ジョージ・ハワード (第7代カーライル伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第7代カーライル伯爵
ジョージ・ハワード
George Howard
7th Earl of Carlisle
7th Earl of Carlisle-edit.jpg
1860年代初頭のカーライル伯
生年月日 1802年4月18日
出生地 イギリスの旗 イギリス イングランドロンドンヒル・ストリート英語版
没年月日 (1864-12-05) 1864年12月5日(62歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス イングランドヨークシャーハワード城
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 ホイッグ党自由党
称号 第7代カーライル伯爵ガーター勲章

内閣 第一次ラッセル内閣
在任期間 1850年3月6日 - 1852年2月21日

内閣 第一次パーマストン子爵内閣
第二次パーマストン子爵内閣
在任期間 1855年3月7日 - 1858年3月8日
1859年6月24日 - 1864年11月1日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 モーペス選挙区英語版
ヨークシャー選挙区英語版
ヨークシャー西リディング選挙区英語版
ヨークシャー西リディング選挙区[1]
在任期間 1826年6月12日 - 1830年8月3日
1830年8月5日 - 1832年12月10日
1832年12月10日 - 1841年6月29日
1846年2月4日 - 1848年10月7日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1848年10月7日 - 1864年12月5日
テンプレートを表示

第7代カーライル伯爵ジョージ・ウィリアム・フレデリック・ハワード英語: George William Frederick Howard, 7th Earl of Carlisle, KG, PC1802年4月18日 - 1864年12月5日)は、イギリスの政治家、貴族。

ヴィクトリア朝前期のホイッグ党自由党政権で閣僚職を歴任した。

1825年から1848年まではモーペス子爵の儀礼称号で称された。

経歴[編集]

1802年4月18日、後に第6代カーライル伯爵となるモーペス子爵ジョージ・ハワードとその妻ジョージアナ(第5代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ英語版の娘)の間の長男としてロンドンヒル・ストリート英語版に生まれる[2][3][4]

イートン校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチで学ぶ[3]

大学在学中の1826年モーペス選挙区英語版から選出されてホイッグ党所属の庶民院議員となる。1830年までこの選挙区から選出され、ついで1830年から1832年までヨークシャー選挙区英語版1832年から1841年までと1846年から1848年にかけてはヨークシャー西リディング選挙区英語版から選出された[3][4]

1848年10月7日の父の死で第7代カーライル伯爵位以下4つの爵位を継承し[3][4]貴族院議員に転じた[1]

ホイッグ党・自由党政権で閣僚職を歴任し、1835年から1841年にかけてアイルランド担当大臣英語版(第二次メルバーン子爵内閣)、1846年から1850年にかけて森林庁長官英語版(第一次ラッセル内閣)、1850年から1852年にかけてランカスター公領大臣(同)、1855年から1858年までと1859年から1864年までアイルランド総督(第一次・第二次パーマストン子爵内閣)を務めた[1][4][3]

1835年にはイギリスとアイルランドの両方で枢密顧問官(PC)となる[3]

1864年12月5日ヨークシャーの居城ハワード城で死去。生涯結婚しなかったので子供はなかった[3]。爵位は甥のウィリアム・ジョージ・ハワード英語版が継承した[4]

栄典[編集]

爵位[編集]

1848年10月7日の父の死により以下の爵位を継承した[4][3]

(1661年4月30日勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • モーペスの第7代ハワード子爵 (7th Viscount Howard of Morpeth)
(1661年4月30日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • ギルスランドの第7代デイカー男爵 (7th Baron Dacre of Gillesland)
(1661年4月30日の勅許状によるイングランド貴族爵位)

勲章[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d UK Parliament. “Viscount Morpeth” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年12月1日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “George Howard, 6th Earl of Carlisle” (英語). thepeerage.com. 2015年12月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “George William Frederick Howard, 7th Earl of Carlisle” (英語). thepeerage.com. 2015年12月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Carlisle, Earl of (E, 1661)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ウィリアム・オード英語版
ウィリアム・ハワード英語版
モーペス選挙区英語版選出庶民院議員
1826年–1830年
次代:
ウィリアム・オード英語版
ウィリアム・ハワード英語版
先代:
ミルトン子爵英語版
ウィリアム・ダンクーム英語版
リチャード・フォンテイン=ウィルソン
ジョン・マーシャル英語版
ヨークシャー選挙区英語版選出庶民院議員
1830年–1832年
同一選挙区同時当選者
ウィリアム・ダンクーム英語版 1830–1831
ヘンリー・ブロアム英語版 1830
リチャード・ベサル英語版 1830–1831
第2代準男爵サー・ジョン
ヴェンデン=ビンディ=ジョンストン
英語版
1830–1832
ジョージ・ストリックランド英語版 1831–1832
ジョン・チャールズ・ラムズデン英語版 1831–1832
廃止
新設 ヨークシャー西リディング選挙区英語版選出庶民院議員
1832年–1841年
同一選挙区同時当選者
第7代準男爵サー・ジョージ・ストリックランド英語版
次代:
ジョン・ステュアート=
ワートリー=マッケンジー
英語版

エドムンド・ベケット・デニソン英語版
先代:
ジョン・ステュアート=
ワートリー=マッケンジー
英語版

エドムンド・ベケット・デニソン英語版
ヨークシャー西リディング選挙区英語版選出庶民院議員
1846年 – 1848年
同一選挙区同時当選者
エドムンド・ベケット・デニソン英語版 1846–1847
リチャード・コブデン 1847–1848
次代:
リチャード・コブデン
エドムンド・ベケット・デニソン英語版
公職
先代:
サー・ヘンリー・ハーディング
アイルランド担当大臣英語版
1835年–1841年
次代:
エリオット卿英語版
先代:
初代カニング伯爵
森林庁長官英語版
1846年–1850年
次代:
シーモア卿英語版
先代:
初代キャンベル男爵英語版
ランカスター公領大臣
1850年–1852年
次代:
ロバート・クリストファー英語版
先代:
第3代セント・ジャーマンズ伯爵英語版
アイルランド総督
1855年–1858年
次代:
第13代エグリントン伯爵英語版
先代:
第13代エグリントン伯爵英語版
アイルランド総督
1859年–1864年
次代:
第3代ウッドハウス男爵
学職
先代:
第13代エグリントン伯爵英語版
アバディーン大学マリスカル・カレッジ学長英語版
1853年–1854年
次代:
ウィリアム・シャークス英語版
名誉職
先代:
初代ウェンロック男爵英語版
ヨークシャー西リディング知事英語版
1847年–1864年
次代:
第2代ウェンロック男爵英語版
イングランドの爵位
先代:
ジョージ・ハワード
第7代カーライル伯爵
1848年–1864年
次代:
ウィリアム・ジョージ・ハワード英語版