エドワード・グレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代ファラドンのグレイ子爵エドワード・グレイ
Edward Grey, 1st Viscount Grey of Fallodon
Edward Grey, 1st Viscount Grey of Fallodon by Sir James Guthrie.jpg
サー・ジェイムズ・ガスリーによる肖像
生年月日 1862年4月26日
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
没年月日 (1933-09-07) 1933年9月7日(71歳没)
死没地 イングランドの旗 イングランドノーサンバーランドFallodon
出身校 オックスフォード大学ベリオール・カレッジ
所属政党 自由党
称号 ガーター勲章受勲者(KG)
枢密顧問官(PC)
ロンドン動物学会会員(FZL)
ノーサンバーランド州副知事(DL)
配偶者 ドロシー・ウィドリントン
親族 サー・ジョージ・グレイ準男爵(祖父)

内閣 キャンベル=バナマン内閣
第1次・第2次アスキス内閣
在任期間 1905年12月10日 - 1916年12月10日
テンプレートを表示

初代ファラドンのグレイ子爵エドワード・グレイ: Edward Grey, Viscount Grey of Fallodon1862年4月26日 - 1933年9月7日)はイギリス政治家・鳥類学者である。自由党所属。第一次世界大戦開戦時のイギリスの外務大臣

1862年ロンドンで生まれる。ウィンチェスター・カレッジからオックスフォード大学ベリオール・カレッジに進むが退学。1882年に祖父のサー・ジョージ・グレイ第2代グレイ伯の甥)から準男爵位を継ぐ。

1885年、バーウィック・アボン・ツイードから自由党員として当選。1905年からキャンベル=バナマン内閣の外相になり、第1次及び第2次アスキス内閣でもその職を務める。第一次世界大戦開戦時にはイギリスを参戦に導く役割を担う。1916年、ロイド・ジョージ内閣成立に及び辞職。イギリスの外相の最長在任記録(1905-1916年まで11年間)を持つ。

1916年にファラドンのグレイ子爵となり、貴族院へ退く。眼を患っており、大戦集結時にはほぼ視力を失っていた。1919年から1920年まで在アメリカ合衆国イギリス大使。1933年の彼の死で、爵位を継ぐものはなく、ファラドンのグレイ子爵は一代限りとなった。弟が二人いたが共にアフリカでの猛獣狩りで命を落とした。一人はライオンに、もう一人はバッファローに殺されている。

釣りを趣味としており、フライフィッシングに関する著書を出している。

関連項目[編集]

先代:
第5代ランズダウン侯爵
外務大臣
1905-1916
次代:
アーサー・バルフォア