チャールズ・ウッド (初代ハリファックス子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代ハリファックス子爵
チャールズ・ウッド
Charles Wood
1st Viscount Halifax
1stViscountHalifax.jpg
1870年頃のハリファックス卿
生年月日 1800年12月20日
没年月日 (1885-08-05) 1885年8月5日(84歳没)
出身校 オックスフォード大学オリオル・カレッジ
所属政党 ホイッグ党自由党
称号 初代ハリファックス子爵、第3代ウッド准男爵バス勲章ナイト・グランド・クロス(GCB)、枢密顧問官(PC)
配偶者 メアリー(旧姓グレイ)
親族 第2代グレイ伯爵岳父
第2代ハリファックス子爵英語版(長男)
初代ハリファックス伯爵(孫)

内閣 第一次ラッセル内閣
在任期間 1846年7月6日 - 1852年2月21日[1]

内閣 アバディーン伯爵内閣、第一次パーマストン子爵内閣
第二次パーマストン子爵内閣、第二次ラッセル伯爵内閣
在任期間 1852年12月30日 - 1855年3月3日
1859年6月18日 - 1866年2月[1]

内閣 第一次パーマストン子爵内閣
在任期間 1855年3月3日 - 1858年2月[2]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 グレート・グリムズビー選挙区英語版
ウェアハム選挙区英語版
ハリファックス選挙区英語版
リポン選挙区英語版
在任期間 1826年6月9日 - 1831年7月25日
1831年5月2日 - 1832年12月12日
1832年12月10日 - 1865年7月11日
1865年7月11日 - 1866年2月21日[3]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1866年 - 1885年[3]
テンプレートを表示

初代ハリファックス子爵チャールズ・ウッド英語: Charles Wood, 1st Viscount Halifax, GCB, PC1800年12月20日 - 1885年8月5日)は、イギリスの政治家、貴族。

19世紀中期頃のホイッグ党自由党政権下で閣僚職を歴任した。

経歴[編集]

若い頃のウッドを描いた絵画(ジョージ・ヘイター英語版画)

1800年12月20日、第2代准男爵サー・フランシス・リンドリー・ウッドとその妻アン(旧姓バック)の長男として生まれる[4]

イートン校を経てオックスフォード大学オリオル・カレッジに進学。1821年バチェラー・オブ・アーツ(BA)、1824年にマスター・オブ・アーツ英語版(MA)の学位を取得[4]

1826年から1831年にかけてグレート・グリムズビー選挙区英語版から庶民院議員に選出された。その後も1831年から1832年にかけてはウェアハム選挙区英語版、1832年から1865年にかけてはハリファックス選挙区英語版、1865年から1866年にかけてはリポン選挙区英語版から選出された[4]

ホイッグ党に所属し[5]1829年には同党幹部の第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイの娘メアリーと結婚した[4]。グレイ伯爵は要職を親族で固める傾向があったため、彼もこの結婚以降党の重職に登用されるようになった[5]

ホイッグ党が政権をとっていた期間には閣僚職を歴任した。グレイ伯爵内閣期の1832年から1834年にかけては大蔵省政務次官英語版、第二次メルバーン子爵内閣期の1835年から1839年にかけては海軍省政務次官英語版、第一次ジョン・ラッセル卿内閣期の1846年から1852年には財務大臣を務めた[4][3]。財務大臣時代には財政問題をめぐって首相ラッセルと対立を深めた。この対立は同時期のラッセルと外務大臣パーマストン子爵の対立と合わせて、1848年から1850年頃にかけてのラッセルの権威低下の一因となった[6]

1846年には父から准男爵位を継承した[4]

ピール派(保守党自由貿易派)との連立には否定的な立場をとっていたが[7]1852年から1855年にかけて成立したホイッグ党とピール派の連立政権アバディーン伯爵内閣にはインド監督庁長官英語版として入閣している[4][3]1853年にはインド統治法案の議会通過に尽力した[8]。また同内閣でラッセルが推進していた選挙法改正に対しては、クリミア戦争勃発前には前向きな姿勢をとっていたが、1854年の戦争勃発後は他の閣僚たちと同様に延期を主張するようになった(アバディーン伯爵の決定で延期された)[9]。つづく第一次パーマストン子爵期の1855年から1858年にかけては海軍大臣英語版として入閣した[2]

1858年から1859年にかけてはクラレンドン伯爵グランヴィル伯爵ら他のホイッグ党幹部とともにパーマストン子爵とラッセルの和解を推進することで自由党結成に尽力した[10]

