グレイ伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレイ伯爵
Earl Grey
Coronet of a British Earl.svg
Arms of Grey, Earl Grey.svg

紋章記述

Gules, a lion rampant within a bordure engrailed argent, in dexter chief point a mullet or[1]

創設時期 1806年4月11日
創設者 ジョージ3世
貴族 連合王国貴族
初代 チャールズ・グレイ(初代グレイ男爵)
現所有者 フィリップ・グレイ英語版(第7代グレイ伯爵)
相続人 アレグザンダー・グレイ(ホーウィック子爵)
相続資格 初代伯爵の直系嫡出の男系男子
付随称号 ホーウィック子爵、ホーウィックのグレイ男爵、(ホーウィックの)準男爵
現況 存続
旧邸宅 ホーウィック・ホール英語版
ファラドン・ホール
紋章標語 De bon vouloir servir le roy
("善意をもって王に仕えるために")

グレイ伯爵グレー伯爵: Earl Grey)は、連合王国貴族伯爵位。1806年にホーウィックの初代グレイ男爵チャールズ・グレイ陸軍大将が叙位されたことに始まる。彼はそれに先立つ1801年ホーウィックのグレイ男爵に叙されており、伯爵叙位の際にホーウィック子爵にも叙されたのでグレイ伯爵にはこの二つの爵位(ともに連合王国貴族)が付属する。さらに1808年には2代伯チャールズ(ホーウィックの)準男爵(グレートブリテン準男爵位)も継承しており、以降はこの称号もグレイ伯爵位に付随する。伯位の法定推定相続人儀礼称号としてホーウィック子爵と称する。

紅茶アールグレイは、イギリスの首相も務めた2代伯チャールズに由来する。またカナディアン・フットボール・リーグのプレーオフ優勝チームに与えられるグレイ・カップは、カナダの総督であった4代伯アルバートが寄贈したものである。

グレイ伯爵家はかつてノーサンバーランドにあるホーウィック・ホール英語版ファラドン・ホールFallodon Hall; ファロドン・ホール)を邸宅としたが、現在はどちらもグレイ伯爵家の手を離れている。

歴史[編集]

グレイ伯に叙される前のグレイ家[編集]

グレイ家は、1319年からイングランド北部ノーサンバーランド州ホーウィック英語版を領有するようになり、以降1963年の第5代グレイ伯爵チャールズ・グレイ英語版の死去まで同地を本拠とした[2]

初代グレイ伯チャールズ・グレイの12代前の先祖であるトマス・グレイ英語版(1384–1415)は、サウサンプトンの陰謀英語版事件で処刑され、弟ジョン・グレイ英語版(1384–1421)が代わって領地を継承[3]。ジョンは百年戦争に従軍し、1419年1月31日にノルマンディー貴族タンカーヴィル伯爵英語版(Comte de Tancarville)に叙された[4]。これがグレイ家が得た最初の貴族称号だったが、その孫の第3代タンカーヴィル伯爵リチャード・グレイ英語版(1436-1466頃)は、薔薇戦争ラドフォード橋の戦いで第3代ヨーク公リチャード・プランタジネット側に付いたため、称号をはく奪された[5]

次にグレイ家で貴族称号を得たのは、初代グレイ伯の6代前の先祖エドワード・グレイ(-1632)の兄弟の子であるウィリアム・グレイ英語版(-1674)である。彼は1619年6月15日にイングランド準男爵位の(チリナムの)準男爵(Baronet"of Chillingham")に叙せられた後、ノーサンバーランド選挙区英語版選出の庶民院議員を務め、1624年2月11日イングランド貴族爵位ノーサンバランド州におけるウェークのグレイ男爵英語版(Baron Grey of Warke, of Warke in the County of Northumberland)に叙せられた[6]。その孫であるウェークの第3代グレイ男爵フォード・グレイ英語版(1655-1701)は、1695年6月11日にイングランド貴族爵位グレンデール子爵(Viscount Glendale)タンカーヴィル伯爵(Earl of Tankerville)に叙されたが、男子がなかったためこれらの爵位は彼一代で廃絶した[7]。ウェークのグレイ男爵位もその弟ラルフ・グレイ英語版(1661頃-1706)の死去をもって廃絶している[6]

