トマス・ロビンソン (第2代グランサム男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第2代グランサム男爵
トマス・ロビンソン
Thomas Robinson
2nd Baron Grantham
Thomas Robinson 2nd Baron.jpg
生年月日 1738年11月30日
出生地 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国オーストリア帝国の旗 オーストリア大公国ウィーン
没年月日 (1786-07-20) 1786年7月20日(47歳没)
死没地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国、イングランド・ロンドン
出身校 ケンブリッジ大学クライスツ・カレッジ
所属政党 ホイッグ党
称号 第2代グランサム男爵枢密顧問官(PC)
配偶者 メアリー
親族 初代グランサム男爵英語版(父)
第2代ド・グレイ伯爵英語版(長男)
初代ゴドリッチ子爵(次男)

内閣 ノース卿内閣、第二次ロッキンガム侯爵内閣
在任期間 1780年12月9日 - 1782年7月11日

内閣 シェルバーン伯爵内閣
在任期間 1782年7月13日 - 1783年4月2日

グレートブリテン王国の旗 庶民院議員
選挙区 クライストチャーチ選挙区英語版
在任期間 1761年 - 1770年

グレートブリテン王国の旗 貴族院議員
在任期間 1770年 - 1786年
テンプレートを表示

第2代グランサム男爵トマス・ロビンソン: Thomas Robinson, 2nd Baron Grantham, PC1738年11月30日 - 1786年7月20日)は、イギリス政治家外交官貴族

首相を務めた初代ゴドリッチ子爵フレデリック・ジョン・ロビンソンは子息である。

経歴[編集]

1738年11月30日、駐ウィーン公使のトマス・ロビンソン英語版(後に初代グランサム男爵に叙される)とその妻フランセス(旧姓ウォーズリー)の長男としてオーストリア首都ウィーンに生まれる[1][2]

ウェストミンスター・スクールを経て、ケンブリッジ大学クライスツ・カレッジを卒業[1][2]

1761年から1770年にかけてクライストチャーチ選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務める。1770年に父からグランサム男爵位を継承して貴族院へ移籍した。1770年から1771年にかけて副宮内長官英語版を務める。1771年から1779年にかけては駐スペイン大使を務める。1780年から1782年にかけては第一商務卿英語版を務め、1782年から1783年にかけて外務大臣を務めた[1][2]

1786年7月20日にロンドン・パットニー英語版のグランサム・ハウスで死去した[2]

栄典[編集]

爵位[編集]

名誉職その他[編集]

家族[編集]

1780年に第2代ハードウィック伯爵フィリップ・ヨーク英語版の娘メアリー・ヨークと結婚し、彼女との間に以下の2子を儲けた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Lundy, Darryl. “Thomas Robinson, 2nd Baron Grantham” (英語). thepeerage.com. 2014年3月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f "Robinson, Thomas (RBN755T)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
グレートブリテン議会英語版
先代:
サー・トマス・ロビンソン英語版
ジョン・モーダント英語版
クライストチャーチ選挙区英語版選出庶民院議員
1761年 - 1770年
同一選挙区同時当選者
ジェームズ・ハリス英語版
次代:
ジェームズ・ハリス英語版
サー・ジェームズ・ハリス
公職
先代:
ヴィリアーズ子爵英語版
グレートブリテン王国の旗 副宮内長官英語版
1770年 - 1771年
次代:
ヒンチングブルック子爵英語版
先代:
第5代カーライル伯爵
グレートブリテン王国の旗 第一商務卿英語版
1780年 - 1782年
次代:
トマス・タウンゼンド英語版
(商務・外国農園委員長)
先代:
チャールズ・ジェームズ・フォックス
グレートブリテン王国の旗 外務大臣
1782年 - 1783年
次代:
チャールズ・ジェームズ・フォックス
グレートブリテンの爵位
先代:
トマス・ロビンソン英語版
第2代グランサム男爵
1770年 - 1786年
次代:
トマス・ロビンソン英語版