自由党政権の第二次パーマストン子爵内閣と第二ラッセル伯爵内閣期の1859年から1866年にかけてはインド担当大臣英語版を務めた[1]。1866年にハリファックス子爵に叙せられ、貴族院議員に列した[3]第一次グラッドストン内閣期の1870年から1874年にかけて王璽尚書を務めた[4][3]

1885年8月8日に84歳で死去した[4]


栄典[編集]

アンソニー・ド・ブリー画のハリファックス卿

家族[編集]

1829年に第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイの娘メアリーと結婚し、彼女との間に以下の7子を儲ける[4]

  • 第1子(長女)ブランチェ・エディス・ウッド閣下(-1921)
  • 第2子(次女)アリス・ルイーザ・ウッド閣下(-1934)
  • 第3子(長男)第2代ハリファックス子爵チャールズ・ウッド英語版(1839-1934)
  • 第4子(三女)エミリー・シャーロット・ウッド(1840-1904)
  • 第5子(次男)フランシス・リンドリー・ウッド大尉閣下(1841-1873)
  • 第6子(三男)ヘンリー・ジョン・リンドリー・ウッド中佐閣下(1843-1903)
  • 第7子(四男)フレデリック・ジョージ・リンドリー・ウッド閣下(1846-1910)


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 秦(2001) p.511
  2. ^ a b 秦(2001) p.510
  3. ^ a b c d e f UK Parliament. “Mr Charles Wood” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年5月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n Lundy, Darryl. “Charles Wood, 1st Viscount Halifax” (英語). thepeerage.com. 2014年5月22日閲覧。
  5. ^ a b 君塚(1999) p.61
  6. ^ 君塚(1999) p.92
  7. ^ 君塚(1999) p.107
  8. ^ 君塚(1999) p.121
  9. ^ 君塚(1999) p.133
  10. ^ 君塚(1999) p.151

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
エドワード・エリス英語版
イギリスの旗 大蔵省政務次官英語版
1832年1834年
次代:
サー・ジョージ・クラーク准男爵英語版
先代:
ジョージ・ロバート・ドーソン英語版
イギリスの旗 海軍省政務次官英語版
1835年1839年
次代:
リチャード・モア・オフェラル英語版
先代:
ヘンリー・ゴールバーン英語版
イギリスの旗 財務大臣
1846年1852年
次代:
ベンジャミン・ディズレーリ
先代:
ジョン・チャールズ・ヘリス英語版
イギリスの旗 インド監督庁長官英語版
1852年1855年
次代:
ロバート・ヴァーノン・スミス英語版
先代:
サー・ジェームズ・グラハム准男爵
イギリスの旗 海軍大臣英語版
1855年1858年
次代:
サー・ジョン・パーキングトン准男爵英語版
先代:
スタンリー卿
イギリスの旗 インド担当大臣英語版
1859年1866年
次代:
第3代ド・グレイ伯爵
先代:
初代キンバリー伯爵
イギリスの旗 王璽尚書
1870年1874年
次代:
第3代マームズベリー伯爵
グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ウィリアム・ダンカム英語版
チャールズ・テニソン英語版
グレート・グリムズビー選挙区英語版選出庶民院議員
1826年1831年
同一選挙区同時当選者
ジョージ・ヘニッジ英語版(1826–1830)
ジョージ・ハリス(1830-1831)
次代:
ジョン・シェリー英語版
ジョージ・ハリス
先代:
ジョン・キャルクラフト英語版
ジェームズ・ユーイング英語版
ウェアハム選挙区英語版選出庶民院議員
1831年1832年
次代:
ジョン・ヘールズ・キャルクラフト
新設 ハリファックス選挙区英語版選出庶民院議員
1832年1865年
同一選挙区同時当選者
ロードン・ブリッジス(-1835)
ジェームズ・ステュアート=ワートレイ英語版(1835–1837)
エドワード・プロスロー(1837–1847)
ヘンリー・エドワーズ英語版(1847–1852)
フランシス・クロスレイ英語版(1852–1859)
ジェームズ・スタンスフェルド英語版(1859-1865)
次代:
エドワード・エイクロイド英語版
ジェームズ・スタンスフェルド英語版
先代:
ジョン・グリーンウッド
レジナルド・ヴァイナー
リポン選挙区英語版選出庶民院議員
1865年1866年
同一選挙区同時当選者
ロバート・カースリー
次代:
ロバート・カースレー
ジョン・ヘイ卿英語版
イギリスの爵位
新設 初代ハリファックス子爵
1866年1885年
次代:
チャールズ・ウッド英語版
グレートブリテンの準男爵
先代:
フランシス・ウッド
第3代ウッド准男爵
1846年1885年
次代:
チャールズ・ウッド英語版