ニック・クレッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
ニック・クレッグ
Nick Clegg
Nick Clegg by the 2009 budget cropped.jpg
生年月日 (1967-01-07) 1967年1月7日(50歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドバッキンガムシャー
出身校 ケンブリッジ大学
ミネソタ大学ツインシティー校
欧州大学院大学
所属政党 自由民主党
配偶者 ミリアム・ゴンザレス・デュランテス英語版
公式サイト Nick Clegg, Leader of the Liberal Democrats

内閣 第1次キャメロン内閣
在任期間 2010年5月11日 - 2015年5月8日

内閣 第1次キャメロン内閣
在任期間 2010年5月11日 - 2015年5月8日
テンプレートを表示

ニコラス・"ニック"・ウィリアム・ピーター・クレッグNicholas "Nick" William Peter Clegg, 1967年1月7日 - )は、イギリスの政治家。2007年から2015年まで自由民主党党首、2010年から2015年まで副首相枢密院議長を務めた。

人物[編集]

1967年バッキンガムシャーの町で出生する。4人兄弟の3番目である。父ニコラス・クレッグは大和日英基金の理事を務める銀行家である。曾祖父はロシアの貴族でツァーリの側近であったため、ロシアの血を引く。オランダ人の母は特別支援教育を担当する教師で、幼少期にオランダ領東インドバタヴィア日本軍によって抑留された体験を持つ。そのためニコラスは英語オランダ語が話せ、他にもフランス語ドイツ語スペイン語が出来る。

2000年にスペイン人のミリアム・ゴンザレス・デュランテスと結婚、バリャドリッドで式を挙げた。妻は敬虔なカトリックであるが、クレッグ自身は無信教者である。現在3人の息子がいる。妻は弁護士として働いており、2010年5月の総選挙でも本業を優先し、表立って夫の選挙支援活動をしていないと思われていた。

経歴[編集]

16歳のとき、酒に酔って教授のサボテンのコレクションに火を付けたとして、ウェストミンスター・スクールからドイツミュンヘンに交換留学させられる。その後、ギャップ・イヤー時にオーストリアでスキーインストラクターの仕事をして稼いだ金でケンブリッジ大学に入学し、考古学人類学を学ぶ。テニス部の主将も務めた。

卒業後は奨学金を得てミネソタ大学ツインシティー校に1年間留学、ディープエコロジーにおける政治哲学の論文を書き上げた。さらにその後ブリュッセルに移り、欧州大学院大学修士を得る。現在の妻とはここで出会っている。父の友人の保守党有力者の紹介でサッチャー首相の側近だったレオン・ブリタン欧州委員会副委員長(通商担当)の補佐官に登用され、EU官僚として5年間、通商交渉などを担当した。

イギリスに帰国後、周囲からは当然保守党入りすると思われたが、保守党の反欧州政策には我慢できないとして、親欧州政策を掲げる自由民主党に入り、1999年の欧州議会議員選挙で当選する。

2005年庶民院(下院)議員となり、2007年に自民党党首に就任する。その後は着実に支持を伸ばし、2010年の総選挙では議席数は伸び悩んだものの保守党との連立政権樹立に合意、自民党を初の政権入りに導いた。5月12日に発足したキャメロン連立内閣では、副首相に就任したクレッグ党首を含め、自民党から5人が閣僚入りしている。

しかし、政権入りしてからは保守党との政策の違いが浮き彫りになり、リーダーシップを発揮できない状況が続き、支持率は総選挙前のピーク時から半減した。また、連立政権樹立の条件として行われた下院への優先順位付連記投票導入を問う国民投票では反対70%となり、クレッグが中心となって進めてきた選挙制度改革は実現せず、キャメロン首相自身は制度改革に反対であったことから、政権運営への影響が取り沙汰された[1][2]

2015年総選挙の大敗により自民党が政権離脱したため、5月8日に閣僚を退任し、また党首職からも退いた。

2017年の総選挙では労働党候補に敗れ落選した。

出典[編集]

公職
先代:
ピーター・マンデルソン
イギリスの旗 イギリス副首相
2010年 - 2015年
次代:
(空席)
先代:
ピーター・マンデルソン
イギリスの旗 イギリス枢密院議長
2010年 - 2015年
次代:
クリス・グレイリング
党職
先代:
メンジーズ・キャンベル英語版
自由民主党党首
第6代:2007年 - 2015年
次代:
ティム・ファロン英語版
先代:
マイク・オアテン (en)
自由民主党内務報道官
2006年 - 2007年
次代:
クリス・フーネ (en)
議会
先代:
(新設)
イースト・ミッドランド選出欧州議会議員
1999年 - 2004年
次代:
ビル・ニュートン・ダン (en)
先代:
リチャード・アラン (en)
シェフィールド・ハラム選出イギリス議会議員
2005年 -
次代:
(現職)