ヘンリー・アディントン (初代シドマス子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代シドマス子爵
ヘンリー・アディントン
Henry Addington, 1st Viscount Sidmouth
Henry Addington by Beechey.jpg
サー・ウィリアム・ビーチー画
生年月日 1757年5月30日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドンホルボーン
没年月日 (1844-02-15) 1844年2月15日(86歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス、ロンドン・モートレイク英語版
出身校 オックスフォード大学ブレーズノーズ・カレッジ
所属政党 トーリー党
称号 初代シドマス子爵枢密顧問官 (PC)
配偶者 ウルスラ(旧姓ハモンド)
サイン Henry Addington, 1st Viscount Sidmouth Signature.svg

在任期間 1801年3月14日 - 1804年5月10日
国王 ジョージ3世

内閣 アディントン内閣
在任期間 1801年3月14日 - 1804年5月10日

内閣 リヴァプール伯爵内閣
在任期間 1812年6月8日 - 1822年1月17日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 デビス選挙区英語版
在任期間 1784年4月5日 - 1805年12月31日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1805年1月12日 - 1844年2月15日[1]
テンプレートを表示

初代シドマス子爵ヘンリー・アディントン (Henry Addington, 1st Viscount Sidmouth, PC1757年5月30日 - 1844年2月15日)は、イギリスの政治家、貴族。

第1次小ピット内閣で庶民院議長英語版を務めたのち、1801年から1804年まで小ピットが一時的に失脚していた間、首相を務めた。首相在任中にアミアンの和約を締結し、フランスと一時的に講和した。政権運営に小ピットの協力を得られず辞職。1812年から1822年にかけてはリヴァプール伯爵内閣で内務大臣を務めたが、黎明期の労働運動を弾圧する反動政治家として悪名を馳せた。

経歴[編集]

首相就任まで[編集]

ロンドンホルボーンに中流階級の医師アンソニー・アディントンの子として誕生[2]

父が初代チャタム伯爵ウィリアム・ピット(大ピット)の主治医であった関係から、大ピットの子小ピットとは幼年時代の友人であった。チャーム・スクール英語版ウィンチェスター・カレッジを経てオックスフォード大学ブレーズノーズ・カレッジで学ぶ[3]

1784年デビス選挙区英語版から選出されてトーリー党庶民院議員となった。以降1805年の叙爵で貴族院へ移籍するまでこの選挙区から当選を続ける[3][4]

小ピット首相の後押しで1789年から1801年まで庶民院議長英語版を務める[3]

アディントン内閣[編集]

初代シドマス子爵ヘンリー・アディントン(ジョン・シングルトン・コプリー英語版画)

1801年3月に小ピットがカトリック問題に躓いて退陣すると代わって彼が第一大蔵卿(首相)と財務大臣に就任した。アディントンは外務大臣に据えたロバート・ジェンキンソン(後の第2代リヴァプール伯爵)を通じてフランスと和平交渉を進め、1802年アミアンの和約を締結し、一時的に平和を取り戻した[5]

彼は小ピット系議員と見られていたが、政権を降りた小ピットは庶民院議場の政府側ベンチの第三列に座ったため(この席に座るということは政府を支持するが、反対する可能性を留保することを示す)、それも怪しくなった[6]。小ピット自身は「党派を形成して陛下の政府に反抗することは罪悪」という価値観を持つ政党政治反対派だったので、明確な反対党領袖にはなりたがらなかったが、カニンググレンヴィルら小ピット側近たちは明確な反対党となることを小ピットに要求していた[6]

1803年5月にはアミアンの和約が破られ、再びフランスとの戦争状態に突入した。これによりピット再登用の機運が高まった[7]。それでも反対党領袖になることを躊躇していた小ピットを見限ったグランヴィルは、独自に野党ホイッグ党のフォックスと接触を開始した。これを危険視した小ピットはついに反対党となる決意を固めた[7]。アディントンは小ピットに戦争指導の協力を要請していたが、それが見込めないことが分かると辞職を決意した[2]1804年5月に退陣し、小ピットに首相の地位を譲った[7]

首相退任後[編集]