グレイ伯爵グレイ家[編集]

初代グレイ伯の父であるヘンリー・グレイ(1691-1749)は、1738年ノーサンバーランド州ハイ・シェリフ英語版を務め、1746年1月11日にはグレートブリテン準男爵位の(ノーサンバランド州におけるホーウィックの)準男爵(Baronet "of Howick in the County of Northumberland")に叙せられた[8]。彼の死後、2代準男爵となったのは息子のサー・ヘンリー・グレイ(1722-1808)で、1754年から1768年までノーサンバーランド選出の庶民院議員となった[9]

2代準男爵の弟であったチャールズ・グレイ陸軍軍人で、七年戦争アメリカ独立戦争フランス革命戦争で戦い、1796年には陸軍大将に任じられた。彼は1801年6月23日連合王国貴族爵位ノーサンバーランド州におけるホーウィックのホーウィックのグレイ男爵(Baron Grey of Howick, of Howick in the County of Northumberland)、続いて1806年4月11日グレイ伯爵およびノーサンバーランド州におけるホーウィックのホーウィック子爵(Viscount Howick, of Howick in the County of Northumberland)に叙された[10][11]。これがグレイ伯爵家の創設となった。

1830年から1834年にかけて首相を務めた第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイトマス・フィリップス英語版画)

2代伯となったのは初代伯の成人した最年長の息子のチャールズ・グレイ(1764-1845)である。父親から相続した爵位に加え、1808年3月30日には未婚だった伯父のサー・ヘンリーから準男爵位も相続した[11][12]。またこの際にホーウィックを相続する代わりにファラドンに関する権利は放棄している[2]。彼はホイッグ党の政治家で、1830年から1834年までのホイッグ党政権において首相を務め、第一次選挙法改正英語版腐敗選挙区の廃止や有権者の拡大)[13]救貧法改正(院外救済の廃止と救貧院における「劣等処遇の原則」の適用)[14]、都市自治体改革(市政の中心を寡頭的な参事会から選挙で選出されるタウン・カウンシルへ移行)[15]工場法改正による児童労働の時間制限[16]、植民地を含めた大英帝国全体における奴隷制廃止[17]などの治績を挙げた。

初代伯の三男(2代伯の弟)のジョージ・グレイ英語版(1767-1828)は、1814年(ファラドンの)準男爵に叙されており、この分流の系譜からは1905年から1916年にかけて外相を務めたファラドンの初代グレイ子爵エドワード・グレイ(1862-1933)が出る[18]

2代伯が死去すると、その成人した最年長の息子であるヘンリー・グレイが襲爵した。彼もホイッグ党の政治家で、ジョン・ラッセル卿第1次内閣英語版陸軍・植民地大臣として入閣した[11][19]

3代伯には子供がなかったため、弟サー・チャールズ・グレイ英語版陸軍大将の息子であるアルバート・グレイが伯位を相続した。彼は自由党(後に自由統一党)所属の政治家で、はじめ庶民院議員となり、襲爵によって貴族院に移った。1896年から1898年まで南ローデシア行政官英語版を、1904年から1911年までカナダの総督を務めた。総督在職中の1907年には日本皇族である伏見宮貞愛親王カナダ訪問を手配した。またカナディアン・フットボール・リーグのプレーオフ優勝チームに与えられるグレイ・カップは彼が寄贈したものである[20]

5代伯となったのは4代伯の長男のチャールズ・グレイ英語版(1879-1963)である[11][21]。5代伯には男子がなかったため、1963年に彼が死去した時、ホーウィック・ホールの所有権は彼の娘メアリー・セシル・グレイ(Mary Cecil Grey, 1907-2002)に移ったが(2019年現在は彼女の息子であるグレンデールの第2代ホーウィック男爵チャールズ・ベアリング英語版とその妻が所有)[2]、男系男子に限定されるグレイ伯爵位は3代伯やサー・チャールズ陸軍大将の弟のジョージ・グレイ海軍大将(1809-1891)の玄孫であるリチャード・グレイ英語版(1939-2013)が相続した[11][22]。6代伯にも男子がなかったため、爵位は弟のフィリップ・グレイ英語版(1940-)が相続した。2019年現在のグレイ伯爵も彼である[11][23]

