君塚直隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

君塚 直隆(きみづか なおたか、1967年8月6日 - )は、日本歴史学者政治学者関東学院大学国際文化学部教授。専門は近代イギリス政治外交史、ヨーロッパ国際政治史、西洋史、王室(特にイギリス王室)研究。

略歴[編集]

東京都生まれ。1990年立教大学文学部史学科卒。1993年から1994年にかけてオックスフォード大学セント・アントニーズ・コレッジ留学。1997年上智大学大学院文学研究科史学専攻修了。博士(史学)。

2000年神奈川県立外語短期大学専任講師、2001年助教授、2007年教授。2011年関東学院大学文学部教授(英国史)、2015年から現職。

2011年4月29日の英国ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式の中継(NHK-BS1)で解説者を務める。また、NHK総合NHK-BS日本テレビTBSフジテレビテレビ朝日の報道番組やバラエティー番組にも多数出演。

2014年から『産経新聞』のオピニオン欄に「ノブレス・オブリージュ 英国王室物語」を連載した。2015年からは「ノブレス・オブリージュ 世界王室物語」を、2016年からは「世界勲章物語」を、2017年からは「王室外交物語」を連載している。

2017年3月には「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」のヒアリングに招かれ、天皇の退位後の称号や公務等について質問を受けている。

2017年4月から「栄典に関する有識者」(内閣府)に選ばれる。

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 細谷雄一・永野隆行と共編 『イギリスとアメリカ 世界秩序を築いた四百年』(勁草書房、2016年)

共著[編集]

訳書[編集]

  • デイヴィッド・ジェフリ・チャンドラー『ナポレオン戦争――欧州大戦と近代の原点』(全5巻)糸多郁子・竹村厚士・竹本知行共訳(信山社 2002年-2003年)
  • マイケル・マン『ソーシャルパワー――社会的な「力」の世界歴史(1)先史からヨーロッパ文明の形成へ』森本醇共訳(NTT出版 2002年)
  • マイケル・マン『ソーシャルパワー――社会的な「力」の世界歴史(2)階級と国民国家の「長い19世紀」』(NTT出版 2005年)
  • ベンノ・テシィケ『近代国家体系の形成──ウェストファリアの神話』(桜井書店 2008年)
  • コリン・マシュー編『オックスフォード ブリテン諸島の歴史(9)19世紀 1815年〜1901年』(慶應義塾大学出版会 2009年)