フィリップ・ハモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスの旗イギリスの政治家
フィリップ・ハモンド
Philip Hammond
Philip Hammond, Secretary of State for Defence.jpg
財務大臣
就任
2016年7月13日
首相 テリーザ・メイ
前任者 ジョージ・オズボーン
外務・英連邦大臣
任期
2014年7月15日 – 2016年7月13日
首相 デーヴィッド・キャメロン
前任者 ウィリアム・ヘイグ
後任者 ボリス・ジョンソン
国防大臣
任期
2011年1月14日 – 2014年7月15日
首相 デーヴィッド・キャメロン
前任者 リアム・フォックス
後任者 マイケル・ファロン
運輸大臣
任期
2010年5月11日 – 2011年10月14日
首相 デーヴィッド・キャメロン
前任者 アンドリュー・アドニス
後任者 ジャスティン・グリーニング
影の財務省主席政務官
任期
2007年7月2日 – 2010年5月11日
指導者 デーヴィッド・キャメロン
前任者 テレーザ・ビリアーズ
後任者 リーアム・バーン
任期
2005年5月10日 – 2005年12月6日
指導者 マイケル・ハワード
前任者 ジョージ・オズボーン
後任者 テレーザ・ビリアーズ
影の雇用年金大臣
任期
2005年12月6日 – 2007年7月2日
指導者 デーヴィッド・キャメロン
前任者 マルコム・リフキンド
後任者 クリス・グレイリング
ラニーメード・アンド・ウェイブリッジ選挙区選出庶民院議員
就任
1997年5月1日
前任者 新設
得票差 22,134 (44.2%)
個人情報
生誕 Philip Anthony Hammond
(1955-12-04) 1955年12月4日(62歳)
エセックス州エッピング
国籍 イギリスの旗 イギリス
政党 保守党
配偶者 スーザン・ウィリアムズ=ウォーカー
子供 3
出身校 オックスフォード大学ユニヴァーシティ・カレッジ
宗教 聖公会イングランド国教会

フィリップ・アンソニー・ハモンド(Philip Anthony Hammond, 1955年12月4日[1] - ) は、イギリス政治家。2016年7月13日から財務大臣を務め、1997年からラニーメード・アンド・ウェイブリッジ選挙区選出の庶民院(下院)議員。2014年7月15日から2016年7月13日まで外務・英連邦大臣を務めた[2]

ハモンドは1997年の選挙で庶民院議員となる。2005年デーヴィッド・キャメロンによって影の雇用年金大臣に任命され、2007年の改造では影の財務省主席政務官に就任した。

2010年5月に成立した第1次キャメロン内閣では運輸大臣に任命され[3]枢密院入りした。2011年10月にリアム・フォックス国防大臣スキャンダルで辞任し、後継人事としてハモンドが国防大臣に就任。2014年7月には外務・英連邦大臣に就任した[4]

2016年7月中旬にテリーザ・メイによって財務大臣に任命された[5]

生い立ちと民間の経歴[編集]

ハモンドはエセックス州エッピングで、土木技師の息子[6]として生まれる[7]。ブルックフィールド・ジュニアスクール[要出典]ブレントウッドのシェンフィールド・スクール(現在のシェンフィールド高校[6]を経て、オックスフォード大学ユニヴァーシティ・カレッジで哲学、政治学、経済学を学び[6][8]B.A.を取得した。[要出典]

大学卒業後の1977年に医療機器メーカーであるSpeywood Laboratoriesに就職した[5]。1979年の総選挙において、保守党のキャンペーンのボランティアとして働く[8]。1981年にはSpeywood Medical Limitedの取締役となる[9]。1982年に自動心電計製造工場の建設に関わったことがハモンドの顕著な業績であった[要出典]。ハモンドは1983年に同社を退職し、翌1984年にCastlemead Ltd.の取締役に就任した[7]

1993年から1995年までハモンドはCMA Consultantsとパートナーとして協業し、1994年からはCastlemead Homesの取締役を務めた[10]。彼がコンサルタントとして担当した顧客には住宅建築と資産、製造、ヘルスケア、油とガスを含む多くの事業家たちがいた。彼は世界銀行グループからラテンアメリカ諸国のコンサルタント任務を引き受け[要出典]、1995年から97年までマラウイ政府の顧問を務めた[7]

初期の政治経歴[編集]