現在のグレイ伯爵はデヴォンキングスブリッジ英語版のベル・クロス・ロード(Belle Cross Road)にあるヴァレリー・コテージ(Valley Cottage)に在住している[11]

現当主の保有爵位[編集]

現当主フィリップ・グレイ英語版は以下の爵位を保有している[11][23]

  • 第7代グレイ伯爵 (7th Earl Grey)
    (1806年4月11日勅許状による連合王国貴族爵位)
  • ノーサンバーランド州におけるホーウィックの第7代ホーウィック子爵 (7th Viscount Howick, of Howick in the County of Northumberland)
    (1806年4月11日の勅許状による連合王国貴族爵位) ※法定推定相続人儀礼称号
  • ノーサンバーランド州におけるホーウィックのホーウィックの第7代グレイ男爵 (7th Baron Grey of Howick, of Howick in the County of Northumberland)
    (1801年6月23日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • (ノーサンバーランド州におけるホーウィックの)第8代準男爵 (8th Baronet "of Howick in the County of Northumberland")
    (1746年1月11日の勅許状によるグレートブリテン準男爵位)

歴代当主[編集]

(ホーウィックのグレイ)準男爵(1746年)[編集]

肖像 称号の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 役職 他の称号
初代準男爵
サー・ヘンリー・グレイ
(Sir Henry Grey)
(1691年1749年)
1746年1月11日
1749年5月頃
無し
第2代準男爵
サー・ヘンリー・グレイ
(Sir Henry Grey)
(1722年1808年)
1749年5月頃
1808年3月30日
先代の息子
Charles Grey, 2nd Earl Grey after Sir Thomas Lawrence cropped (cropped).jpg 第3代準男爵
サー・チャールズ・グレイ
(Sir Charles Grey)
(1764–1845)
1808年3月30日
1845年7月17日
先代の甥
(初代準男爵の四男の長男)
英国首相(1830年-1834年) グレイ伯爵
ホーウィック子爵
ホーウィックのグレイ男爵
以後の準男爵位はグレイ伯爵位と継承者が同じ。下記のグレイ伯爵の欄参照。

ホーウィックのグレイ男爵 (1801年)[編集]

肖像 称号の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 役職 他の称号
1stEarlGrey.jpg ホーウィックの初代グレイ男爵
チャールズ・グレイ
(Charles Grey)
(1729年-1807年)
1801年6月23日
-1807年11月14日
初代準男爵の四男 陸軍大将 グレイ伯爵
ホーウィック子爵
1806年4月11日にグレイ伯爵に叙される。以降グレイ伯爵位と継承者が同じ。下記のグレイ伯爵の欄参照。

グレイ伯爵 (1806年)[編集]

肖像 称号の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 役職 他の称号
1stEarlGrey.jpg 初代グレイ伯爵
チャールズ・グレイ
(Charles Grey)
(1729年-1807年)
1806年4月11日
-1807年11月14日
初代準男爵の四男 陸軍大将 ホーウィック子爵
ホーウィックのグレイ男爵
Charles Grey, 2nd Earl Grey after Sir Thomas Lawrence cropped (cropped).jpg 第2代グレイ伯爵
チャールズ・グレイ
(Charles Grey)
(1764年-1845年)
1807年11月14日
-1845年7月17日
先代の長男 英国首相(1830年-1834年) ホーウィック子爵
ホーウィックのグレイ男爵
(ホーウィックの)準男爵
3rdEarlGrey.jpg 第3代グレイ伯爵
ヘンリー・ジョージ・グレイ
(Henry George Grey)
(1802年-1894年)
1845年7月17日
-1894年10月9日
先代の長男 陸軍植民相(1846年-1852年)
Albert Grey.jpg 第4代グレイ伯爵
アルバート・ヘンリー・ジョージ・グレイ
(Albert Henry Georges Grey)
(1851年-1917年)
1894年10月9日
-1917年8月29日
先代の甥
(2代伯の次男の長男)
カナダ総督(1904年-1911年)
第5代グレイ伯爵
チャールズ・ロバート・グレイ英語版
(Charles Robert Grey)
(1879年-1963年)
1917年8月29日
-1963年4月2日
先代の長男
第6代グレイ伯爵
リチャード・フレミング・ジョージ・チャールズ・グレイ英語版
(Richard Fleming George Charles Grey)
(1939年-2013年)
1963年4月2日
-2013年9月10日
先代のはとこの孫
(2代伯の四男の玄孫)
第7代グレイ伯爵
フィリップ・ケント・グレイ英語版
(Philip Kent Grey)
(1940年-)
2013年9月10日
-受爵中
先代の弟

