ジョージ・グレイ (第2代准男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第2代准男爵
サー・ジョージ・グレイ
Sir George Grey
2nd Baronet
Sir George Grey, 2nd Bt.jpg
生年月日 1799年5月11日
出生地 イギリスの旗 イギリスジブラルタル
没年月日 (1882-09-09) 1882年9月9日(83歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス・イングランド・ノーサンバーランドファラドン英語版
出身校 オックスフォード大学オリオル・カレッジ
所属政党 ホイッグ党自由党
称号 第2代准男爵バス勲章ナイト・グランド・クロス(GCB)、枢密顧問官(PC)
配偶者 アン・ソフィア
親族 第2代グレイ伯爵(伯父)
ファラドンの初代グレイ子爵(孫)

内閣 第一次ジョン・ラッセル卿内閣
第一次パーマストン子爵内閣
第二次パーマストン子爵内閣、第二次ラッセル伯爵内閣
在任期間 1846年7月8日 - 1852年2月23日
1855年2月8日 - 1858年2月20日[1]
1861年7月25日 - 1866年6月[1]

内閣 アバディーン伯爵内閣
在任期間 1854年6月10日 - 1855年1月[2]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 デヴォンポート選挙区英語版
北ノーザンバーランド選挙区英語版
モーペス選挙区英語版[3]
在任期間 1832年12月10日 - 1847年7月29日
1847年7月29日 - 1852年7月7日
1853年1月1日 - 1874年1月31日[3]
テンプレートを表示

第2代准男爵サー・ジョージ・グレイ英語: Sir George Grey, 2nd Baronet, GCB, PC1799年5月11日 - 1882年9月9日)は、イギリスの政治家。

ヴィクトリア朝ホイッグ党自由党)政権下で閣僚職を歴任した。

経歴[編集]

1799年5月11日、初代准男爵サー・ジョージ・グレイ英語版とその妻メアリー(旧姓ホイットブレッド)の長男としてイベリア半島の英領ジブラルタルに生まれる[4][5]。父ジョージは初代グレイ伯爵チャールズ・グレイの三男であり、首相を務めた第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイの弟にあたる[6]

オックスフォード大学オリオル・カレッジを卒業[7][5]1826年リンカーン法曹院で学び[5]法廷弁護士となる[7]

1828年10月3日に父の死により第2代准男爵位を継承した[5]1832年12月、デヴォンポート選挙区英語版から選出されてホイッグ党(後の自由党)の庶民院議員を務めた[5]

1834年7月から11月にかけて第一次メルバーン子爵内閣で陸軍・植民地副大臣英語版を務めた。1835年4月に第二次メルバーン子爵内閣が成立すると再び陸軍・植民地副大臣となったが、1839年2月には法務総監英語版に転じ、さらに1841年6月からはランカスター公領大臣を務めた[5]

1846年7月に成立した第一次ジョン・ラッセル卿内閣には内務大臣として入閣。1847年にはアイルランド犯罪及び暴力法英語版1848年には国事犯罪法英語版を制定し、アイルランドの反政府運動取り締まりを強化した[5]。また1848年チャーティズム運動が高まると、軍隊を派遣したり、集会を禁止するなどしてその取り締まりにあたった[5]

1847年8月からは北ノーザンバーランド選挙区英語版から選出されていたが、1852年7月の総選挙英語版で落選。1853年1月にはモーペス選挙区英語版から再び議席を得た[5]

1854年6月にはアバディーン伯爵内閣に植民地大臣として入閣[5]1855年2月に第一次パーマストン子爵内閣が成立すると内務大臣に転任する[5]

1859年に第二次パーマストン子爵内閣が成立するとまずランカスター公領担当大臣として入閣し、ついで1861年から再び内務大臣を務め、1866年まで務めた[7]

1868年に成立した第一次グラッドストン内閣への入閣は拒否し、1874年の総選挙の際に庶民院議員を引退した[5]

