1979年イギリス総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1979年イギリス総選挙
イギリス
1974年 ←
1979年5月3日
→ 1983年

庶民院635議席
  第1党 第2党 第3党
  Margaret Thatcher at White House (cropped).jpg James Callaghan ppmsca.53218 (cropped).tif ファイル:David Steel crop.jpg
党首 マーガレット・サッチャー ジェームズ・キャラハン デイヴィッド・スティール
政党 保守党 労働党 自由党
党首就任 1975年2月11日 1976年4月5日 1976年7月7日
党首選挙区 Finchley Cardiff South East Roxburgh, Selkirk and Peebles
前回選挙 277議席 35.8% 319議席 39.2% 13議席 18.3%
獲得議席 339議席 269議席 11議席
議席増減 +62議席 -50議席 -2議席
得票数 13,697,923票 11,532,218票 4,313,804票
得票率 43.9% 36.9% 13.8%

選挙前首相

ジェームズ・キャラハン
労働党

次期首相

マーガレット・サッチャー
保守党

英国議会議事堂(ビッグ・ベン

1979年イギリス総選挙(1979ねんイギリスそうせんきょ、英語:United Kingdom general election, 1979)は、英国議会(正式名称:グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会)の議員を選出するために1979年5月に行われたイギリス総選挙である。

概要[編集]

労働組合の大規模ストライキでイギリス社会が麻痺状態となった「不満の冬」直後に行われた総選挙で、庶民院において労働党のキャラハン内閣不信任案が僅差で可決(1979年3月28日)されたため、行われた。この総選挙で労働党はマーガレット・サッチャーが率いる保守党に敗北し、サッチャーが女性としてイギリス政治史上初めて首相に就任した。以後、労働党は1997年まで18年余りにわたって野党となった。

選挙データ[編集]

  • 議会構成上院貴族院)と下院庶民院)から構成されるが、上院議員は、世襲貴族や一代貴族の中から選出されているので、総選挙で選ばれるのは下院議員のみである。
  • 下院議員の任期:任期は5年であるが、任期が満了する前に解散され選挙となることが多い(前回の選挙は1974年)。
  • 定数:635議席
  • 選挙制度:各選挙区で最多得票を得た候補者のみが当選する完全小選挙区制

選挙結果[編集]

  • 投票日:1979年5月3日
  • 投票率:76.0%
  • 総得票数:41,095,649票
  • 有効得票数:31,221,362票
党派別議席数と得票数・率
党派 得票数 候補者 当選者
保守党
Conservative Party
13,697,923 43.9 622 339
労働党
Labour Party
11,532,218 36.9 622 269
自由党
Liberal
4,313,804 13.8 577 11
アルスター統一党(UU) 254,578 0.8 11 5
アルスター民主統一党(UDUP) 70,975 0.2 5 3
ブライド・カムリ(PC) 132,544 0.4 36 2
スコットランド国民党(SNP) 504,259 1.6 71 2
社会民主労働党(SDLP) 126,325 0.4 9 1
アルスター統一連合党(UUUP) 39,856 0.1 2 1
独立アルスター統一党(Ind UU) 36,989 0.1 1 1
独立アイルランド共和党(Ind Rep) 22,398 0.1 1 1

※議席を獲得できなかった政党については除外した。

出典[編集]

関連項目[編集]