現在、伯位の法定推定相続人は7代伯の長男のホーウィック子爵(儀礼称号)アレグザンダー・エドワード・グレイ(1968年 - )である。

家系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mosley, Charles, ed (2003). Burke's Peerage, Baronetage & Knighthood (107 ed.). Burke's Peerage & Gentry. p. 1660. ISBN 0-9711966-2-1. 
  2. ^ a b c Earl Grey and the Grey Family” (英語). Howick Hall Gardens. 2019年3月24日閲覧。
  3. ^ Pugh 1988, p. 104.
  4. ^ Lundy, Darryl. “Sir John Grey, 1st Comte de Tancarville” (英語). thepeerage.com. 2019年3月26日閲覧。
  5. ^ Bernard Burke, A genealogical history of the dormant, abeyant, forfeited, and extinct peerages of the British Empire, London, 1866, pg 251
  6. ^ a b Heraldic Media Limited. “Tankerville, Earl of (E, 1695 - 1701)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年3月24日閲覧。
  7. ^ Heraldic Media Limited. “Grey of Warke, Baron (E, 1624 - 1706)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年3月24日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Sir Henry Grey, 1st Bt” (英語). thepeerage.com. 2019年3月26日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “Sir Henry Grey, 2nd Bt.” (英語). thepeerage.com. 2019年3月26日閲覧。
  10. ^ Lundy, Darryl. “General Charles Grey, 1st Earl Grey” (英語). thepeerage.com. 2019年3月26日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h Heraldic Media Limited. “Grey, Earl (UK, 1806)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年3月24日閲覧。
  12. ^ Lundy, Darryl. “Charles Grey, 2nd Earl Grey” (英語). thepeerage.com. 2019年3月26日閲覧。
  13. ^ 村岡健次 & 木畑洋一 1991, p. 75-80.
  14. ^ 村岡健次 & 木畑洋一 1991, p. 82-84.
  15. ^ 村岡健次 & 木畑洋一 1991, p. 84-87.
  16. ^ トレヴェリアン 1975, p. 132.
  17. ^ トレヴェリアン 1975, p. 66.
  18. ^ Lundy, Darryl. “Edward Grey, 1st Viscount Grey of Fallodon” (英語). thepeerage.com. 2019年3月24日閲覧。
  19. ^ Lundy, Darryl. “Henry George Grey, 3rd Earl Grey” (英語). thepeerage.com. 2019年3月26日閲覧。
  20. ^ The Governor General > Former Governors General > British > Earl Grey 1904-1911” (英語). The Governor General of Canada. カナダ総督府. 2019年3月27日閲覧。
  21. ^ Lundy, Darryl. “Charles Robert Grey, 5th Earl Grey” (英語). thepeerage.com. 2019年3月26日閲覧。
  22. ^ Lundy, Darryl. “Richard Fleming George Charles Grey, 6th Earl Grey” (英語). thepeerage.com. 2019年3月26日閲覧。
  23. ^ a b Lundy, Darryl. “Philip Kent Grey, 7th Earl Grey” (英語). thepeerage.com. 2019年3月26日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

初代グレイ伯の三男ジョージ・グレイ英語版1814年に叙された称号。彼の男系男子に継承されて現存。
初代グレイ伯の6代前の先祖の兄の子ウィリアム・グレイ英語版1624年に叙された。4代続いたが1706年に廃絶。
初代グレイ伯の12代前の先祖の兄ジョン・グレイ英語版1419年に叙された。3代続いたが1459年に剥奪。二期目はウェークの3代グレイ男爵フォード・グレイ英語版1695年に叙されたが一代で廃絶。

外部リンク[編集]