ハモンドは1989年からルイシャム・イースト保守党協会の議長を7年間務め、労働党議員のロン・レイトンが死去したため行われた1994年の補欠選挙に出馬、11,818票を獲得した労働党候補のスティーブン・ティムズに敗れた。1997年の総選挙では新設されたラニーメード・アンド・ウェイブリッジ選挙区から出馬し、9,875票を獲得して当選、以来議席を確保している。彼は1997年6月17日に処女演説を行った。

議会でハモンドは1997年から環境・食糧・農村地域特別委員会に所属し、その後ウィリアム・ヘイグによって保健担当のフロントベンチ・スポークスマンとして取り立てられた。その後、2001年にイアン・ダンカン・スミスによって通商産業担当に変更され、2003年にはマイケル・ハワードによって影の副首相に指名された。

2005年の総選挙後、ハモンドは影の財務省主席政務官となった。2005年後半にデーヴィッド・キャメロンが党首に就任すると、ハモンドは影の雇用年金大臣に任命された。2007年にゴードン・ブラウン内閣が発足すると、キャメロンは影の内閣の改造を行い、ハモンドは再び影の財務省主席政務官に異動した。

閣僚として[編集]

運輸大臣[編集]

ハモンドは2010年5月12日に成立した連立政権内閣では運輸大臣に就任し、同職を2011年10月14日まで務めた。

2011年9月28日、ハモンドは政府が高速道路の制限速度を70mphから80mphまで引き上げ、2013年に導入する計画に関する協議を始めることになっていると発表した[11][12]。しかし、その計画は交通事故死者数の20%以上の増加が予測されることが批判され、女性有権者から敬遠されることとなり、後任者によって打ち切られた[13][14]

国防大臣[編集]

米国防長官レオン・パネッタ

リアム・フォックスの辞任後、ハモンドは2011年10月14日に国防大臣に就任した[15]。国防大臣として彼は国家安全保障会議のメンバーとなった。

2011年12月にハモンドは、女性が海軍潜水艦で勤務するのを許可すると発表した。2013年後半に女性士官が初めてヴァンガード級原子力潜水艦で勤務することになった。彼女らの勤務評価を受けて、2015年にはアスチュート級原子力潜水艦にも女性士官が配属されることとなった[16]。また、リビアでの作戦活動の費用が2億1200万ポンドであることも確認された。これには使い切った軍用品を交換するための6700万ポンドも含まれ、財務省の予備費から支出されることになっている[17]



2012年のロンドン・オリンピックが開催される4週間前に、警備会社のG4Sは当初引き受けた大会のために展開するセキュリティ・スタッフの数を提供することができないと発表した。ハモンドは不足する5,000名の人員に対して軍人を投入することで問題を解決した。兵士達のパフォーマンスは広範囲にわたって賞賛された。その後ハモンドはインデペンデント紙に対してこの問題が彼に重要なレッスンを教えたと語った。「私は、我々は民間部門が政府の中でどのようにしなければならないかについて理解する方法を見つけなければならないという偏見を持って国防省に入った」「しかし、G4Sの一件と軍の支援の物語は全く有益であった。私は乏しい商業的なモデルの使用には国防省の領域で関連があるということを知っている、しかし同時に、あなたは軍艦を見ることができず、言うことができない。『どうやって私はこれに乏しい経営モデルを持ってくることができるのか?』-なぜなら、それは異なったものを反発力の異なるレベルで行っているので、それらは民間部門でそれほどに一般に必要とされない。」[18]

外務大臣[編集]

米国務長官ジョン・ケリー

2014年7月15日にハモンドは外務・英連邦大臣に任命された。新聞は彼の「EU懐疑派」の証明と、イギリスが欧州連合の改革に「取引を得る」ことができたという彼の確信をハイライトした。彼は関係の変化がない限り、欧州連合からのイギリスの離脱のために国民投票で投票すると語った[19]。しかし、デーヴィッド・キャメロンの再交渉後、彼は残留キャンペーンを支持した[20]

2014年8月、ハモンドはサイーダ・ワルシの突然の辞任に驚いたと語った。ワルシは外務省でハモンドの下、「ものすごい不安」について書いていた[21]

2015年3月、ハモンドはイギリスが「戦闘に従事することが不足するあらゆる実際的な方向で」サウジアラビア主導のイエメン介入英語版に対して支持すると述べた[22]

