グウィリム・ロイド・ジョージ (初代テンビー子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

初代テンビー子爵グウィリム・ロイド・ジョージ英語: Gwilym Lloyd-George, 1st Viscount Tenby, TD, PC1894年12月4日 - 1967年2月14日)は、イギリスの政治家、貴族。

保守党政権下で閣僚職を歴任した。首相デイヴィッド・ロイド・ジョージの三男にあたる。

経歴[編集]

1894年12月4日自由党の革新政治家デイヴィッド・ロイド・ジョージ(後の首相)とその先妻マーガレット(旧姓オーウェン)の三男として生まれる[1]

イーストボーン・カレッジ英語版を経てケンブリッジ大学ジーザス・カレッジ英語版へ進学した[2]

1922年から1924年までと、5年間の落選期を挟んで、1929年から1950年までペンブルックシャー選挙区英語版から、ついで1950年から叙爵される1957年まで北ニューカッスル・アポン・タイン選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務めた。所属政党ははじめ自由党、後に保守党に転じた[2]

1941年枢密顧問官 (PC) に列する[2]

第1次チャーチル内閣では1942年から1945年まで動力大臣英語版[要リンク修正]を務める。第2次チャーチル内閣とイーデン内閣では1951年から1954年にかけて食糧大臣英語版、1954年から1957年まで内務大臣を務めた[3][4]

1957年テンビー子爵に叙され、貴族院議員に列した[3]

1967年2月14日に死去[3]

家族[編集]

1921年にエドナー・ジョーンズと結婚した。彼女との間に以下の2男を儲ける[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lundy, Darryl. “David Lloyd George, 1st Earl Lloyd George of Dwyfor” (英語). thepeerage.com. 2015年8月10日閲覧。
  2. ^ a b c d Lundy, Darryl. “Gwilym Lloyd George, 1st Viscount Tenby” (英語). thepeerage.com. 2015年8月10日閲覧。
  3. ^ a b c UK Parliament. “Mr Gwilym Lloyd George” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年8月10日閲覧。
  4. ^ 秦郁彦編 2001, p. 515.

参考文献[編集]

  • 秦郁彦『世界諸国の組織・制度・人事 1840―2000』東京大学出版会、2001年。ISBN 978-4130301220

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
エヴァン・ジョーンズ英語版
ペンブルックシャー選挙区英語版
選出庶民院議員

1922年 – 1924年
次代:
チャールズ・プライス英語版
先代:
チャールズ・プライス英語版
ペンブルックシャー選挙区
選出庶民院議員

1929年 – 1950年
次代:
デズモンド・ドネリー英語版
先代:
カスバート・ハードランプ英語版
北ニューカッスル・アポン・タイン選挙区英語版
選出庶民院議員

1951年 - 1957年
次代:
ウィリアム・エリオット英語版
公職
先代:
ロバート・ブースビー英語版
食糧省政務次官英語版
1940年 – 1942年
次代:
ウィリアム・マベイン英語版
新設
通商庁英語版からの分離
動力大臣英語版[要リンク修正]
1942年 – 1945年
次代:
マニー・シンウェル
先代:
モーリス・ウェブ英語版
食糧大臣英語版
1951年1954年
次代:
デリック・ヒースコート=エイモリー英語版
Minister of Agriculture, Fisheries and Foodとして
先代:
サー・デイヴィッド・マクスウェル・ファイフ
内務大臣
1954年 – 1957年
次代:
ラブ・バトラー
イギリスの爵位
爵位創設 初代テンビー子爵
1957年 – 1967年
次代:
デイヴィッド・ロイド・ジョージ