1882年9月9日ノーサンバーランドファラドン英語版の自宅で死去[5]

栄典[編集]

準男爵位[編集]

1828年10月3日の祖父ジョージ・グレイ英語版の死去に以下の準男爵位を継承した[7]

勲章[編集]

家族[編集]

1827年にアン・ソフィア・ライダーと結婚し、彼女との間に一人息子ジョージ・ヘンリー・グレイを儲けた。しかしジョージ・ヘンリーには先立たれ、その息子であるエドワードが准男爵位を継承した。エドワードは長期間にわたって外相を務め、ファラドンの初代グレイ子爵に叙される[8][9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 秦(2001) p.509
  2. ^ 秦(2001) p.510
  3. ^ a b UK Parliament. “Sir George Grey” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年7月7日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Captain Hon. Sir George Grey, 1st Bt” (英語). thepeerage.com. 2014年6月19日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m Smith, David Frederick. “Grey, Sir George, second baronet” (英語). Oxford Dictionary of National Biography. 2014年6月28日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “General Charles Grey, 1st Earl Grey” (英語). thepeerage.com. 2014年7月7日閲覧。
  7. ^ a b c d e f Lundy, Darryl. “Sir George Grey, 2nd Bt.” (英語). thepeerage.com. 2014年6月19日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Edward Grey, 1st Viscount Grey of Fallodon” (英語). thepeerage.com. 2019年3月24日閲覧。
  9. ^ Heraldic Media Limited. “Grey of Fallodon, Viscount (UK, 1916 - 1933)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年3月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『世界諸国の組織・制度・人事 1840―2000』秦郁彦編、東京大学出版会、2001年。ISBN 978-4130301220

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
選挙区新設
デヴォンポート選挙区英語版選出庶民院議員
1832年英語版 - 1847年英語版
同一選挙区同時当選者
エドワード・コドリントン(1839年まで)
ヘンリー・タフネル英語版(1839年から)
次代:
ジョン・ロミリー英語版
ヘンリー・タフネル英語版
先代:
アディソン・クレスウェル英語版
オサルストン卿英語版
北ノーザンバーランド選挙区英語版選出庶民院議員
1847年英語版1852年英語版
同一選挙区同時当選者
オサルストン卿英語版
次代:
ロヴェイン卿
オサルストン卿英語版
先代:
エドワード・ハワード英語版
モーペス選挙区英語版選出庶民院議員
1853年 - 1874年英語版
次代:
トマス・バート英語版
公職
先代:
ジョン・ショー・レフィーヴァー英語版
陸軍・植民地副大臣英語版
1834年
次代:
ジョン・ステュアート=ウォートレイ閣下英語版
先代:
ウィリアム・グラッドストン
陸軍・植民地副大臣
1835年1839年
次代:
ヘンリー・ラボシェール英語版
先代:
第4クラレンドン伯爵
ランカスター公領大臣
1841年
次代:
グランヴィル・サマセット英語版
先代:
サー・ジェームズ・グラハム准男爵
内務大臣
1846年1852年
次代:
スペンサー・ホレーショ・ウォルポール
先代:
ウェルボーン・エリス英語版
(最後の在任者)
植民地大臣
1854年1855年
次代:
シドニー・ハーバート
先代:
第3代パーマストン子爵
 内務大臣
1855年1858年
次代:
スペンサー・ホレーショ・ウォルポール
先代:
第4代モントローズ公爵英語版
ランカスター公領大臣
1859年1861年
次代:
エドワード・カードウェル
先代:
サー・ジョージ・コーンウォール准男爵英語版
内務大臣
1861年1866年
次代:
スペンサー・ホレーショ・ウォルポール
司法職
先代:
ウィリアム・セント・ジュリアン・アラビン英語版
法務総監英語版
1839年 - 1841年
次代:
リチャード・レイラー・シール英語版
イギリスの準男爵
先代:
ジョージ・グレイ英語版
(ファラドンの)第2代准男爵
1828年1882年
次代:
エドワード・グレイ