2001年イギリス総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
‹ 1997年 • イギリス • 2005年
2001年イギリス総選挙
定数:659議席
2001年6月7日木曜日

基礎データ
投票数: 26,368,204
  
59.4% Red Arrow Down.svg 16.9%

選挙結果
Tony Blair in 2002.png
労働党 - トニー・ブレア
得票: 10,724,953 Red Arrow Down.svg 20.7%
獲得議席: 413 Red Arrow Down.svg 1.2%
  
40.7%
William Hague 2010 cropped flipped.jpg
保守党 - ウィリアム・ヘイグ
得票: 8,357,615 Red Arrow Down.svg 13%
獲得議席: 166 Green Arrow Up.svg 0.6%
  
31.7%
Charles Kennedy.jpg
自由民主党 - チャールズ・ケネディ
得票: 4,814,321 Red Arrow Down.svg 8.2%
獲得議席: 52 Green Arrow Up.svg 13%
  
18.3%
2010-09-29 189x189px Yellow Box with SNP logo.png
スコットランド国民党 - Margaret Ewing
得票: 464,314 Red Arrow Down.svg 25.3%
獲得議席: 5 Red Arrow Down.svg 16.7%
  
1.8%
Purple flag waving.svg
イギリス独立党 - Jeffrey Titford
得票: 390,563 Green Arrow Up.svg 269.4%
獲得議席: 0  
  
1.5%
Lightblue flag waving.svg
アルスター統一党
得票: 216,839 Red Arrow Down.svg 16.1%
獲得議席: 6 Red Arrow Down.svg 40%
  
0.8%
HSSamarbete.svg
諸派・無所属
得票: 1,399,599 Red Arrow Down.svg 27.9%
獲得議席: 17 Red Arrow Down.svg 29.2%
  
5.2%

Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg首相

2001年イギリス総選挙(2001ねんイギリスそうせんきょ、英語:United Kingdom general election, 2001)は、イギリス議会(正式名称:グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会)の議員を選出するため、イギリスにおいて2001年6月に行われたイギリス総選挙である。

概要[編集]

当時の首相、トニー・ブレア
保守党党首(当時)のウィリアム・ヘイグ

労働党が政権奪還した1997年の総選挙から4年ぶりに行われた総選挙で、任期が1年余り残っている中で下院を解散して行われた。

選挙概要[編集]

  • 議会構成:議会構成:上院貴族院)と下院庶民院)の二つから構成されるが、貴族院議員は世襲貴族や一代貴族などから選出され、選挙で選ばれないため、下院議員だけが総選挙で選出される。
  • 選挙権を有している人:18歳以上の英国籍を有する男女及び英連邦市民アイルランド共和国市民で一定の欠格要件(刑務所に服役中等)に該当しない市民で、居住している自治体に選挙人登録した者
  • 被選挙権を有している人:21歳以上の英国籍を有している男女及び英連邦市民、アイルランド共和国市民で、一定の欠格要件(貴族院議員であること等)に該当しない者
  • 下院議員任期:議員の任期は5年であるが、任期満了前に総選挙となることが多い(前回は1997年)。
  • 下院の定数:659議席
  • 選挙制度:各選挙区で最多得票を獲得した候補者が当選する完全小選挙区制
  • 投票日2001年6月7日

選挙日程[編集]

選挙の争点[編集]

選挙結果[編集]

  • 投票率:59.4%・・・・1918年以来最も低い投票率となった。
  • 有効投票数:26,367,383票
  • 候補者数:3,319名
  • 当選者数:659名
党派別議席数と得票数及び得票率
党派 当選者数 前回比 得票数 % 前回比 候補者数
労働党
Labour Party
413 5 10,724,953 40.7 2.5 640
保守党
Conservative Party
166 1 8,578,615 31.7 1.0 643
自由民主党
Liberal Democartic Pary
52 6 4,814,321 18.3 1.5 639
議長(Speaker) 1 16,053 0.1 1
アルスター統一党(UUP) 6 ▼4 216,839 0.8 0.0 17
スコットランド国民党(SNP) 5 ▼1 464,314 1.8 ▼0.2 72
民主統一党(DUP) 5 △3 181,999 0.7 △0.3 14
プライド・カムリ(PC)[1] 4 198,593 0.7 △0.2 40
シン・フェイン党(SF) 4 △2 175,933 0.7 △0.3 18
社会民主労働党(SDLP) 3 169,865 0.6 0.0 18
キッダーミンスター病院独立及び健康関心運動[2] 1 △1 28,487 0.1 1

出典:“General Election results 7 June 2001”の11頁“B. National Table”。

解説[編集]

与党・労働党は、前回(1997年)より5議席減でほぼ前回並みの議席を維持し、ブレア首相は引き続き政権を維持することとなった。一方、前回総選挙で大敗した野党・保守党は1議席増に留まり、ヘイグ党首は敗北の責任をとって辞任した[3]。また、支持を拡大してきた第3党の自由民主党は、6議席増と健闘した。結果としては、前回総選挙と大差ないものであった。

出典[編集]

General Election results 7 June 2001 (PDF) -英国下院図書館の2001年下院議会総選挙資料。

脚注[編集]

  1. ^ PCの正式名称は“Plaid Cymru”でウェールズ語の表記である。英語では“The Party of Wales”で直訳すれば「ウェールズの党」。
  2. ^ 英語名は“Independent Kidderminster Hospital and Health Concern”でイングランド地域政党である。
  3. ^ 後任の党首にはダンカン・スミス9月13日に選出された。

関連項目[編集]