2015年3月、情報部に責任を持つ大臣との会話で、彼は恐怖の「擁護者」がテロ行為において責任を分担しなければならないと提案した。そして、「しかし、責任の巨大な重荷も、彼らの擁護者を務める人々の責任だ」と語った[23]

中国習近平主席を迎えるハモンド、2015年10月19日

2015年7月8日、ハモンドは国連安全保障理事会で彼の4ページの決議案 S/2015/508 がロシアによって無効にされたことを非難した[24]。それは1995年のスレブレニツァの虐殺について大量虐殺のレベルを適用した[25]。草案がヨルダン、リトアニア、マレーシア、ニュージーランド、イギリスとアメリカによって提出される間[24]、アンゴラ、中国、ナイジェリアとベネズエラは棄権した[26]。ロシア大使のヴィタリー・チュルキンは「対決的で政治的に動機づけされた」イギリスの言い回しを批判した。そして、それが3つの人種集団全てが極悪さの犠牲者であった対立において戦争犯罪を犯すためにボスニアのセルビア人を不当に選び出したと主張した[25]。ハモンドは 「我々は、スレブレニツァの20回目の記念日を祝う決意が今日拒否されたことに失望する。」と述べた[27]

2015年7月14日、数年来再び現れては消える交渉の後、常任理事国ドイツイランの核開発計画について、イランとの合意に達した。ハモンドはイギリス代表として包括的共同行動計画英語版の発表セレモニーが行われるウィーンに赴いた[28]。ハモンドはその翌日コモンズの取引を提示して[29]ベンヤミン・ネタニヤフ首相との共同記者会見のためにエルサレムに赴いた。その様子は「緊張している」と表された[29][30]

ハモンドは、2016年2月6日にロンドンのエクアドル大使館で、ジュリアン・アサンジの拘留に関して、国連調査結果を「おかしい」と語った[31]マッズ・アンデナスは 「国がこのように応えるとき、彼らは法の支配と国連に対する敬意を損なう。」とコメントした[32]

2015年10月、マイケル・ゴーヴ司法大臣サウジアラビアの刑務所にサービスを提供するという590万ポンドの契約を取り消した。そして、「イギリス政府は、打ち首、投石、磔と鞭打ちを罰として使う体制を援助していてはいけない」と語った。ハモンドはゴーヴを「純真だ」と非難した[33]

財務大臣[編集]

2016年7月13日、ハモンドは新任のテリーザ・メイ首相によって財務大臣に任命された[34]2010年商務長官が設置され、2015年財務省主席政務官の役割が軽減されたあとのことである。

商務長官にはこれまで、ジェームズ・サッスーンポール・デイトンゴールドマン・サックスジム・オニールなどの保守党員が就任しており、現在はルーシー・ネヴィル=ロルフ(元知的財産権担当大臣)。

その他の政治姿勢[編集]

移民政策[編集]

ハモンドはポーランドおよび他の欧州連合国家からの移民の減少を求め、特に東欧からの移民を問題視した[35]英国のEUからの離脱の是非を問う国民投票では残留派であった[5]

2008年の金融危機[編集]

2012年5月、ハモンドは銀行が「彼らは、誰かに金を貸さなければならなかった」として、単に2008年の金融危機に対して責任を持つだけでないと語った。ハモンドは、ローンを取り出した人々が場合によっては、当時の自らの行動で他人を非難しようとしていた「同意する大人」であると語った。彼は続けた。「人々は、私に『それは銀行だった』と言った。私は『ちょっと待って、銀行は誰かに金を貸さなければならない』と言った。」「人々は、他の誰かが、彼らの決定に対して責任があるのを、ある意味で感じている。もちろん、銀行が信用を提供しないならば、人々は思うことができない。[しかし]、2人の同意する大人がすべてのこれらの業務、借り手と貸手の中にいた。そして、彼らは共に間違い電話をかけたかもしれない。一部の人は、彼ら自身が選んだ結果に対する責任を認める気がない。」[36]

同性結婚[編集]

2012年5月、ハモンドは同性結婚が「あまりに論争の的である」と発言した[37]。2013年1月にロイヤル・ホロウェイを訪問した際、彼は提出された法案(それは後に通過された)を近親相姦の犯罪同様に社会的に受け入れがたい関係として考慮の他だとした。PinkNewsから発言を明確にするよう依頼され、ハモンドは電子メールで回答した。「議論は非常に広範囲に及び、同性間の関係に限られていなかった。[37]

