女子オープンの開催実績を持つ名門ゴルフ場である。

概要[編集]

セント・アンドルーズ・リンクス (St Andrews Links) のうちの一つである本オールドコースは、1552年に作られ世界で最も古いコースとされている。このコースは“あるがまま”を理念としており、世界で唯一つ“神と自然が創り給うたコース”と畏敬の念をもって呼ばれている。名所のホールには偉大な名選手の名前が記念され、10番ホールには「ボビー・ジョーンズ」、最終18番には「トム・モリス」(オールド・トム・モリスのこと)の名が冠されている。いくつかのホールでは、グリーンがアウト(フロント・ナイン)とイン(バック・ナイン)とで共用となっており、カップの旗の色もアウトとインで区分けされている。オールドコースには全部で112個のバンカーがあり、その中でも14番ホール(パー5)の「ヘル・バンカー」(Hell Bunker)と、17番ホール(パー4)の「ロード・ホール・バンカー」(Road Hole Bunker)が有名である。なお、ヘル・バンカーはここに落としたら“地獄”の意味だが、現在の選手たちのクラブ飛距離であれば、第2打と第3打の距離配分により問題なく通り越せることが多くなった。

11番ホール(パー3)は世界一難しいショートホールと言われている。距離はそう長くもなく(174y)、障害物もバンカーと奥のイーデン川のみで、風がなければ問題のないホールだが、ちょっとでも風が吹けばたちまち世界一難しいショートホールに変わってしまう。また、バンカーに入れば脱出するのが難しく、大きくスコアを落としてもおかしくない。

最大の名物ホールは17番ホール(パー4)である。第1打はコース内にあるホテルを越えて打たなければならない。そして、第2打をグリーンに乗せるのに失敗すると、パーのキープが非常に難しくなる。グリーンの右方向には線路の跡があり(ここには1969年まで列車が走っていたというが、それも“あるがまま”残してある)、グリーンの手前には有名な「ロード・ホール・バンカー」が待ち受けている。多くの選手がこのバンカーで辛酸をなめてきたが、1978年の大会で日本の中島常幸がそれにつかまり(パーオンの後の第3打のパットがオーバーしてバンカー入り)、脱出に4打を要し結局9打でホールアウトという大叩きで、日本人男子選手初のメジャー大会優勝のチャンスを逃した。このロード・ホール・バンカーは英語では"The Sands of Nakajima"[5][6][7](ナカジマの砂場[8])、日本語では「トミーズバンカー[8][9](トミーは中嶋の愛称)などと呼ばれることもある。

近年に開催された全英オープンでは、2000年2005年タイガー・ウッズが優勝し、1995年にはジョン・デーリーアメリカ)、1990年にはニック・ファルドイギリス)が優勝している。5年ぶり2度目の全英オープン優勝により、ウッズはセント・アンドルーズにて“コース2連覇”を達成した。

聖地とされるオールドコースは世界中のゴルファーに非常に人気があり、特に夏場は競争率が高く、ほぼキャンセル待ちの状態になる。

2015年9月には投票により女性にも会員資格が与えられ、アン王女アニカ・ソレンスタムらが会員となった。

2018年には当地で全英シニアオープンが開催された。2022年には第150回記念大会となる全英オープン、2024年にも三度目のAIG女子オープンの開催が予定されている。

スコアカード[編集]

ホール 愛称 ヤード パー ホール 愛称 ヤード パー
1 Burn 376 4 10 Bobby Jones 386 4
2 Dyke 453 4 11 High (In) 174 3
3 Cartgate (Out) 397 4 12 Heathery (In) 348 4
4 Ginger Beer 480 4 13 Hole O'Cross (In) 465 4
5 Hole O'Cross (Out) 568 5 14 Long 618 5
6 Heathery (Out) 412 4 15 Cartgate (In) 455 4
7 High (Out) 371 4 16 Corner of the Dyke 423 4
8 Short 175 3 17 Road 495 4
9 End 352 4 18 Tom Morris 357 4
Out 3,584 36 In 3,721 36
Source:[4] Total 7,305 72

脚注[編集]

  1. ^ St Andrews Link Trust appointment”. Scottish Government website (2002年1月14日). 2014年6月24日閲覧。
  2. ^ “Dunhill Links: Branden Grace equals tour record with round of 60”. BBC News. (2012年10月4日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/golf/19838094 2013年2月19日閲覧。 
  3. ^ Scottish Golf History – Oldest Golf Sites”. 2013年2月19日閲覧。
  4. ^ a b St Andrews – The Old Course”. 2012年9月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月19日閲覧。
  5. ^ Has golf's most notorious bunker become a shallow of its former self? St Andrews hazard has been moved away from green and lowered by 2ft”. The Herald (2002年12月5日). 2021年4月11日閲覧。
  6. ^ Matt Bonesteel (2015年7月16日). “Hell, the Coffins and Deacon Sime: The terrifying bunkers of St. Andrews”. The Washington Post. 2021年4月11日閲覧。
  7. ^ Brennan Quinn (2020年4月22日). “The pro who made a 13 in the Masters and a 9 in the British Open”. Golf Digest. 2021年4月11日閲覧。(初出1979年2月)
  8. ^ a b オールドコースのバンカーたち”. ゴルフダイジェスト (2015年7月15日). 2021年4月11日閲覧。
  9. ^ 中嶋常幸が語るトミーズバンカーの秘話「あそこで4回も打ったんだから怖いものはない」”. ゴルフネットワーク (2015年8月2日). 2021年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]