フォックス・モール=ラムゼイ (第11代ダルハウジー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第11代ダルハウジー伯爵
フォックス・モール=ラムゼイ
Fox Maule-Ramsay
11th Earl of Dalhousie
11th Earl of Dalhousie.jpg
生年月日 1801年4月22日
没年月日 (1874-07-06) 1874年7月6日(73歳没)
所属政党 ホイッグ党
称号 第10代ダルハウジー伯爵、第2代パンミューア男爵英語版シッスル勲章士(KT)、バス勲章ナイト・グランド・クロス(GCB)、枢密顧問官(PC)

内閣 第1次パーマストン子爵内閣
在任期間 1855年2月8日 - 1858年2月20日[1]
女王 ヴィクトリア

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 パースシャー選挙区英語版
エルギン・バー選挙区英語版
パース選挙区英語版
在任期間 1835年1月6日 - 1837年7月24日
1838年2月13日 - 1841年6月29日
1841年6月29日 - 1852年4月13日[2]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1852年 - 1874年7月6日[2]
テンプレートを表示

第11代ダルハウジー伯爵フォックス・モール=ラムゼイ: Fox Maule-Ramsay, 11th Earl of Dalhousie, KT, GCB, PC1801年4月22日 - 1874年7月6日)は、イギリススコットランドの貴族、政治家。

経歴[編集]

1801年4月22日スコットランド貴族ダルハウジー伯爵ラムゼイ家の分流である初代パンミューア男爵英語版ウィリアム・モール英語版とその妻パトリシア(旧姓ゴードン)の間の長男として生まれる[3][4]

1835年から1837年にかけてパースシャー選挙区英語版1838年から1841年にかけてエルギン・バー選挙区英語版、1841年から1852年にかけてパース選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務めた[4][2]

1835年から1841年にかけて第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラム内閣の内務省副大臣英語版を務めた[3][4]

1846年から1852年にかけてのジョン・ラッセル卿内閣においては戦時大臣英語版を務めた[4]。1852年2月中にはインド庁長官英語版を務める。

1852年4月に父が死去して第2代パンミューア男爵位を継承し[3]貴族院議員に列した[2]

1855年2月に成立した第3代パーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプル内閣では陸軍大臣英語版を務めた[3][4]

1860年12月には従兄弟の第10代ダルハウジー伯爵ジェイムズ・ブラウン=ラムジーが子供なく死去したため、代わって第11代ダルハウジー伯爵位を継承した[4]。1861年に勅許を得てモール=ラムゼイに改姓した[3]

1867年から1870年にかけてはフリーメイソンスコットランド・グランドロッジ・グランドマスター英語版を務めた[5]

1874年7月6日に子供なく死去した。彼の死去によりパンミューア男爵位は廃絶した[3][4]。ダルハウジー伯爵位をはじめとするスコットランド貴族爵位は分流の従兄弟であるジョージ・ラムゼイ英語版が継承した。

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

出典[編集]

  1. ^ 秦郁彦編 2001, p. 510.
  2. ^ a b c d UK Parliament. “Hon. Fox Maule” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年9月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Lundy, Darryl. “Fox Maule-Ramsay, 11th Earl of Dalhousie” (英語). thepeerage.com. 2015年9月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g  Walford, Edward (1894). "Maule, Fox". In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography. 37. London: Smith, Elder & Co. 
  5. ^ Heraldic Media Limited. “Dalhousie, Earl of (S, 1633)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年9月11日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
サー・ジョージ・マレー英語版
パースシャー選挙区英語版選出庶民院議員
1835年–1837年
次代:
ストーモント子爵英語版
先代:
サー・アンドリュー・レイス・ヘイ英語版
エルギン・バー選挙区英語版選出庶民院議員
1838年–1841年
次代:
サー・アンドリュー・レイス・ヘイ英語版
先代:
デイヴィッド・グレイグ英語版
パース選挙区英語版選出庶民院議員
1841年–1852年
次代:
アーサー・キネアード英語版
公職
先代:
ウィリアム・グレグソン英語版
内務省副大臣英語版
1835年–1841年
次代:
シーモア卿英語版
先代:
リチャード・レイラー・シール英語版
通商庁長官英語版
1841年
次代:
ウィリアム・グラッドストン
先代:
シドニー・ハーバート
戦時大臣英語版
1846年–1852年
次代:
ロバート・ヴァーノン・スミス英語版
先代:
サー・ジョン・ホブハウス準男爵英語版
インド庁長官英語版
1852年
次代:
ジョン・チャールズ・ハリス英語版
先代:
第5代ニューカッスル公爵
陸軍大臣英語版
1855年–1858年
次代:
ジョナサン・ピール英語版
戦時大臣英語版
1855年–1858年
名誉職
先代:
第9代エアリー伯爵英語版
アンガス知事英語版
1849年 – 1874年
次代:
第13代ストラスモア=キングホーン伯爵
先代:
第2代メルヴィル子爵英語版
スコットランド王璽尚書英語版
1853年–1874年
次代:
第9代ロジアン侯爵英語版
学職
先代:
第2代ブリーダルベイン侯爵
グラスゴー大学学長英語版
1842年 – 1844年
次代:
アンドリュー・ラザフォード
非営利団体
先代:
ジョン・ホワイト=メルヴィル
フリーメイソン
スコットランド・グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1867年–1870年
次代:
第4代ロスリン伯爵英語版
スコットランドの爵位
先代:
ジェイムズ・ブラウン=ラムゼイ
第11代ダルハウジー伯爵
1860年–1874年
次代:
ジョージ・ラムゼイ英語版
イギリスの爵位
先代:
ウィリアム・モール英語版
第2代パンミューア男爵英語版
1852年–1874年
廃絶