2013年5月、ハモンドは同性愛者の結婚を支持しながら投票しない4名の閣僚のうちの1人であった[38]。ハモンドは2013年の(同性カップル)結婚法に対する当時の首相のアプローチに公然と批判的で、2013年11月にそれが押し通された速度に「ショックを受けた」そして、それが保守党に「悪い影響を与えた」と語った[3][39]

私生活[編集]

ハモンドは1991年6月29日にスーザン・キャロリン・ウィリアムズ=ウォーカーと結婚した。夫妻には2人の娘と1人の息子がいる[40][41]。一家はサリー州センドに住み、ロンドンに別宅を保有する。ハモンドの資産は900万ポンドと推定される[42]

参照[編集]

  1. ^ “Philip Hammond MP”. BBC- Democracy live. http://news.bbc.co.uk/democracylive/hi/representatives/profiles/25564.stm 2011年10月13日閲覧。 
  2. ^ “William Hague quits as foreign secretary in cabinet reshuffle”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-28291281 2014年7月14日閲覧。 
  3. ^ a b Ten things you didn't know about Philip HammondS. Rahimi and D. Frantzis, The Daily Telegraph, 15 Jul 2014
  4. ^ “Grande-Bretagne : l’eurosceptique Philip Hammond remplace Hague aux Affaires etrangeres”. euronews. オリジナル2014年7月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140717043031/http://fr.euronews.com/2014/07/15/grande-bretagne-leurosceptique-philip-hammond-remplace-hague-aux-affaires-/ 2014年7月15日閲覧。 
  5. ^ a b c Who is Philip Hammond, Britain's new Chancellor, and what are likely to be his first steps? B. Martin, The Daily Telegraph, 14 Jul 2016
  6. ^ a b c http://www.newstatesman.com/politics/politics/2013/05/philip-hammond-rise-quiet-man
  7. ^ a b c http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/eu/10968082/Ten-things-you-didnt-know-about-Philip-Hammond.html
  8. ^ a b Philip Hammond Conservative Home
  9. ^ アーカイブされたコピー”. 2015年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月22日閲覧。
  10. ^ http://www.castlemead-ltd.co.uk Castlemead Homes
  11. ^ “80mph motorway speed limit plan criticised”. BBC News. (2011年9月30日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-15123169 2016年7月15日閲覧。 
  12. ^ Stratton, Allegra (2011年9月29日). “Government plans to raise speed limit to 80mph”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/world/2011/sep/29/speed-limit-raised-80mph 
  13. ^ Peter Walker (2011年12月25日). “80mph speed limit 'would increase deaths by 20%'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk/2011/dec/25/80mph-speed-limit-increase-deaths 2016年7月13日閲覧。 
  14. ^ Alice Philipson (2013年6月22日). “Ministers abandon plans for 80mph motorway speed limit”. Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/road-and-rail-transport/10136108/Ministers-abandon-plans-for-80mph-motorway-speed-limit.html 2016年7月15日閲覧。 
  15. ^ Milmo, Dan (2011年10月14日). “Philip Hammond and Justine Greening named defence and transport ministers”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/politics/2011/oct/14/philip-hammond-justine-greening-ministers 2011年10月14日閲覧。 
  16. ^ “Women to be allowed to serve on Royal Navy submarines”. BBC. (2011年12月8日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-16088431 
  17. ^ “Hammond says UK not seeking 'perfect Afghanistan'”. BBC News. (2011年12月8日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-16080730 
  18. ^ G4S proves we can't always rely on private sector, says minister
  19. ^ telegraph.co.uk: "Philip Hammond: I am serious about reforming EU" 15 Jul 2014
  20. ^ http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-eu-referendum-35616946
  21. ^ Hope, Christopher (2014年8月5日). “How Baroness Warsi's resignation letter lifts a lid on frustrations in the Coalition”. Telegraph Media Group Limited. http://www.telegraph.co.uk/news/politics/11014260/How-Baroness-Warsis-resignation-letter-lifts-a-lid-on-frustrations-in-the-Coalition.html 2014年8月5日閲覧。 
  22. ^ “UK 'will support Saudi-led assault on Yemeni rebels - but not engaging in combat'”. Telegraph Media Group Limited. (2015年3月27日). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/yemen/11500518/UK-will-support-Saudi-led-assault-on-Yemeni-rebels-but-not-engaging-in-combat.html 
