ヘレン・ヘイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘイマン女男爵
ヘレン・ヘイマン
Helene Hayman
Baroness Hayman
Baroness Hayman (2) 25 May 2011.png
2011年5月25日のヘイマン女男爵
生年月日 (1949-03-26) 1949年3月26日(69歳)
出身校 ケンブリッジ大学ニューナム・カレッジ英語版
所属政党 労働党(2006年まで)
称号 ヘイマン女男爵(一代貴族)、大英帝国勲章デイム・グランド・クロス(GBE)、枢密顧問官(PC)
配偶者 マーティン・ヘイマン

在任期間 2006年7月4日 - 2011年8月31日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ウェルウィン及びハットフィルド選挙区英語版
在任期間 1974年10月10日 - 1979年5月3日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1996年1月2日 - 現職[2]
テンプレートを表示

ヘイマン女男爵ヘレン・ヴァレリー・ヘイマン英語: Helene Valerie Hayman, Baroness Hayman, GBE, PC1949年3月26日 - )は、イギリス政治家一代貴族

1974年から1979年まで庶民院議員を務め、のち2006年から2011年にかけて貴族院議長を務めた。

経歴[編集]

1949年3月26日、モーリス・ミドルウィークの娘として生まれる[3]ウォルヴァーハンプトン女子高等学校英語版を経て、ケンブリッジ大学ニューナム・カレッジ英語版へ進学し、マスター・オブ・アーツ英語版の学位を取得[3]

1974年にマーティン・ヘイマンと結婚する[3]。1974年から1979年にかけてウェルウィン及びハットフィルド選挙区英語版から選出されて労働党庶民院議員を務める[3][4]

庶民院議員退職後、イギリス癌研究所英語版の議長やロンドン大学臨床研究倫理委員会の委員、一人親家庭国民会議の取締役などを歴任した[4]

1996年1月2日一代貴族カムデン・ロンドン特別区におけるダートマス・パーク英語版のヘイマン女男爵(Baroness Hayman, of Dartmouth Park in the London Borough of Camden)」に叙されて[3][5]貴族院議員に列する[2]

1999年から2001年にかけてブレア内閣で農業・水産・食糧省英語版閣外相を務めた[3]。2000年に枢密顧問官(PC)に列した[3]

2005年憲法改革法英語版によって大法官が貴族院議長の役割を果たさなくなり、以降貴族院議長は貴族院議員の互選で選ばれることになった。最初の貴族院議長選挙英語版2006年6月28日に実施され、ヘイマン女男爵が当選し、同年7月4日より着任した[6][7]

5年の任期を務めあげた後、2011年5月に2期目を目指さないことを発表した[8]2011年7月13日に行われた貴族院議長選挙英語版の結果、デ・スーザ女男爵フランセス・デ・スーザが後任となった[9]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ UK Parliament. “Mrs Helene Hayman” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年12月18日閲覧。
  2. ^ a b About the Lord Speaker” (英語). イギリス議会公式サイト. イギリス議会. 2014年12月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Lundy, Darryl. “Helene Valerie Middleweek, Baroness Hayman” (英語). thepeerage.com. 2014年12月18日閲覧。
  4. ^ a b “Hayman chosen to be Lords speaker” (英語). BBC News. (2006年7月4日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/5146024.stm 2014年12月18日閲覧。 
  5. ^ The London Gazette: no. 54269. p. 267. 1996年1月5日
  6. ^ 田中(2011) p.111
  7. ^ Lord Speaker election results” (英語). イギリス議会. 2014年12月16日閲覧。
  8. ^ Lord Speakership Election 2011 - Baroness Hayman's Announcement” (英語). 2014年12月18日閲覧。
  9. ^ “Baroness D'Souza elected new Lords Speaker” (英語). BBC News. (2011年7月18日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-14190737 2014年12月18日閲覧。 
  10. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 60009. p. 6. 2011年12月31日
  11. ^ “New Year honours list” (英語). ガーディアン (London). (2011年12月31日). http://www.guardian.co.uk/uk/2011/dec/31/new-year-honours-list-gbe?newsfeed=true 2014年12月18日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
ベルニール卿
ウェルウィン及びハットフィルド選挙区英語版選出庶民院議員
1974年10月1979年
次代:
クリストファー・マーフィー英語版
名誉職
先代:
ダフィズ・エリス=トマス英語版
最年少議員英語版
1974年1977年
次代:
アンドリュー・マッカイ英語版
公職
先代:
ファルコナー卿英語版
大法官
貴族院議長
2006年2011年
次代:
デ・スーザ女男爵