キンバリー伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キンバリー伯爵ウッドハウス家英語版の紋章

キンバリー伯爵英語: Earl of Kimberley)は、イギリス伯爵位。

1611年創設のウィルバーホールの準男爵、1797年創設のウッドハウス男爵を前身とし、第3代ウッドハウス男爵ジョン・ウッドハウス1866年連合王国貴族として叙されたのに始まる。

歴史[編集]

初代キンバリー伯爵ジョン・ウッドハウス

ノーフォーク州キンバリー英語版の地主ウッドハウス家英語版の当主で1586年から1587年にかけて庶民院議員を務めたフィリップ・ウッドハウス(-1623)は、1611年6月29日(ノーフォーク州におけるウィルバーホールの)準男爵(Baronet, "of Wilberhall, in the County of Norfolk)に叙せられた[1]

その昆孫6代準男爵サー・ジョン・ウッドハウス(1741–1834) は、1784年から1797年にかけてトーリー党庶民院議員を務め、1797年10月26日グレートブリテン貴族ノーフォーク州におけるキンバリーのウッドハウス男爵(Baron Wodehouse, of Kimberley in the County of Norfolk)に叙せられた[2][3]

その長男である2代男爵ジョン・ウッドハウス(1770–1846)も襲爵前に庶民院議員を務めた[3][4]

2代男爵の長男ヘンリー(1799-1834)は父に先立ったため、2代男爵の死後、ヘンリーの長男ジョン・ウッドハウス(1826–1902)が3代男爵を継承した。彼は自由党の政治家だったが、歴代当主の中で最も政界で出世し、自由党政権下で王璽尚書植民地大臣インド大臣枢密院議長貴族院院内総務外務大臣などの重要閣僚職を歴任した。そして1866年6月1日連合王国貴族爵位ノーフォーク州におけるキンバリーのキンバリー伯爵(Earl of Kimberley, of Kimberley in the County of Norfolk)に叙せられた[5][6]

初代伯の死後、その長男のジョン・ウッドハウス英語版(1848–1932)が2代伯、その長男ジョン・ウッドハウス英語版(1883–1941)が3代伯、その長男ジョン・ウッドハウス英語版(1924–2002)が4代伯、その長男ジョン・ウッドハウス英語版(1951-)が5代伯を継承した。彼が2016年現在の当主である[6]

現当主の保有爵位・準男爵位[編集]

現在の当主第5代キンバリー伯爵ジョン・ウッドハウス英語版は以下の爵位・準男爵位を保有している[6][7]

一覧[編集]

ウィルバーホールの準男爵 (1611年)[編集]

ウッドハウス男爵 (1797年)[編集]

キンバリー伯爵 (1866年)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “Sir Philip Wodehouse, 1st Bt.” (英語). thepeerage.com. 2016年2月11日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “JJohn Wodehouse, 1st Baron Wodehouse of Kimberley” (英語). thepeerage.com. 2016年2月11日閲覧。
  3. ^ a b Heraldic Media Limited. “Wodehouse, Baron (GB, 1797)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月11日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “John Wodehouse, 2nd Baron Wodehouse of Kimberley” (英語). thepeerage.com. 2016年2月11日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “John Wodehouse, 1st Earl of Kimberley” (英語). thepeerage.com. 2016年2月11日閲覧。
  6. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Kimberley, Earl of (UK, 1866)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月11日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “John Armine Wodehouse, 5th Earl of Kimberley” (英語). thepeerage.com. 2016年2月11日閲覧。