  23. ^ Terror 'apologists' must share blame - Hammond - BBC News”. Bbc.co.uk. 2015年9月8日閲覧。
  24. ^ a b un.org: "United Nations - S/2015/508 - Security Council - Jordan, Lithuania, Malaysia, New Zealand, United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland and United States of America: draft resolution" Archived 2015年8月14日, at the Wayback Machine., 8 July 2015
  25. ^ a b telegraph.co.uk: "Russia blocks UN resolution condemning Srebrenica massacre as genocide", 8 July 2015
  26. ^ un.org: "UN News Centre: UN officials recall 'horror' of Srebrenica as Security Council fails to adopt measure condemning massacre", 8 July 2015
  27. ^ gov.uk: "Foreign Secretary statement following UN Security Council vote on Srebrenica resolution", 8 July 2015
  28. ^ telegraph.co.uk: "Iran nuclear deal: agreement reached in Vienna - as it happened", 14 July 2015
  29. ^ a b telegraph.co.uk: "Benjamin Netanyahu intends to fight Iran nuclear deal all the way, says Philip Hammond", 15 July 2015
  30. ^ telegraph.co.uk: "Netanyahu rebuffs Philip Hammond over Iran deal", 16 July 2015
  31. ^ Addley, Esther; Elgot, Jessica; Bowcott, Owen (2016年2月5日). “Julian Assange accuses UK minister of insulting UN after detention finding”. The Guardian. http://www.theguardian.com/media/2016/feb/05/julian-assange-accuses-philip-hammond-insulting-united-nations 2016年2月5日閲覧。 
  32. ^ Maurizi, Stefania (9 February 2016). “Pressioni politiche sulle Nazioni Unite per la decisione su Julian Assange” (Italian). L'espresso. http://espresso.repubblica.it/internazionale/2016/02/09/news/pressioni-politiche-sulle-nazioni-unite-per-la-decisione-su-julian-assange-1.249387 2016年2月10日閲覧。. 
  33. ^ “Saudi prisons contract: Gove and Hammond clash over deal”. The Guardian. (2015年10月13日). http://www.theguardian.com/politics/2015/oct/13/saudi-prisons-contract-gove-and-hammond-clash-over-deal 
  34. ^ Cabinet: Hammond Chancellor, Johnson Foreign”. 2016年7月13日閲覧。
  35. ^ "Hammond sees schedule tight for Britain to vote on EU next year". Reuters. 22 September 2015.
  36. ^ Kirkup, James (2012年5月3日). “Families must accept share of blame for Britain's woes”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/banksandfinance/9244414/Families-must-accept-share-of-blame-for-Britains-woes.html 
  37. ^ a b Exclusive: Defence Secretary Philip Hammond links incest with same-sex marriage”. Pink News. 2015年2月19日閲覧。
  38. ^ Wigmore, Tim (2011年2月17日). “Philip Hammond taken to task over anti-gay rights record”. Newstatesman.com. 2015年9月8日閲覧。
  39. ^ Swinford, Steven (2013年11月8日). “Legalising same-sex marriage was 'damaging' for Tories, Philip Hammond says”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/news/politics/10435540/Legalising-same-sex-marriage-was-damaging-for-Tories-Philip-Hammond-says.html 
  40. ^ Conservative Party
  41. ^ BBC News: Vote 2001
  42. ^ “The new ruling class”. New Statesman (London). (2009年10月1日). http://www.newstatesman.com/uk-politics/2009/10/oxford-universitywealth-school 

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジョージ・オズボーン
影の財務副大臣
2005年
次代:
テレーザ・ビリアーズ
先代:
マルコム・リフキンド
影の雇用年金担当大臣
2005年 - 2007年
次代:
クリス・グレイリング
先代:
テレーザ・ビリアーズ
影の財務省主席政務官
2007年 - 2010年
次代:
リーアム・バーン
先代:
アンドリュー・アドニス
運輸大臣
2010年 - 2011年
次代:
ジャスティン・グリーニング
先代:
リアム・フォックス
国防大臣
2011年 - 2014年
次代:
マイケル・ファロン
先代:
ウィリアム・ヘイグ
外務・英連邦大臣
2014年 - 2016年
次代:
ボリス・ジョンソン
先代:
ジョージ・オズボーン
財務大臣
2016年 - 現職
現職
第二大蔵卿
2016年 - 現職
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
New constituency ラニーメード・アンド・ウェイブリッジ選挙区
選出庶民院議員

1997年 - 現職
現職