村岡健次 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村岡 健次(むらおか けんじ、1935年 - )は、日本の歴史学者和歌山大学甲南大学名誉教授。専門はイギリス近代史。文学博士(京都大学)。

来歴[編集]

神奈川県出身。1959年京都大学文学部史学科卒業。1964年京都大学大学院文学研究科博士課程修了。和歌山大学教授、甲南大学教授、大手前大学教授を歴任。1987年 京都大学 文学博士 博士論文は「ヴィクトリア時代の政治と社会 」。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ヴィクトリア時代の政治と社会』(ミネルヴァ書房、1980年/新装版、1995年)
  • 『近代イギリスの社会と文化』(ミネルヴァ書房、2002年)
  • 『イギリスの近代・日本の近代 異文化交流とキリスト教』(ミネルヴァ書房、2009年)

共著[編集]

共編著[編集]

監修[編集]

  • (望田幸男)『家族』(ミネルヴァ書房、1998年)
  • (望田幸男)『エリート教育』(ミネルヴァ書房、2001年)

訳書[編集]

  • 河村貞枝)A. ブリッグズ『ヴィクトリア朝の人びと』 (ミネルヴァ書房、1988年/新装版、1995年)
  • (松村昌家)G.M.ヤング『ある時代の肖像 ヴィクトリア朝イングランド』(ミネルヴァ書房、2006年)