クラレンドン伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クラレンドン伯爵Earl of Clarendon)は、イギリス伯爵位。

過去に二回創設されており、第1期はエドワード・ハイドが1661年にイングランド貴族爵位として叙されたのに始まるが、4代で絶家した。現存する2期目はトマス・ヴィリアーズ1776年グレートブリテン貴族として叙されたのに始まる。

歴史[編集]

ハイド家[編集]

初代クラレンドン伯(第1期)エドワード・ハイド

エドワード・ハイド(1609-1674)ピューリタン革命の際に立憲王党派として行動して共和政期にはチャールズ2世の亡命宮廷に仕え、1660年王政復古後にチャールズ2世の宰相となり、1667年の失脚まで国政を主導した[1]。彼の娘アン・ハイドジェームズ2世の最初の妻であり、後の女王メアリー2世アンの母である[2]

エドワード・ハイドは王政復古まもない1660年11月3日イングランド貴族爵位「ウィルトシャー州におけるヒンドンの初代ハイド男爵(Baron Hyde, of Hindon in the County of Wiltshire)」に叙され、ついで1661年4月20日にイングランド貴族爵位クラレンドン伯爵と「オックスフォード州における初代コーンベリー子爵(Viscount Cornbury in the County of Oxford)」に叙せられた[2][3]

初代伯の長男2代クラレンドン伯第ヘンリー・ハイド英語版(1638-1709)とその一人息子の3代クラレンドン伯エドワード・ハイド英語版(1661-1723)は、ともに襲爵前にトーリー党庶民院議員を務めた[2][4][5]

3代伯が死去した際、生存している男子がなかったため、クラレンドン伯爵位は初代伯にさかのぼっての分流である第2代ロチェスター伯爵ヘンリー・ハイド英語版(1672-1753)(初代伯の次男ロチェスター伯爵英語版ローレンス・ハイド(1642-1711)の子)に継承された。しかし彼が死去した際にも生存している男子はなく、彼の死去をもって継承者は絶え、爵位は廃絶した[2][6]

ヴィリアーズ家[編集]

第2代ジャージー伯爵ウィリアム・ヴィリアーズ英語版(1682-1721)の次男であり、第4代クラレンドン伯(第1期)ヘンリー・ハイドの孫娘の夫にあたるトマス・ヴィリアーズ(1709-1786)は、外交官としてザクセン公使(在職1740-1747)、ウィーン公使(在職1742-1743)、ベルリン公使(在職1746-1748)などを歴任した後、ホイッグ党の政治家として政界で活躍し、郵政長官英語版(在職1763-1765、1786)やランカスター公領担当大臣英語版(在職1771-1782、1783-1786)などの閣僚職を務めた。1756年6月3日グレートブリテン貴族爵位「ウィルトシャー州におけるヒンドンのハイド男爵(Baron Hyde, of Hindon in the County of Wiltshire)」、1776年6月14日にグレートブリテン貴族爵位クラレンドン伯爵に叙せられた。これが二期目のクラレンドン伯爵位の創設である[7][8]

その孫である4代クラレンドン伯ジョージ・ヴィリアーズ(1800-1870)もホイッグ党・自由党の政治家として政界で活躍し、外務大臣(在職1853-1858、1865-1866、1868-1870)などの閣僚職を歴任した[7][9]

2016年現在の当主は8代クラレンドン伯ジョージ・ヴィリアーズ(1976-)である[7]

一家の屋敷はハンプシャースワンモア英語版のホリウェル・ハウス(Holywell House)である[7]

現当主の保有爵位[編集]

現当主8代クラレンドン伯ジョージ・ヴィリアーズは以下の爵位を保持している[7]

  • 第8代クラレンドン伯爵 (8th Earl of Clarendon)
(1776年6月14日勅許状英語版によるグレートブリテン貴族爵位)
  • ウィルトシャー州におけるヒンドンの第8代ハイド男爵 (8th Baron Hyde, of Hindon in the County of Wiltshire)
(1756年6月3日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位) ※法定推定相続人儀礼称号

一覧[編集]

クラレンドン伯爵 第1期(1661年創設)[編集]

クラレンドン伯爵 第2期(1776年創設)[編集]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
初代クラレンドン伯
エドワード・ハイド

(1609-1674)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イングランド国王
ジェイムズ2世

(1633-1701)
 
アン・ハイド
(1637-1671)
 
2代クラレンドン伯
ヘンリー・ハイド
英語版

(1638-1709)
 
初代ロチェスター伯
ローレンス・ハイド

(1642-1711)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イングランド女王
メアリー2世

(1662-1694)
 
イギリス女王
アン

(1665-1714)
 
3代クラレンドン伯
エドワード・ハイド
英語版

(1661-1723)
 
2代ロチェスター伯
4代クラレンドン伯
ヘンリー・ハイド
英語版

(1672-1753)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代ジャージー伯
ウィリアム・ヴィリアーズ
英語版

(-1721)
 
3代エセックス伯
ウィリアム・カペル
英語版

(1697-1743)
 
ジェーン
(-1724)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代ジャージー伯
ウィリアム・ヴィリアーズ
英語版

(-1769)
 
初代クラレンドン伯爵
トマス・ヴィリアーズ

(1709-1786)
 
 
 
シャーロット
(-1790)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャージー伯爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代クラレンドン伯
トマス・ヴィリアーズ
英語版

(1753–1824)
 
3代クラレンドン伯
ジョン・ヴィリアーズ
英語版

(1757–1838)
 
ジョージ・ヴィリアーズ英語版
(1759–1827)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代クラレンドン伯
ジョージ・ヴィリアーズ

(1800–1870)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代クラレンドン伯
エドワード・ヴィリアーズ
英語版

(1846–1914)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6代クラレンドン伯
ジョージ・ヴィリアーズ
英語版

(1877–1955)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7代クラレンドン伯
ローレンス・ヴィリアーズ
英語版

(1933–2009)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8代クラレンドン伯
ジョージ・ヴィリアーズ

(1976-)
 

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 148.
  2. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Clarendon, Earl of (E, 1661 - 1753)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月11日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “Edward Hyde, 1st Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Henry Hyde, 2nd Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Edward Hyde, 3rd Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Henry Hyde, 4th Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。
  7. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Clarendon, Earl of (GB, 1776)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月11日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Thomas Villiers, 1st Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “George William Villiers, 4th Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]