市橋秀夫 (社会学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市橋 秀夫
(いちはし ひでお)
生誕 1962年(58 - 59歳)
日本の旗 日本愛知県名古屋市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 イギリス社会史
研究機関 埼玉大学
出身校 慶應義塾大学
イングランドの旗 ウォーリック大学Ph.D.
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

市橋 秀夫(いちはし ひでお、1962年 - )は日本歴史学者埼玉大学教養学部教授[1]。専攻はイギリス社会史愛知県名古屋市生まれ。

来歴[編集]

学会等[編集]

  • 社会経済史学会
  • 文化経済学会
  • 史学会
  • NPO法人APLA理事

著書[編集]

翻訳[編集]

  • スティーヴ・ハンフリーズ、パメラ・ゴードン『「障害者」を生きる ―イギリス二十世紀の生活記録』青弓社、2001年5月。ISBN 9784787231857
  • デイヴィッド・ランサム『フェア・トレードとは何か』青土社、2004年11月。ISBN 9784791761517
  • マイルズ・リトヴィーノフ、ジョン・メイドリー『フェアトレードで買う50の理由』青土社、2007年11月。ISBN 9784791763795

共訳[編集]

  • デイヴィッド・ダビディーン(著)、松村高夫、市橋秀夫(訳)『大英帝国の階級・人種・性―W・ホガースにみる黒人の図像学』同文館出版、1992年7月。ISBN 9784495856915
  • マイケル・バラットブラウン(著)青山薫、市橋秀夫(訳)『フェア・トレード ―公正なる貿易を求めて』新評論、1998年4月。ISBN 9784794804006
  • エドワード・P・トムスン(著)、市橋秀夫、芳賀健一(訳)『イングランド労働者階級の形成』青弓社、2003年5月。ISBN 9784787232137
  • ピーター・クラーク(著)、西沢保、市橋秀夫、椿建也、長谷川淳一 他(訳)『イギリス現代史 1900-2000』名古屋大学出版会、2004年8月。ISBN 9784815804916

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 市橋秀夫. “埼玉大学研究者総覧”. 埼玉大学. 2013年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]