1804年終わり頃に小ピットと和解し、1805年シドマス子爵に叙せられ、貴族院議員に列した[3]

数か月間、第2次小ピット内閣で枢密院議長英語版を務めたが、1805年7月に再び小ピットと決裂[3]

1806年の小ピットの死後に成立したグレンヴィルの「大連合内閣」には枢密院議長や王璽尚書として参加したが、まもなく辞職し、以降1812年までポストを受けなかった[3]

1812年にリヴァプール伯爵内閣が成立すると内務大臣として入閣。以降1822年までという長期にわたって同職に在職した。この内閣で彼はトーリー反動政治家の代表格として知られ、黎明期の労働運動に対して「ピータールーの虐殺」や集会やデモを禁止する「6法英語版」制定など弾圧姿勢をもって臨んだ。1822年に無任所大臣に転任して政界の第一線を退いた。後任には自由主義的なロバート・ピールが就任した。これが一つの契機となり、リヴァプール伯爵内閣は反動的性格を弱め、自由主義的政策を打ち出すようになっていく[8][9]

1844年2月15日にロンドンのモートレイク英語版で死去した[2]

人物[編集]

演説は貧相だったといわれる[2]

「若者の喜びの欠如は苦しみだ。老人の苦しみの欠如は喜びだ」という言葉を残したという[2]

家族[編集]

1781年にウルスラ・ハモンドと結婚し、彼女との間に以下の6子を儲ける[4]

  • 長女フランセス・アディントン(-1870)
  • 長男チャールズ・アンソニー・アディントン(-1789)
  • 次女シャーロッテ・アディントン(-1870)
  • 三女ヘンリエッタ・アディントン(-1868)
  • 次男ヘンリー・アディントン(1786-1823)
  • 三男ウィリアム・レオナルド・アディントン(1794-1864):第2代シドマス子爵

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b UK Parliament. “Mr Henry Addington” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年8月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e Past Prime Ministers Henry Addington 1st Viscount Sidmouth” (英語). Welcome to GOV.UK. イギリス政府. 2015年8月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Ford, David. “Henry Addington, Viscount Sidmouth (1757-1844)” (英語). David Nash Ford's Royal Berkshire History. 2015年8月3日閲覧。
  4. ^ a b Lundy, Darryl. “Henry Addington, 1st Viscount Sidmouth” (英語). thepeerage.com. 2015年8月3日閲覧。
  5. ^ 今井宏編 1990, p. 44.
  6. ^ a b 小松春雄 1983, p. 370.
  7. ^ a b c 小松春雄 1983, p. 371.
  8. ^ 君塚直隆 1999, p. 49.
  9. ^ 今井宏編 1990, p. 55.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
ヘンリー・ジョーンズ英語版
サー・ジョイムズ・ティルニー=ロング英語版
デビス選挙区英語版選出庶民院議員
同一選挙区同時当選者
サー・ジョイムズ・ティルニー=ロング英語版(1784–1788)
ジョシュア・スミス英語版(1788–1805)

1784年英語版 - 1805年
次代:
トマス・エストコート英語版
ジョシュア・スミス英語版
公職
先代:
ウィリアム・グレンヴィル
庶民院議長英語版
1789年1801年
次代:
サー・ジョン・ミットフォード英語版
先代:
小ピット
首相
1801年3月17日 - 1804年5月10日
次代:
小ピット
財務大臣
1801年 - 1804年
庶民院院内総務
1801年-1804年
先代:
第3代ポートランド公爵
枢密院議長英語版
1805年
次代:
第2代カムデン伯爵英語版
先代:
第10代ウェストモアランド伯爵
王璽尚書
1806年
次代:
第3代ホランド男爵
先代:
第2代フィッツウィリアム伯爵英語版
枢密院議長英語版
1806年1807年
次代:
第2代カムデン伯爵英語版
先代:
第2代カムデン伯爵英語版
枢密院議長英語版
1812年
次代:
初代ハロービー伯爵英語版
先代:
リチャード・ライダー英語版
内務大臣
1812年1822年
次代:
ロバート・ピール
イギリスの爵位
新設 初代シドマス子爵
1805年1844年
次代:
ウィリアム・アディントン