ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンド (初代ミントー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代ミントー伯爵ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンド
Gilbert Elliot-Murray-Kynynmound,
1st Earl of Minto
Gilbert Eliot, 1st Earl of Minto by James Atkinson.jpg
生年月日 1751年4月23日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国エディンバラグレイフライアーズ
没年月日 1814年6月21日 (満63歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスハートフォードシャー州、スティーブニッジ
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
エディンバラ大学
所属政党 ホイッグ党
称号 枢密顧問官 (PC)
王立協会フェロー (FRS)
配偶者 アンナ・マリア・アミアンド
親族 初代オークランド男爵(義弟)
第2代ミントー伯爵(息子)
第4代ミントー伯爵(曾孫)

在任期間 1807年7月31日 - 1813年10月4日
国王 ジョージ3世
テンプレートを表示

初代ミントー伯爵ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンド: Gilbert Elliot-Murray-Kynynmound, 1st Earl of Minto1751年4月23日 - 1814年6月21日)は、イギリスの政治家・植民地行政官。1777年から1797年までは「サー・ギルバート・エリオット準男爵」、1797年から1813年までは「初代ミントー男爵」と称されていた。

1807年7月31日から1813年10月4日までインドの総督(当時の職名はベンガル総督)を務めた。

経歴[編集]

スコットランドエディンバラグレイフライアーズ生まれ[1]庶民院議長英語版候補になったほか海軍本部委員(Lord of the Admiralty)を務めた第3代準男爵サー・ギルバート・エリオット英語版の長男[2]。母親アグネス・ダルリンプル=マーレイ=キニンマウンドは初代ステア子爵英語版ジェイムズ・ダルリンプル英語版の曾孫。父の弟にニューファンドランド植民地英語版総督のジョン・エリオット海軍大将、弟に外交官のヒュー・エリオット英語版、妹の夫に初代オークランド男爵ウィリアム・イーデン英語版がいるほか、ロバート・ルイス・スティーヴンソンアーサー・セントクレアらと縁戚関係にある。

初め家庭で教育を受け、1763年頃からパリデイヴィッド・ヒュームの下で学び、オノーレ・ミラボーと知り合う。1768年にオックスフォード大学クライスト・チャーチ、1769年にリンカーン法曹院へ入り、1772年に学位(M.A.)を、1774年5月4日に法廷弁護士資格を取得[1][2][3]。1793年、オックスフォード大学から民法学博士号(D.C.L.)を授与[1]

1776年より翌1777年までノーサンバーランドモーペス英語版選挙区選出の[4]、1777年より1784年までロックスバラシャー英語版州選挙区選出の[4]、1786年より1790年までバーウィック選挙区選出の[4]、1790年より1795年までコーンウォールヘルストン英語版選挙区選出の庶民院議員[4]。議会ではホイッグ党に所属し、親しくなったエドマンド・バークウォーレン・ヘースティングズイライジャ・インピー英語版を攻撃するのを助けた[2]。2度庶民院議長候補となるが落選。1793年、枢密顧問官に列せられる[5]

1794年、イギリス・コルシカ王国Anglo-Corsican Kingdom; アングロ・コルス王国)の副王1797年、「カウンティ・オヴ・ロックスバラにおけるミントーのミントー男爵」(Baron Minto, of Minto in the County of Roxburgh; グレートブリテン貴族)に叙位[6]。また姓を母親のものと組み合わせて「エリオット=マーレイ=キニンマウンド」へ改めた。1799年から1801年までオーストリア駐箚特命全権公使英語版[7]。1802年、王立協会フェローに選出[8]1806年イギリス東インド会社監督局総裁英語版となるが、同年ベンガル総督に指名[1][2][9][3]

1809年、シク王国の君主ランジート・シングRanjit Singh)との間に不可侵条約を締結しサトレジ川を国境とする[2]。1810年、インド貿易の中継地として重要だったフランス領のモーリシャス島レユニオン島(ブルボン島)を占領[2]。1811年、ナポレオン戦争によるホラント王国滅亡に乗じオランダ領東インドトーマス・ラッフルズを派遣、ジャワ島を征服。

1813年、「カウンティ・オヴ・フォーファーにおけるメルガンドのメルガンド子爵」(Viscount Melgund, of Melgund in the County of Forfar)および「カウンティ・オヴ・ロックスバラにおけるミントーのミントー伯爵」(Earl of Minto, of Minto in the County of Roxburgh; ともに連合王国貴族)に叙位[10]。翌年ハートフォードシャースティーブニッジにて死去、ウェストミンスター寺院に葬られた[1][2]

家族[編集]

1777年1月3日ジョージ・アミアンド英語版準男爵の娘であるアンナ・マリア・アミアンドと結婚し、彼女との間に三男三女をもうけた[2][9][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Cokayne, George Edward, ed (1893). “MINTO.”. Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom. 5 (1 ed.). London: George Bell & Sons. pp. 318-319. https://archive.org/stream/completepeerage01cokagoog#page/n328/mode/2up 2013年11月23日閲覧。. 
  2. ^ a b c d e f g h  Rigg, James McMullen (1889). "Elliot, Gilbert (1751-1814)". In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography. 17. London: Smith, Elder & Co. pp. 255–257. 
  3. ^ a b c Doyle, James William Edmund, ed (1886). “MINTO.”. The Official Baronage of England. 2. London: Longmans, Green & Co. pp. 501-502. https://archive.org/stream/officialbaronag01doylgoog#page/n502/mode/2up 2013年11月23日閲覧。. 
  4. ^ a b c d Thorne, R. G. (1986). “ELLIOT MURRAY KYNYNMOUND, Sir Gilbert, 4th Bt. (1751-1814), of Minto, Roxburgh.”. In Thorne, R. G.. The History of Parliament: the House of Commons 1790-1820. London: Boydell & Brewer. http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1790-1820/member/elliot-murray-kynynmound-sir-gilbert-1751-1814 2013年11月23日閲覧。. 
  5. ^ The London Gazette: no. 13576. p. 852. 1793年9月24日2013年11月23日閲覧。
  6. ^ The London Gazette: no. 14052. p. 968. 1797年10月7日2013年11月23日閲覧。
  7. ^ The London Gazette: no. 15156. p. 682. 1799年7月6日2013年11月23日閲覧。
  8. ^ Elliot; Gilbert (1751 - 1814); 1st Earl of Minto and Viscount Melgund” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2013年11月23日閲覧。
  9. ^ a b Burke, Bernard, Sir, ed (1869). “MINTO.”. A genealogical and heraldic dictionary of the peerage and baronetage of the British Empire (31st ed.). London: Harrison. p. 775. http://www.archive.org/stream/genealogicalhera00inburk#page/774/mode/2up 2013年11月23日閲覧。. 
  10. ^ The London Gazette: no. 16700. p. 251. 1813年2月2日2013年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
カースルレー子爵
監督局総裁
1806年
次代:
トマス・グレンヴィル
先代:
サー・ジョージ・バーロウ(代行)
ベンガル総督
1807年 - 1813年
次代:
第2代モイラ伯爵
先代:
(創設)
ミントー男爵
初代: 1797年 - 1814年
次代:
ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンド
先代:
(創設)
ミントー伯爵
初代: 1813年 - 1814年
次代:
ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンド