貴族院議長 (イギリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリスの旗 イギリス
貴族院議長
Lord Speaker
Official portrait of Lord Fowler crop 3.jpg
現職者:
ファウラー男爵ノーマン・ファウラー英語版
(第3代)
就任日: 2016年9月1日
担当官庁 貴族院
初代 ヘイマン女男爵ヘレン・ヘイマン
創設 2006年7月4日
公式サイト イギリス議会公式サイト
テンプレートを表示

貴族院議長: Lord Speaker)は、イギリス貴族院の議長。

2005年憲法改革法英語版により貴族院議長の役割を果たさなくなった大法官に代わって2006年に新設された。

歴史[編集]

中世から2006年まで貴族院議長の役割は大法官 (Lord Chancellor) が果たした。しかし2005年憲法改革法英語版によって大法官の地位が変更され、貴族院議長の役割を喪失し、代わって貴族院議長(Lord Speaker)が設置されることになった[1][2]

貴族院議長は貴族院議員の互選によって選出される[1]。貴族院議長の任期は5年であり、2期まで務めることができる[3]。貴族院議長は党派的行動を取らないことが期待される[3]。貴族院議長は庶民院議長と異なり、討論に参加したり、院の秩序を保つ権利を有さない(院の秩序を維持する権利は院全体が有する)[4][5]。補佐役として20人から25人程度の副議長が置かれる[3]

最初の貴族院議長選挙英語版2006年6月28日に実施され、労働党一代貴族ヘイマン女男爵ヘレン・ヘイマンが当選し、同年7月4日に就任した[6]

ヘイマン女男爵の5年の任期が切れた後、2011年7月13日に2度目の貴族院議長選挙英語版が実施され、中立派(クロスベンチャー)の一代貴族デ・スーザ女男爵フランセス・デ・スーザが当選し、同年9月5日に就任した[5]

貴族院議長一覧[編集]

写真 爵位
氏名
(生没年)
貴族の分類 在任期間
1 Helene Hayman, Baroness Hayman.png ヘイマン女男爵
ヘレン・ヘイマン
(1949–)
一代貴族 2006年7月4日
- 2011年8月31日
2 Baroness D’Souza of Wychwood (cropped).jpg デ・スーザ女男爵
フランセス・デ・スーザ
(1944–)
一代貴族 2011年9月5日
- 2016年8月31日
3 Official portrait of Lord Fowler crop 2.jpg ファウラー男爵
ノーマン・ファウラー英語版
(1938–)
一代貴族 2016年9月1日
- 現職

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 高野(2010) p.84-85
  2. ^ 神戸(2005) p.103/380
  3. ^ a b c 古賀・奥村・那須(2010) p.17
  4. ^ 神戸(2005) p.103
  5. ^ a b “Baroness D'Souza elected new Lords Speaker” (英語). BBC News. (2011年7月18日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-14190737 2014年12月16日閲覧。 
  6. ^ Lord Speaker election results”. イギリス議会. 2014年12月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 古賀豪奥村牧人那須俊貴主要国の議会制度』(PDF)国立国会図書館調査及び立法考査局、2009年。
  • 神戸史雄『イギリス憲法読本』丸善出版サービスセンター、2005年。ISBN 978-4896301793
  • 高野敏樹イギリスにおける「憲法改革」と最高裁判所の創設 イギリスの憲法伝統とヨーロッパ法体系の相克』(PDF)上智短期大学、2010年。