インド庁長官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インド庁長官
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg
インド庁
所属組織 内閣
枢密院
任命 英国君主
首相の助言による
任期 特定の任期間なし
創設 1784年9月4日
初代 タウンゼント・シドニー
最終代 エドワード・スタンリー
廃止 1858年8月2日

インド庁長官(英:President of the Board of Control)はイギリス内閣にかつて存在した閣僚職。インドを植民地支配するイギリス東インド会社の監督のために1784年にイギリス首相ウィリアム・ピット(小ピット)が創設したインド庁を統括した。1858年にインド統治が東インド会社による統治からヴィクトリア女王の直接統治に切り替えられた際、インド大臣に改組された。

歴代長官[編集]

歴代長官一覧[1][2]
      ホイッグ           トーリー           保守党
肖像                

氏名

期間 所属政党 内閣
Viscount Sydney by Gilbert Stuart.jpg 初代シドニー子爵

トーマス・タウンゼンド

在任中の1789年にシドニー子爵に叙せられた。

1784年

9月4日

1790年3月6日 ホイッグ 第1次ピット内閣
1st Baron Grenville-cropped.jpg 初代グレンヴィル男爵

ウィリアム・グレンヴィル

1790年

3月6日

1793年

6月22日

トーリー


(ピット派)

Henry Dundas, 1st Viscount Melville by Sir Thomas Lawrence.jpg ヘンリー・ダンダス

1802年にメルヴィル子爵に叙された。

1793年

6月22日

1801年

4月25日

トーリー
George Legge, Viscount Lewisham, later 3rd Earl of Dartmouth, 1778, by Batoni.jpg


第3代ダートマス伯爵

ジョージ・レッグ

1801年

4月25日

1802年

7月2日

トーリー アディントン内閣
Lord Castlereagh Marquess of Londonderry.jpg 第2代カスルリー子爵
ロバート・ステュアート
1802年

7月2日

1806年

2月11日

トーリー
第2次ピット内閣
Gilbert Eliot, 1st Earl of Minto by James Atkinson.jpg 初代ミント―伯爵
ギルバート・エリオット=

マーレイ=キニンマウンド

1806年

2月11日

1806年

7月15日

ホイッグ 総人材内閣
Thomas Grenville (1755-1846).jpg トーマス・グランヴィル 1806年

7月15日

1806年

12月30日

ホイッグ
George Tierney by William Nutter, after Lemuel Francis Abbott.jpg


ジョージ・ティアニー

1806年

9月30日

6 April

1807
ホイッグ
Robert Saunders Dundas, 2nd Viscount Melville.jpg ロバート・ダンダス

1811年に第2代メルヴィル子爵位を承継。

1807年

4月6日

1809年

7月11日

トーリー 第2次ポートランド内閣
1stEarlOfHarrowby.jpg

初代ハロビー伯爵

ダドリー・リンダー

1809年

7月11日



1809年

11月

トーリー
パーシヴァル内閣
Robert Saunders Dundas, 2nd Viscount Melville.jpg 第2代メルヴィル子爵

ロバート・ダンダス

1809年

11月

1812年

4月4日

トーリー
4thEarlOfBuckinghamshire.jpg

第4代バッキンガムシャー伯爵

ロバート・ホバート

1812年

4月4日


1816年

6月4日

トーリー
リヴァプール内閣
George Canning by Richard Evans - detail.jpg

ジョージ・カニング


1816年

6月4日

1821年6月 トーリー
No image.svg チャールズ・バサースト 1821年

6月

1822年

2月4日

Charles Watkin Williams-Wynn.JPG チャールズ・ウィリアム=ウィン 1822年

2月4日

1828年

2月4日

トーリー
カニング内閣

(カニング派)

ゴドリッチ内閣

(カニング派)

第1次ウェリントン内閣
Robert Saunders Dundas, 2nd Viscount Melville.jpg 第2代メルヴィル子爵

ロバート・ダンダス

1828年

2月4日

1828年

9月17日

トーリー
1stEarlOfEllenborough.jpg 初代エレンバラ男爵
エドワード・ロウ


1844年にエレンバラ伯爵に叙された。
1828年

9月17日

1830年

12月1日

トーリー
Lord-glenelg.jpg チャールズ・グラント 1830年

12月1日

1834年

9月18日

ホイッグ グレイ内閣
第1次メルバーン内閣
1stEarlOfEllenborough.jpg 初代エレンバラ男爵
エドワード・ロウ
1834年

9月18日

1835年

4月23日

保守党 第1次

ピール内閣

John Cam Hobhouse.jpg
サー・ジョン・ホブハウス
1835年

4月23日

1841年

8月30日

ホイッグ 第2次メルバーン内閣
1stEarlOfEllenborough.jpg 初代エレンバラ男爵
エドワード・ロウ


1841年

9月4日

1841年

10月23日

保守党 第2次

ピール内閣

No image.svg 第2代フィッツジェラルド=ヴィージー男爵

ウィリアム・ヴィージー=フィッツジェラルド

1841年

10月23日

1843年

5月17日

保守党
Frederick John Robinson, 1st Earl of Ripon by Sir Thomas Lawrence.jpg 初代リポン伯爵
フレデリック・ロビンソン
1843年

5月17日

1846年

6月30日

保守党
John Cam Hobhouse.jpg
ジョン・ホブハウス
1846年

7月8日

1852年

2月5日

ホイッグ ラッセル内閣
11th Earl of Dalhousie.jpg 第11代ダルハウジー伯爵
フォックス・モール=ラムゼイ
1852年

2月23日

1852年

2月28日

ホイッグ
John Charles Herries.jpg

サー・ジョン・チャールズ・ヘリズ

1852年

2月28日

1852年

12月17日

保守党 第1次

ダービー内閣(誰?誰?内閣)

1stViscountHalifax.jpg 第3代ウッド準男爵
サー・チャールズ・ウッド


1866年にハリファックス子爵に叙された
     1852年

12月30日

     1855年

3月3日

ホイッグ  アバディーン内閣

(ピール派)
Robert Vernon Smith.JPG ロバート・ヴァーノン・スミス
1855年

3月3日

1858年

2月21日

ホイッグ 第1次パーマストン内閣
1stEarlOfEllenborough.jpg 初代エレンバラ伯爵
エドワード・ロウ


1858年

3月6日

1858年

6月5日

保守党 第2次

ダービー内閣

Edward Stanley, 15th Earl of Derby 2.jpg 第15代スタンリー卿
エドワード・スタンリー


1866年にダービー伯爵位を襲爵。
1858年

6月5日

1858年

8月2日

保守党


脚注[編集]

  1. ^ Venning, Timothy (2005). Compendium of British Office Holders. Basingstoke, Hampshire: Palgrave MacMillan. pp. 316–319. ISBN 1-4039-2045-1. 
  2. ^ President of the Board of Control”. HANSARD 1803–2005. 2017年8月7日閲覧。