ミュンヘンの悲劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
英国欧州航空 609便
Munich air disaster.jpg
事故機の残骸
概要
日付 1958年2月6日
原因 滑走路に張った雪による失速
場所 西ドイツの旗 西ドイツバイエルン州 ミュンヘン リーム空港
死者 23
負傷者 19
航空機
機体 エアスピード アンバサダー
運用者 Flag of the United Kingdom.svg英国欧州航空
機体記号 G-ALZU
乗客数 38
乗員数 6
生存者 21
テンプレートを表示
犠牲になったマンチェスター・ユナイテッドの選手たち
事故機と同型のBEA エアスピード・アンバサダー

ミュンヘンの悲劇(ミュンヘンのひげき、Munich air disaster)は、1958年2月6日西ドイツ(当時)・ミュンヘンリーム空港(現在のフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港とは異なり、メッセゲレンデの場所にあった空港)で起こった航空事故イングランドフットボールリーグのチーム、マンチェスター・ユナイテッドのチャーター機の乗員乗客44名のうち、23名が死亡。選手は死亡8人、重傷7人。

事故とその原因[編集]

英国欧州航空(BEA)のチャーター機・BE609便は選手の一人がパスポートを忘れたためベオグラードを1時間遅れで出発。当時のプロペラ機ブリテン島まで無着陸飛行する能力がなく、ミュンヘンに給油のために立ち寄った。給油後、2度離陸を試みるが速度が上がらず中止。不安を感じ当時安全とされた後部座席に移る者もいたが、皮肉にも犠牲者を増す結果となった。午後3時4分、3度目の離陸を試みるが離陸速度に達せず、フェンスを突き破り300m離れた空き家に突っ込み炎上。乗客のうち乳児一人は生存した選手であるハリー・グレッグが救出した。

西ドイツの調査委員会の報告では当初、原因は翼の上に付着した氷について操縦士が判断を怠ったためとされた。しかし、68年イギリスの事故調査委員会の調査では、離陸前の写真、救出作業員の証言、関係者証言に基づく実験によって、滑走路上のシャーベット状の氷(スラッシュ)が原因とされた。この事故で得られた経験はこれ以降、世界中の常識となった。事故後11年して操縦士の濡れ衣は晴れたが、事故当時36歳、英空軍出身の機長ジェームズ・セイン(James Thain)は事故後解雇され、心臓発作により54歳で亡くなるまで故郷でひっそりと養鶏で暮らした。

背景[編集]

1955年から開始されたヨーロッパのクラブ選手権であるチャンピオンズカップに初めてイングランド代表として乗り込んだのが、当時黄金時代を迎えていたマンチェスター・ユナイテッドだった。しかしこの参戦は孤立主義を掲げていたイングランドサッカー協会の警告を無視したもので、国内リーグの日程を調整してもらうこともできず、強行日程を強いられた。

準々決勝に進出したマンチェスター・ユナイテッドはユーゴスラビアの強豪、レッドスター・ベオグラードと対戦。ホームで2-1と勝利したのち、2月5日(水曜日)に敵地・ベオグラードに乗り込み3-3の引き分け、総計5-4で準決勝進出を果たす。現代でこそ当たり前になった水曜・土曜の連戦だが、まだ飛行機の事情も良くなく、移動に労力を費やしていたこの時代に共産圏の国で試合をしてまた帰ってくるというのは信じがたい強行日程であった。また、土曜日にはブラックバーン・ローヴァーズとの上位直接対決が控えており、帰国を焦っていた事情もあった。更に、この時期は欧州全土を寒波が襲っていたという。

犠牲者および生存者[編集]

犠牲者[編集]

選手[編集]

その他の犠牲者[編集]

生存者[編集]

選手[編集]

クルー[編集]

  • ジェームス・セイン - 機長(+ 1975年
  • ジョージ(ビル)・ロジャーズ - 通信士(+ 1997年
  • ローズマリー・チェヴァートン - 客室乗務員
  • マーガレット・ベリス - 客室乗務員(+ 1998年

その他の生存者[編集]

  • マット・バスビー - 監督。数日間の危篤状態から生還(+ 1994年
  • フランク・テイラー - 記者(+ 2002年
  • ピーター・ホワード - カメラマン(+ 1996年
  • テッド・エリヤード - カメラマン(+ 1964年
  • ヴェラ・ルキッチ - 旅行者。ユーゴスラビアの外交官の家族だったといわれる
  • ヴェノーナ・ルキッチ - ヴェラの乳児の娘。ハリー・グレッグによって救出された
  • ミクロス夫人 - 亡くなった旅行代理店添乗員の夫人
  • N・トマシェヴィッチ - 旅行者

マンチェスター・ユナイテッドのその後[編集]

「ミュンヘンの悲劇」祈念碑

8名の死者のほか、2名が再起不能であり、当然チームは大きな打撃を受けた。チャンピオンズカップの準決勝も控え選手中心で臨むが敗退。しかし、奇跡的に生還した監督マット・バスビーと、その後精神的打撃からも立ち直ったボビー・チャールトンが中心となってクラブを再建。若手選手の目覚しい成長もあり、マンチェスター・ユナイテッドはFAカップフットボールリーグを制覇。ミュンヘンでの事故から10年後の1968年には、悲願のチャンピオンズカップを奪取し、イングランドのクラブとして初めてヨーロッパ制覇を成し遂げた(このときのエピソードについてはボビー・チャールトンの項を参照)。

これらの歴史的な背景から、マンチェスター・ユナイテッドはイングランドリーグを代表するクラブとして世界中のフットボールファンに認知され、長年名門クラブとして活動を続けている。

マンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアム、オールド・トラフォードの一角には、事故の犠牲者を追悼する祈念碑が掲げられ、スタジアムの時計は事故の起きた時間で止められていたが、2012年4月現在は稼動している[1]

出典[編集]

関連項目[編集]