ヘンリー・ブルース (初代アバーデア男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代アバーデア男爵
ヘンリー・ブルース
Henry Bruce, 1st Baron Aberdare
1stLordAberdare.jpg
生年月日 1815年4月16日
出生地 イギリスの旗 イギリス ウェールズグランモーガンシャー英語版アバーデア英語版・ダフリン
没年月日 1895年2月25日 (満79歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス イングランドロンドン
出身校 リンカーン法曹院
前職 法廷弁護士
所属政党 自由党
称号 初代アバーデア男爵バス勲章ナイト・グランド・クロス(GCB), 枢密顧問官(PC), 王立協会フェロー(FRS)

内閣 第1次グラッドストン内閣
在任期間 1868年12月9日 - 1873年8月[1]

内閣 第1次グラッドストン内閣
在任期間 1873年8月9日 - 1874年2月21日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 マーサー・ティドビル選挙区英語版
レンフルーシャー選挙区英語版[2]
在任期間 1852年7月7日 - 1868年11月17日
1869年1月25日 - 1873年8月23日[2]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1873年 - 1895年[2]
テンプレートを表示

初代アバーデア男爵ヘンリー・オースティン・ブルース: Henry Austin Bruce, 1st Baron Aberdare, GCB, PC, FRS1815年4月16日 - 1895年2月25日)は、イギリス政治家貴族

ヴィクトリア朝自由党政権下で閣僚職を務めた。

経歴[編集]

1815年4月16日ウェールズグランモーガンシャー英語版アバーデア英語版・ダフリン(Duffryn)に生まれた[3][4]

父はグランモーガンシャーの地主ジョン・ブルース[4]。母はその妻であるサラ(旧姓オースティン)[3]

スウォンジーグラマー・スクールで学び[4]リンカーン法曹院を出て1837年法廷弁護士の資格を得る[3]。弁護士を開業した頃、ダフリンはじめアバーデア谷の一帯に石炭が発見され、彼の一族も所有する土地から莫大な富を得た[4]。6年ほど弁護士の仕事をした後、1843年にその仕事から手を引いた[5]

1847年から1852年にかけてアバーデアの治安判事を務め[4]、警察行政にあたった[5]

1852年マーサー・ティドビル選挙区英語版から当選して自由党所属の庶民院議員となる[4][3]1868年12月の解散総選挙英語版でこの選挙区の議席を失うが[5]1869年にはレンフルーシャー選挙区英語版から当選し、叙爵される1873年までここの議席を維持した[4][3]

1862年11月から1864年4月にかけて第2次パーマストン子爵内閣の内務副大臣英語版を務めた[4][5]。その後、1866年7月までパーマストン子爵内閣とその後継のラッセル伯爵内閣で教育委員会副委員長英語版を務めた[5]

1868年12月から1873年8月にかけて第1次グラッドストン内閣内務大臣として入閣した[4][5][6]。その間の1872年にはライセンス法英語版制定を主導した。同法にはライセンスに関する行政庁の設置や公共住宅に関する不正の罰則強化、飲み物販売時間の短縮などが盛り込まれていた[4]

1873年8月にグラッドストン首相の要求を受け入れて、内務大臣を辞し、枢密院議長に転任するとともに、アバーデア男爵の爵位を受けて貴族院入りした[4][7][8]

その翌年の解散総選挙英語版に自由党が敗れて下野すると彼の政治家としてのキャリアは事実上終わり、以降は社会問題や経済問題の質問に専念する[4]

1878年から1892年まで王立歴史協会英語版会長を務める。1881年には王立地理協会会長にも就任した[4]

また王立ニジェール会社英語版の傘下に創設されたナショナル・アフリカン・カンパニー英語版の社長となり、死去までナイジェリア地域の事業に携わった。この地域は1899年イギリス政府に保護領として併合されることになる[4]

1895年2月25日ロンドンで死去した[4]。爵位は長男のヘンリー・キャンベル・ブルース英語版が継承した[5]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1846年にアナベラ・バードンと結婚し、彼女との間に第2代アバーデア男爵位を継承する長男ヘンリー・キャンベル・ブルース英語版など1男3女を儲ける[3]

1852年にアナベラと死別し、1854年に陸軍軍人ウィリアム・フランシス・パトリック・ネイピア英語版中将の娘ノラと再婚した。彼女との間に登山家となる三男チャールズ・グランヴィル・ブルース英語版など2男7女を儲ける[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 秦(2001) p.509
  2. ^ a b c UK Parliament. “Mr Henry Bruce” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年8月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “Henry Austin Bruce, 1st Baron Aberdare of Duffryn” (英語). thepeerage.com. 2014年8月12日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Aberdare, Henry Austin Bruce, 1st Baron". Encyclopædia Britannica (英語). 1 (11th ed.). Cambridge University Press. 
  5. ^ a b c d e f g Cooper, Thompson (1884). “Aberdare (Lord), Henry Austin Bruce”. Men of the Time (11th ed.). London: George Routledge & Sons. pp. 4-5. 
  6. ^ The London Gazette: no. 23449. p. 6581. 1868年12月11日2014年8月12日閲覧。
  7. ^ The London Gazette: no. 24007. p. 3769. 1873年8月12日2014年8月12日閲覧。
  8. ^ a b The London Gazette: no. 24010. p. 3903. 1873年8月22日2014年8月12日閲覧。
  9. ^ The London Gazette: no. 25431. p. 120. 1885年1月9日2014年8月12日閲覧。
  10. ^ The London Gazette: no. 22848. p. 2280. 1864年4月26日2014年8月12日閲覧。
  11. ^ Bruce; Henry Austin (1815 - 1895); 1st Baron Aberdare” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2014年8月12日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジョージ・クライブ英語版
内務副大臣英語版
1862年1864年
次代:
トマス・ベアリング
先代:
ロバート・ロー英語版
教育委員会副委員長英語版
1864年1866年
次代:
ヘンリー・ローリー=コリー閣下英語版
先代:
ギャソーン・ハーディ
内務大臣
1868年1873年
次代:
ロバート・ロー英語版
先代:
初代リポン侯爵
枢密院議長
1873年 – 1874年
次代:
第6代リッチモンド公爵
グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
サー・ジョン・ゲスト準男爵英語版
マーサー・ティドビル選挙区英語版選出庶民院議員
1852年1868年
次代:
ヘンリー・リチャード英語版
先代:
アーチボルド・スピアーズ英語版
レンフルーシャー選挙区英語版選出庶民院議員
1869年 – 1873年
次代:
アーチボルド・キャンベル英語版
学職
新設 アベリストウィス大学英語版学長
1874年 – 1895年
次代:
初代レンデル男爵英語版
先代:
初代ラッセル伯爵
王立歴史協会英語版会長
1878年1891年
次代:
サー・マウントスチュアート・グラント・ダフ英語版
イギリスの爵位
新設 初代アバーデア男爵
1873年 – 1895年
次代:
ヘンリー・ブルース英語版